DQN

828: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/17(月) 07:39:29.48

私は平凡な名前なんだけど、昔何かで事件を起こした人が私と同じ名前だったらしい。
「嫁ちゃんの名前を旧姓でググると殺人事件の記事が引っかかるのよね~」
とある日コトメにニヤニヤ言われた。
勿論その事件の人は私ではないし、記事をちらっと読めば住んでる地域も年も違うから別人だってことはすぐわかる。
身辺調査してるのよみたいなノリで言ってくるのでイラっとする。
夫やウトメにムカつくって言おうと思ったんだけど
その前にやられたらやりかえす的なノリで、自分でもコトメの名前をなんとなくググってしまった。

最初は地域新聞に載ったコトメの学生時代の部活の記事等が引っかかったんだけど
2ページ目を見たら2ちゃんの過去ログっぽいのが引っかかった。
クリックして出てきたのは2ちゃんのAV女優さんのスレ。
そこでAV女優の芸名と本名を並べて書いてるレスがあって、その中にコトメの名前が。
まさかと思ってコトメの名前と並べられていた芸名の方でググると
そのパケにはちょっと若いコトメの水着姿と変なタイトルがババーン!
今度はそのAVのタイトルでググったら、10年くらい前のAVで
○○(コトメの芸名?)3部作第二弾とか書いてあった。
中古のDVD屋のセールでだいぶ値引きされてるけどまだ売ってる。
びっくりしてさっき引っかかった2ちゃんの過去ログをはじめから読んだら、
コトメはAV女優名でブログか何かをやっててその中で個人情報がバレることを書く
 →2ちゃんねるの調査により本名と当時通っていた学校バレ
となったらしい。
通っていた学校からしてもAV女優さん=コトメでまちがいない。

以前から「嫁ちゃんの名前ググったよ」みたいな気持ち悪いこと言ってくる意味が解らないし
人の名前ググるという発想にならなかったのでそこが不思議だったんだけど
自分の名前ググられたくなかったのかな…。みたいに思った。
今度また嫁の名前ググったとか言って来たら「私もググりました」って言ってみようと思う。
ちなみに夫にこのこと聞いてみたら目玉飛び出させて驚きまくってた。
自分の妹がAVに出てたの知らなかったらしい。


297: 名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月)21:19:05 ID:60kiHSTEh

中学の時の話。俺の学校は行事がある時以外は制服ではなくジャージがデフォだった。
そんで二年の時、男女問わずズボン下しが流行った。
男同士、女同士、女子が男子に、男子が女子に。今思えばかなり美味しい遊びだったと思う。
とは言え俺はかなりのヘタレで、自分から誰かにやろうとは思わなかったし、下されそうになっても逃げに徹していた。周りがやってるのを面白おかしく笑っていただけの傍観者であった。
そんな俺が、下された。昼休み。クラスのほぼ全員が見ている前で。相手は男子。友達だった。
やーいとか言って逃げ、周りは下された俺を見て馬鹿笑いしていた。
当時の俺はここで舐められる訳にはいかないと、やむなく、渋々、涙ながらにそんな状況を受け入れた。
五時限目の授業が始まり教師に咎められる。俺は胸を張って言った。『俺は悪くない』と。
六時限目が始まる前に職員室に連れてかれる。それでもズボンは履かなかった。俺は悪くない。
ちゃんと履くまで帰さないと言われ、学年主任まで出てきた。でも俺は悪くない。
根負けした教師に自宅まで車で送られる。その間ずっとパンツ丸出し。帰ると親と教師の前に座らされ、説教。でも俺は負けなかった。そして履かなかった。
次の日、パンツ丸出し、ズボンを引き摺りながら登校。教室に入って笑顔で挨拶すると、友達が謝ってきた。
俺はお前がズボンを履かせてくれるまで絶対に履かない。毅然とそう言うと、友達がすごく気まずそうに履かせてくれた。
その間俺は、履かされながら友達に説教。『まったくお前はいつもいつもすぐに調子に乗る』『やって良い事と悪い事が』などなど。
以降、俺のズボンを下した者はいない。


173: 名無しさん@おーぷん 2014/07/15(火)15:31:59 ID:???

そんなに対したことじゃないかもしれないけど、いつも優しい友人が案外ズバズバ言うタイプとわかった時が衝撃だった

大学生の時の友人Aは誰にでも優しくて仲間由紀恵に似てるって噂される美人さんだった
嫌味がなくて男に媚びたところもなくて言い回しが独特で面白くて、とにかく私はAが大好きだった
そんなAとは学部が同じで、よく学部のメンバー10人くらいで一緒にご飯を食べてたんだけど、その中にはAをずっと狙ってるKという男も含まれてた
ちなみにKは飲食店で店員さんに絡むから私は苦手だなーと感じていた
Aが携帯を見ながら「最近彼氏と会えなくて寂しい」みたいなことを私含む女子数人に話していた時、Kが話に割り込んできた
まあ話を要約すると彼女ほったらかしにするなんて嫌な奴だねとか浮気してんじゃない?とか俺ならそんなことしないとかのA彼氏sage自分age
それからが衝撃でよく覚えてるので会話形式で書く


