FO

338 :育児まとめニュース 2019/03/04(月) 23:07:27 ID:qhsHRLxo.net
大学時代の元友人に偶然会ったからお茶をした
なぜ“元”友人なのかというと卒業すると同時にこちらからメアドやLINEアカウントを全てブロックしてFOしたから
元友人はとにかく嫉妬やマウンティングがひどかった
大学時代私は彼氏がいて元友人は彼氏がいなかった(いたことがなかった)んだけど、まずそのことで妬まれたのか遠回しに「ブスなのに彼氏がいるなんて~」と何回も言われていた
他にも元友人と私は同じ創作系の趣味だったんだけど「下手なのに人気でいいね」と言われたり、どんな細かいことでも一々マウンティングされて大袈裟だけど精神病んだ
だからお茶をしたときも「ムカつくこと言われたら今回こそは言い返してやろう」という気持ちだった
私も大概性.格悪いって言われそうだけど仕返しのためにお茶をしたってくらい
仕事も私生活もそれなりに充実していたから強気になれたんだと思う
でも元友人は大学時代とは別人かと思うくらい穏やかになっていた
口調は柔らかいし人を馬鹿にするようなことを言ってこないし
私が身につけているものを見てどこのブランドか聞いてきたりしないし私が嬉しかった話をしても対抗してこない
それどころか私が意地悪のつもりで言った「その業界だと残業大変そうだね」って言葉にもニコニコしながら「大変なこともあるけどやりがいがあって意外と楽しいよ」と言うだけ
聞けば近々結婚するらしく趣味も上手くいってるらしい
その話も自分から自慢するように言ってきたわけじゃなく私が聞いたから話したって感じじゃなくて、なんというか余裕を感じる
誰もが羨むってわけじゃないけど自分なりの幸せを見つけたって感じ
挙句に別れ際に私に対して散々失礼なことを言ってしまったと謝られた
いい感じに解決したように見えるけど私ははっきり言って釈然としない
私の心を散々傷つけておいて謝罪一つで許されると思っているのか、というか許さないとダメなのか
しかも元友人が今不幸ならまだしもあんな幸せそうで過去の罪を償って明日から更に幸せに生きていくんだと思うと神経がわからない
はたから見たら人を許せない私の方が神経がわからないのかな


36 :育児まとめニュース 2017/09/10(日) 01:17:27 ID:M4a
高校の頃からの友達を友やめした&された。
もともと入学時に同じクラスで、趣味が合って急速に仲良くなってライブとかイベントとかによく一緒に行ってた。
高校の卒業旅行で、未成年だから保護者の同意書が必要だったんだけど友達が私に用紙を渡しそびれたまま
提出期限が来ちゃったらしく、電話口で(友達本人だったかお母さんだったか思い出せないけど)
友達のお母さんの再婚前の苗字が私と一緒だから代筆してもいいかなって聞かれた。
一字一句はっきりとは覚えてないけど、お母さんが再婚したことを仄めかす言い方だった。
当時から友達はイベントとかでもお母さんだけのお土産しか買わないくらいだったから、
お父さんとは仲が悪いのかな、行きすぎた反抗期かなって気になってたところに再婚だったって話を聞いたので勝手に納得してた。
でも、再婚だったとしてもデリケートな話だし、友達がお父さんの話をしたがらない以上、私も触れないようにしてた。
ところが半年前、ライブの帰りの新幹線で何かの流れで家族の話になった時に友達がふと、
「実は、今のお父さん本当のお父さんんじゃないんだよね」と言った。
そこで思わず、「うん、知ってるよ?」って返したら友達が「え?なんでなんで?誰にも言ってないのに!?」って動揺し始めて、
高校の卒業旅行の件を話してその時に知ったって説明したら、「そんなこと絶対に言ってないし、お母さんだって言うはずがない」って断言された。
「でも、そうじゃなかったら私が知ってたことに対しての説明がつかない」って食い下がったら、
「だって私は今まで誰にも話してないし、お母さんだって高校生にはそんな話するはずない」って友達も引かなくて。
微妙な空気になってそれを修復できないままその日は帰った。
その後も何回かLINEでやり取りはしたけど、それまでみたいに盛り上がらなくて会話が途切れて数ヶ月。
多分向こうもFO中だと思うんだけど、親友と思ってたのがたった一言で終わってびっくりしてる。
ちなみに友達のお母さんも再婚だって私には言ってないそうなので、私がどこでその情報を知ったかはわからなくなってしまった。
でも、高校生なら反抗期真っ盛りだし、当時も周りでお母さん嫌いお父さんウザい親面倒いと言ってる子もいたから
再婚なんて発想にそう簡単に飛ぶものじゃないんだけどな…。

