GJ


38:名無しさん@HOME2008/07/17(木) 00:41:57 0
娘夫婦が帰省してきた。
娘の夫はエビアレルギーなので、トメが買ってきたエビを食べなかった。
トメは、「おいしいから食べろ」としつこく勧め、
娘や娘夫が「食べたいけれど食べられない」と説明しても
「食わず嫌いだ!つまらんやつだ!親のしつけが・・・」とうるさかったので
ついに、娘が切れて

「60近くになっても人参を食べられない人間の親がしつけだとか言うな!」
と、私の夫やコトメ(兄妹そろって人参嫌い)のことを持ち出した。
なので、私は娘に
「娘子、気持はわかるけれどおばあちゃんの頭じゃもうアレルギーなんて意味がわからないのよ。かわいそうなのよ」
といってやった。

トメと夫は悔しそうだった。





401: 1/2 2006/08/14(月) 18:13:54
俺は何もしていないから、武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど 

とある会合で酒を飲んで、ちょっと物足りなかったので知り合いが営む和食料理屋に行った。 
カウンターには会社員風の先客が3人。50代が1人と30前半くらいのが2人。
50代の隣にひとつ椅子をあけて俺が座った。 
30代のうち一人は話に相槌と愛想笑いをするくらいで無口。 

もう一人はオクターブ高い猫なで声でしゃべる、まるっきり太鼓もちみたいな奴で。 

手を揉みながら「ええ〜、まったくもってそうですよねぇ〜。部長のおっしゃるとおりですよね〜」 
なんて言ってるもんだからおかしくって、
(うわ、本当にこんな奴いるんだ)って思って最初は聞き耳をたててたんだわ。

この部長って呼ばれてる奴がどうも酒癖が悪いみたいで、10分くらいしたら急に舌打ちを始めた。 
で、聞こえるように「若造が一人でこれるような店じゃねえんだよ」なんてつぶやきやがる。 
よこの太鼓もちも拍手しながら「いや、まったくもってそのと〜り」みたいなこと言ってるし。 
多分、ちょっと上等な店に部下を連れて来てかっこいいとこ見せたかったんだろうと思う。 
そこに俺みたいな若造(といっても30歳だが)がいるのが面白くなかったんだろ。 

こっちも相手するもの面倒なんで無視してんだが、途中でついジロリとにらんじゃったんだ。 
それがまた癪にさわったみたいで、物言いがエスカレートしてくる。面と向かって言うわけじゃないが 
「いまどきの若い奴らは」とか「こんなとこに一人で来るようなやつは彼女もいねえんだろ(余計なお世話だ)」 
とか好き放題言ってる。横の太鼓もちは相変わらず「いやー、まったく部長のいうとおり」。 
俺も胸糞悪くなったけど、相手してもしょうがないし。 




888: 名無しさん@HOME 03/11/20 00:36
出産する病院を選んでて、どうしてもトメには来て欲しくなかった 
でも、ヘタレダンナは「連絡しないわけにはいかないだろう」で鬱・・・ 
ウジウジしながら、病院見学に行った先で、立会いだと夫が最初にダッコできるか聞いて 
案内の看護婦さんが

「産婦さんが希望した人に最初にダッコしてもらいますよ」ってニッコリ 

なぜ?って聞かれて、友人が最初にお姑さんがダッコしたことを何年も悔やんでいて 
自分がそうなっちゃうか不安なのでと、話したら 
「最近は我慢しない方が増えて、お姑さんとのトラブル多いんですよ〜 
でもね!産婦さんの要望を聞くようにしたら、殆どがお姑さん絡みですけど 
産後の、おちちのトラブルがグ〜〜ンと減ったのよ! 
お姑さんでも、実の親でも、気が立ってる産婦さんには毒にしかならない時もあるのね〜 
もめ事は命の誕生に相応しくありませんしね!」 

