931: 名無しさん@HOME 2008/07/14(月) 14:16:26 0
少々古い話ですがお暇潰しにどうぞ。 

「私は若い頃、沢山の殿方から是非お嫁ににと言われたンですよ。 
お嬢さんが嫁いできて、引け目を感じないと良いンですけどね。 
まあブスでも息子が選んだんだし、そう悲観することもないですよ。」 
結納の席で、ウェイターや実父に色目を使いながら堂々と言い放ったトメ。 

凍り付く実両親、むせる舅、半狂乱の彼。 
周りが焦ると逆に頭が冷えてくるものなんだね。 
スッっと一呼吸、ずっと言いたかった事を言ってみた。 
「鼻毛、出てる。束でゴッソリ。」 
しっちゃかめっちゃかだった空気が一瞬にして収束。 
トメ、「んふゴッ」みたいな声を出した後、あっかい顔して 
慌ててバッグからハンカチを取り出して鼻隠してた。 

その後、彼と舅から正式に謝罪があったものの、 
「大丈夫です、お気になさらずに。鼻毛フッサフッサピーヒョロさせた人が 
何を言ってもギャグにしか見えませんので、全く傷つきませんよ。 
あなたの母上って面白い方ね。こんな捨て身のギャグ、私、初めてです。」 
トメは鼻隠したまま俯いてダンマリ。両耳が尋常でないほど赤くなってた。 

あれから数年経過したが、基本的に私は義実家関連行事にはノータッチ。 
時々夫の目を盗んでトメから電話がかかってくるが、「鼻毛。」の一言で済むので大変に便利である。