948: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)11:00:03 ID:eQd

神経分からんと迷ったんだけど相手からしたら私が神経分からんらしいのでこっちで。

去年の夏に新築建てたので私の元同級生親子二組(AとB)を招待した。
お茶しながら話してたんだけど5歳のA子と4歳のB子の為にカップケーキとビスケットを用意した。




【1/3】 【2/3】 【3/3】
539: セコケチ344 2007/10/14(日) 13:54:34 ID:RgCdBd+0
家計簿見られた者です。 

早速顔役に話しに行ってきた。 
相談すると、かなり怒っていて、 
本当に対応か遅いばかりに、むしろ対応されていないようで、申し訳ない。 
是非にも早急に解決する。 
と約束してくれた。 

今日明日中には解決をするので、その暁には是非ともイベントはしっかりこなして欲しい。 
私の役が決まる経緯も合わせて、大変な思いをさせてしまったから、 
イベントが終わったら、役を辞めても構わないし、続けてもらえるのなら、 
自分が責任をもってフォローするという心強い約束もしてくれて、私的には一安心という感じ。 


【1/3】 【2/3】 【3/3】
481: 344 補足2/1 2007/10/13(土) 13:43:24 ID:GTCVrtTZ
なんだか色々物議を醸し出してしまっているみたいで、申し訳ない。 
まず、泣き落としにかかった役員さんは女性ではなく、年配の男性です。 
女性とは一言も書いてないと思うのだけど、どこから女性と出たのか・・・ 
夫が大声で言い放ったのも、我慢してくれ、適当にあしらってくれ、 
いらないものでも適当にくれてやったら、しばらくは大人しくなるかも 
など、本当に無責任な適当なことばかり言うので、 
たとえこのままAと一緒に続けても何のフォローもしてくれなさそうに思えたのも原因の一つ。 

仕事も最後までするべきとの意見がありますが、私も確かにそう思う。 
だけど、Aはイベントの話をつめたりするのに、Aと私の家の交互で行き来し合って、 
お茶しながらでないと、落ち着いて出来ないと言うし、 
非常識だと気づくまではお子さんも適度に大人しいし、Aさんの外面も良い感じだったので、 
そうしてきたわけだけど、家計簿覗いて経済状態に口を出したり、 
物や食事をクレクレしてくるようになって、FOしてた。 
だけど、イベントを盾に、家でしないと進まない〜って言って、外では本当に進みが遅くって、 
これだったら私一人で引き継いで、ちょっと誰かにサポートしてもらってもなんとかなるから、 
その案も役員に言ったんだけど、受け入れてもらえない。 
その理由が人員を裂けないという話なら、Aと私の間を取り持つ人というのも、無理な話で。 
じゃあ、辞めたいって思ってしまうわけで。 
ちなみに今も現在進行形でクレクレ続いているし、アポなし訪問も続いている。


【1/3】 【2/3】 【3/3】
736: 名無しの心子知らず 2007/10/05(金) 15:35:44 ID:9uofQNu7
最近やたらとクレクレ言い始めたA。 
言い始める前までは別段仲の良い普通の人だと思ったのに、 
突然午前中に訪問して、昼食まで居座るとか、 
昼過ぎに訪問して、おやつと夕食時まで居座る。 
そして、物もクレクレする。 
あまりの変貌振りに気味が悪くなってFOしつつあったのだが、 
ここ数日のいくつかの発言で我が家の家計簿・領収書の類を盗み見ていたことが判明。 
ものすごく気味が悪いんだけど、どう接すればよいのか分からなくなってきた。 
スパッとCOするつもりだけど、我が家のお財布事情見られるのって気持ち悪すぎる。 


199: 愛とタヒの名無しさん 2017/01/01(日) 10:26:55.03 ID:LNLYdy6o0
数年前の話。
とある宗教を深く信仰する新郎新婦と
その一族の披露宴に参列した
披露宴中、挨拶は議員とかばかりで、
その宗教の先生のお話をされてて、
盛り上がりの場面では「おー」って歓声があがる。
新郎新婦全く関係ない話でついていけなかった 

プロフィールビデオでは
その宗教の教え?一言みたいなのが映ったら拍手が起きる 
新郎新婦は高校大学とその宗教の学校出身で、
中学友人として呼ばれた私たちと
新婦の職場友人テーブルはポカンとしてた 

ずっとその人たちが高砂席に居たから写真は一枚も撮れず、
帰るときも長々と壇上で挨拶していた
議員さんに挨拶してて喋れなかったよ。 

新幹線の距離だったけどお車代も一切なく、
何より一言も交わせず、ないがしろにされたのが悲しくて。
披露宴中に言えなかったお祝いの言葉を送って、
おそらく同じテーブルに座っていた子全員がFOした。

披露宴して友達減らすくらいなら
しない方がいいと学んだ結婚式だった 

新婦も察したのか追われることもなかったけど、
今日間違いなのか
新年の挨拶ラインが来たので思い出しちゃったよ。
返信面倒だなぁ



このページのトップヘ