ご主人に言えないこともって、ダンナも一緒だったんですけど・・・と 
流れるようなトークに辟易したんですが、ダンナにはガツンときいたらしくて、帰りに 
「あの病院にしたら?一番リラックスできるだろ・・・」と言って、病院決定。 

妊娠中も煩いこと言いまくりのトメにウンザリでしたが、入院中は要望通りで 
本当にトメをシャットアウトしてくれて、陣痛室にまで「私の孫よ!」ってトメの怒鳴り声が 
鳴り響いていましたが、トメの顔も見ることなくお産に臨み、後でダンナに聞くと 
「随分興奮されていらっしゃるようなので、今日はお帰りください」の一辺倒で帰されて 
入院中も、窓越しに赤ちゃんの顔見せてもらうのみで、追い払われていました。 
トメには、後からとんでもない病院で産んだって非難轟々でしたが 
誕生後1週間の大事な時期を守られた私には、病院様GJのスカ!出産でした 

ちなみに出産は1ヶ月前で、やっと実家から帰ってきました 
スレ違いっぽいのでsageでご報告 




931: 名無しさん@HOME 2008/07/14(月) 14:16:26 0
少々古い話ですがお暇潰しにどうぞ。 

「私は若い頃、沢山の殿方から是非お嫁ににと言われたンですよ。 
お嬢さんが嫁いできて、引け目を感じないと良いンですけどね。 
まあブスでも息子が選んだんだし、そう悲観することもないですよ。」 
結納の席で、ウェイターや実父に色目を使いながら堂々と言い放ったトメ。 

凍り付く実両親、むせる舅、半狂乱の彼。 
周りが焦ると逆に頭が冷えてくるものなんだね。 
スッっと一呼吸、ずっと言いたかった事を言ってみた。 
「鼻毛、出てる。束でゴッソリ。」 
しっちゃかめっちゃかだった空気が一瞬にして収束。 
トメ、「んふゴッ」みたいな声を出した後、あっかい顔して 
慌ててバッグからハンカチを取り出して鼻隠してた。 

その後、彼と舅から正式に謝罪があったものの、 
「大丈夫です、お気になさらずに。鼻毛フッサフッサピーヒョロさせた人が 
何を言ってもギャグにしか見えませんので、全く傷つきませんよ。 
あなたの母上って面白い方ね。こんな捨て身のギャグ、私、初めてです。」 
トメは鼻隠したまま俯いてダンマリ。両耳が尋常でないほど赤くなってた。 

あれから数年経過したが、基本的に私は義実家関連行事にはノータッチ。 
時々夫の目を盗んでトメから電話がかかってくるが、「鼻毛。」の一言で済むので大変に便利である。




28: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/17(木) 22:02:01.77 ID:QKh5+KpI
会社の先輩の彼氏さんがかっこよかった! 

私はiPadが欲しくて、会社の先輩がiPadを使ってるって聞いたので先輩にいろいろ質問してみた。 
そしたら「うちの彼氏が詳しいから、話して見る?」と彼氏さんを呼んで食事がてら相談に乗ってもらう事に。 
ちょっと背が低くて小太り気味だけど物腰柔らかくて気さくな彼氏さん登場。 
実物まで持ってきてもらって、新型と旧型の違いとか丁寧に説明してもらって、結局安くなってるiPad2を買う事にしました。 


その帰り道で事件(といってもたいした事ない)が起こります。 
ふざけあってた大学生くらいの男の子達が先輩に激突! 
先輩はそのまま倒れこんでしまって、頭を打ちました。 
ちょっと出血があって、メガネも割れてたみたいです。 
そこで彼氏さん「おいおい、危ないじゃないの。周りよく見ろよな。あ、悪い(私)ちゃん、救急車呼んでくれる?」って穏やかに対応してました。 
大学生達は、「ハァ!?そっちからぶつかってきたんだしw!このくらいで救急車とか大げさだからwww」みたいな感じ。 
「お前らよ、女の子に怪我させておいてその態度はなんなんだ?ア?」 
おや・・彼氏さんの様子が・・・。 




このページのトップヘ