K「寂しいんなら俺がおるやん!俺一人暮らしやし泊りに来いや!」
A「え、行かんよ?おかしくない?」
K「何がよ」
A「あのさ、すっごいお腹空いてカツ丼食べたいって言ったらさ、じゃあうんこ食う?って言われたらおかしいと思わん?」
K「え、おかし…え?」
A「しかもそのカツ丼がどんだけおいしいか話してたらさ、いやーでも衛生管理できてへんかもよ!とかカツ丼食べれないなんてひどいねとか言われた上にこのうんこカツ丼の匂いがするよ!とか言われてもさ、余計カツ丼が食べたくなるだけでさ」
K「え、意味がわからん」
A「だからさー、私は彼氏に会いたいの!カツ丼が食べたいの!彼氏に会えないからさみしいんだから彼氏以外と遊んだところで満たされないの!カツ丼が食べたくてイライラしてるとこにうんこ持って来られても食べられないの!あっK君がうんこって意味じゃないよ、例えね」

美人の口から繰り出されるうんこうんこはなかなか衝撃的だった
それからKはAに絡むことがなくなり影で「あんな品のない女やと思わんかった」とぼやいていた



175: 名無しさん@おーぷん 2014/07/15(火)15:37:42 ID:???
>>173
AGJ!すごくわかりやすい例えでスカッとしたw

引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1404526776/

625: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:24:42 ID:???

高校の時の話だけども。家庭科の教師に毎回イライラさせられた。
昼食は食堂で食べる子もちらほらいたけど、ほとんどは弁当を持ってきてて
教室で食べてた
水曜と金曜の午後一の授業が家庭科で、その教師が教室に入ってくる度に
「うわっすごいにおい!くっさい!生ゴミでもみんなで漁ってたの!?
 完全に生ゴミのにおいしかしないんだけど、貴方たちよく平気ね!」って
毎回でかい声で叫んでたのがスレタイ
(他の教師はそんな言い方しなかった。
「においがこもってて気になるから換気しておいてくれる?」くらい)
そういう言い方をしてくれればいいのに、毎回「生ゴミ」を連呼するから
ある暑い夏の日、熱中症気味だった生徒何人かが
「生ゴミ」連呼でとどめをさされてゲロ吐いた
(換気はしていたけど、風がほとんどない日であまり意味が無かった)
もらいゲロも数名
そしたらその教師は勝ち誇ったように
「ほら!生ゴミくさいからこうなるのよ!いつかこうなると思った!
 あーもう!生ゴミとゲロのにおいが混じって最悪!
 掃除と換気が終わったら呼んで。一旦職員室に戻るから」と出て行った。
当然誰も呼びに行かなかったんだけど、それについてもキレて騒いで
ほんとめんどくさかった
生徒の母親が愛情込めて作った弁当を「生ゴミ」と言える神経が分からんし
そんなババアが家庭科教師なんて世も末だなと思った

403: 名無しさん@オープン 2014/06/28(土)00:57:11 ID:sMxPxscBF

妹はバツイチ子持ち。小学生の娘がいる。
4年前くらいに飲み屋で知り合ったという彼氏と同棲している(彼氏の方が転がり込んできた)。

が、この彼氏が本当に有り得ない。
俺は元ヤンで昔はやんちゃしてたとはったりかます。
身長がかなりちいさく妹の娘(以外、姪)に「身長のことで馬鹿にしたら殺してやる」と暴言を吐く。
姪の前で妹の胸を揉んだりイチャイチャを見せつける。
姪を1人で寝かせて2人はリビングで全裸で寝る。
もう生理も始まってる姪を彼氏が風呂に入れる。
「結婚して俺の借金を2人で返そう」とプロポーズ。
かなりのパチンカスで妹も影響を受けてパチンカス化。
もし男の子どもがデキたら好きなパチンコ台から慶次と名付ける予定(女児だった場合の名前は失念。でもDQNネーム)。
小学校が休みの週末は姪を実家に預けて2人で過ごす。
妹が夜勤でいない時は姪と彼氏だけ。
平日の休みにはパチンコ三昧。
彼氏の仕事は居酒屋バイト→ラーメン屋バイトのフリーター。
妹も頭がお花畑でこの状況を微笑ましく見てる。
妹、彼氏ともに30代。
そんな糞野郎と来週入籍すると実家に挨拶に来た数時間前から私の心の中が修羅場。

ちなみに付き合いについてずっと反対してきたし、姪のことも考えてと忠告もしてきたが聞き入れず。
姪は母親と彼氏の顔色をうかがって態度を変えるような性格になり、こちらには結婚に反対していると本音を言うがいざ母親を前にすると母親に合わせた意見しか言わない。
ので、「娘もこんなに懐いて賛成している」とお花畑がヒートアップ中。

長文失礼。どこかに吐き出したかった。


このページのトップヘ