LINE


1: 名も無き被検体774号 2017/01/20(金) 12:30:15.46 ID:wDXXP+cj
夫は相撲観戦が趣味で、
同じく相撲好きの女の子とLINEでよくやり取りをしてたんですけど、
嫉妬心から「やめてほしい」と言ってしまいました…。 
夫に下心がないのはわかってたし信頼してたんですけど、
本当にただただ嫉妬心から束縛してしまいました。

夫は「わかった」と言ってすぐに連絡を絶ってくれたんですが、
それ以来相撲を見るとき一人でじっと見るようになってしまいました。 
以前はLINEをしながらもっと楽しそうに観戦していたのに…。 

「ごめんちょっと嫉妬しちゃってただけ。もう一度やり取り始めていいよ」
と何度言っても「いや大丈夫だよ」と返事をされるだけです。 
夫の楽しみを奪ってしまって本当に心苦しいです。
なんとかもう一度やり取りを再開してもらう方法はないでしょうか…。




94: 名無しの心子知らず 2017/01/25(水) 12:05:47.48 ID:ahMVeCZP
園に全く何も考えてなさそうなママがいる 
スマホなのにLINEは入れないわ、
一年間同じクラスなのに誰が誰のママか把握出来てないわ、 
つい数日前にママ同士で喋った個々の住居情報、本気で忘れて同じこと聞いてくるわ、 
もうこっちに何の関心もなくて、その場だけの会話と関係だと思ってるの丸出し 

ニコニコふわふわしてて悪い人じゃないんだろうけど、神経太いなって毎日感心する 
嫌味ではなくて、私もその半分くらいでいいから何も考えない人間になりたい

822: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/26(月) 17:03:35.43 ID:kvWJRjbK
15年来の親友と終わった話。 
月並みだが私の結婚式に招待したのがきっかけでこじれた。 
直接会って結婚式に出席して欲しい旨を伝えた。 

その後親友が妊娠。 
普段から避妊していなかったとのこと。 
LINEで伝えられ「すまん」と言われた。 
子供が欲しかったとか避妊してたのに失敗したとかならわかるんだけど…と心中もやもや。 
 一応おめでとうと伝えたが「作る予定じゃなかったからおめでとうなのかわからない」と。 

彼女の旦那は招待していなかったのだが「(私と夫の)共通の友人枠で出席できないか」とか「当日は出席できなくてもついてくる(新幹線約3時間の距離)」とか言っていたのに、自分の代わりに旦那だけでもとかもなく。 
旦那の方は私達を祝うために出席したいんじゃなくて親友だけで出席させたくなかったからそう言っていたんだろうなと思った。

話は戻るが、私はLINEで済まされたのがショックだった。 
それをLINEで伝えたらSNSに 
「私がいないと困るでしょ?だから謝ったら許してあげる、みたいな考えは傲慢。こっちはちゃんと申し訳ないと思ったからすまんていった。自分は謝る気もないし縁切ってくれても構わない。」
 って書かれて心が折れた。 
直接連絡すらされないと。 
それ以上に相手に必要とされてないのがわかってしまって。 

私は元の関係に戻りたいのと誤解を解きたい一心で伝えたのに余計こじれた。 
確かに親友は友人が少ないが、私が親友と仲良くしたいのは単に親友のことが好きで憧れてたからで。 
常識的とは言いがたいが、自分自身が好きで心のままに生きてるのが私には羨ましくて魅力的だった。 
私の我が儘かもしれないが、せめて電話とかの肉声や直筆の「親友」が感じられる断られ方を望んでた。 
LINEで一言だけってのが辛すぎた。 
私の片想いだったのかもしれない。 
相手もSNS上では私を「親友」と表現していたから勘違いだったとは思いたくないけど。 
本当に大好きだったし高校からずっと一緒にいて楽しかった。 

スマホも代えたし、SNSもLINEもアカウントを消した。再来月には引っ越す。 
これで終わるんだって思いと、出席してくれて私を気遣ってくれる友人たちをこれからは大切にしていこうと思います。


578: 名無しの心子知らず 2016/12/16(金) 16:54:11.54 ID:VEuVqCyO
妊娠中なんだけど性別が女と分かった事をごく普通にSNSにあげたら、
2歳男児持ちの元同期から「女の子羨ましすぎる(泣き顔)」等コメントがついた。 

その後すぐに個別のLINEがきて
「女の子なの!?ほんと羨ましい。産み分けしたの?
私も来年には二人目挑戦するよ」と。 

産み分けとかしてないし、
私は性別どちらでも無事に産まれりゃいいじゃんと思ってる。 
よく考えたら、彼女が妊娠中も何気なく性別の話になった時に
「男なんだよね…」と不満そうだった。 

SNSで同じく男の子持ちの同期と男児あるあるで盛り上がってたし、
社交辞令ならいいんだけど女の子そんなに欲しいの?って少しモヤモヤした。



このページのトップヘ