馴れ初め

916 :育児まとめニュース 2019/05/24(金) 10:50:45 ID:f5zHXeT50.net
胃袋掴まれ話を見てウチのことを思い出したんで書いてみる

嫁とオレは会社の同僚だったんだけど、会社の飲み会で意気投合し、食の好みが
一緒だったので、ちょくちょく一緒にメシを食う間柄に。で、オレも嫁もラーメン大好きで
その中には即席ラーメンの袋麺も含まれるわけだ

オレの実家は昔から「出前一丁」がスタンダードで、嫁の実家は「うまかっちゃん」だったので
一番美味い袋麺を決める議論ではお互いが譲らず、業を煮やした嫁は、

「今度作ったるからウチに来て食ってみろ!」
という話になった

で、迎えた当日。眼の前に出されたうまかっちゃんは肉野菜炒めがたっぷりのった
うまかっちゃんぽん(嫁命名)

よくTVCMなんかで「調理例」ってな感じで出てきてもおかしないようなまごうことなき
「チャンポン」だった

今まで実家では出前一丁を食べる時はせいぜい卵を落とすぐらいのことしかしてなかった
ので、この「うまかっちゃんぽん」はカルチャーショックだった

速攻で負けを認めたオレは嫁が他にどんな美味い料理を作ってくれるのか知りたくなり
休みの度に押しかけては料理を作ってもらってた

そのうち、「メシだけじゃなく、ウチも食べんかい」と迫られた(?)ので美味しくいただきましたw

今では子どもたちも大好きメニューのひとつに「うまかっちゃんぽん」はなりましたとさ


505 :育児まとめニュース 2019/01/13(日) 20:01:50 ID:wIF/MNwC0.net
いきなりぶっちゃけるけど、俺はお胸様大好きなお〇ぱい星人。
ある日会社で辞令が出て、野郎だけの色気の無い部署から全体の三割強が女性.の華やかな部署に異動になった。
そこの女性.陣の中で大きさも形も一番のお胸様の持ち主だったのが嫁。
その見事なお胸様についつい視線を奪われつつ過ごしていたら、半年ぐらい後に職場の自動販売機コーナーで嫁に

「俺さん、私のことよく見てますよね」

と自分の胸元を指差しつつ苦笑ぎみに言われた。気づかれていたのかとびっくりして

「ごめん、野郎にじろじろ見られたら気持ち悪いよね」

と謝ったら、

「俺さんの視線は気持ち悪くないですよ」

と言われたので、これは脈ありなのかと告白してみたら即OKが出た。
つきあってみると、お胸様の他にも素直な性.格とか家事が得意だったりとかめしうまだったりとか、
いくつも惹かれるところがあって、そのまま結婚。
二児の母となった今でもその見事なお胸様を含めたプロポーションの維持に気を使っていて、俺の自慢の嫁です。
お〇ぱい星人の宿命故、ついつい他のお胸様にも目が行ってしまうのですが、
日頃から嫁のお胸様が一番と公言しているので、大目に見てもらっています。

468 :育児まとめニュース 2017/03/05(日) 21:26:03 ID:3oC
祖父と祖母のなれ初めが強烈過ぎて衝撃的だった話。
昭和20年3月8日未明、米軍から無差別爆撃により火の海と化した東京下町を当時女学生だった祖母は両親・妹2人と逃げまわっていた。
途中、焼夷弾が体を貫通した上の妹が上半身吹っ飛んで爆タヒしたり、木の上から赤ん坊の生首と腸が落ちてきたり、飛んできたトタンが見知らぬ爺さんの首をチョ/ンパしたりする光景を目撃したりしながらなんとか荒川沿岸にたどり着いた。
後ろから火はどんどん迫ってくるし、川に飛び込むのを躊躇している人たちは次々火だるまになるしで選択の余地もなく家族で荒川に飛び込んだ。
飛び込んできた人々でごった返した川面の中で、祖母一家があっぷあっぷしていると、どこからか長細い板切れが流れてきた。

452 :育児まとめニュース 2009/09/01(火) 16:31:41
580 名前: 恋人は名無しさん 投稿日: 2009/08/09(日) 19:47:23 ID:yi+3xcV10
大学生の時、2年付き合ってた彼氏にフラれたばかりで心身共にボロボロになっていた私。
心配した親友が私の大好きなプリンをわざわざ神戸まで行って買ってきてくれて、
大学の食堂で一緒に食べようということになった。

大好きなチーズプリンを目の前にして元気はなかったがジ~ンとしていた時、
5人くらいのテンションの高い男集団がやって来て見事に私のいるテーブルに突進、
テーブルの端に座ってた私のプリンはそのまま床に落下した。

あまりの悲しさにそれまで人前で泣いた事はなかったのに号泣してしまった。
しかもその時の泣き方が
プ…プリン…グスッ…プリンッ…わたしの…プ…
うわぁぁああん(;ω;)
って感じで周りビックリ&ドン引きww

ぶつかった人はえ?え?マジ?わぁああゴメンなさい!って感じであたふたしてたw

もうちょっと続きます


26 :育児まとめニュース 2018/10/27(土) 21:36:55 ID:aqpUhI9Q0.net
嫁に拾われたのが馴れ初め
長くなるかも。

20代後半ともうすぐ言えなくなる頃、彼女に振られた。めちゃくちゃ虚しくなって情けないけどボロボロ泣きながら歩いて帰ってたら嫁に声をかけられた。
嫁「どうしたんですか?」
俺「なんでもないです」
嫁「なんでもなくないですよね?なんで泣いてるんですか?」
俺「なんでもないですって!」
嫁「いいからうちでしばらく休んで行けばいいじゃないですか」
嫁に強引に腕を引っ張られてアパートの中に引きずり込まれる。
「なんで泣いてたんですか?」
「しつこいな!振られたんだよ!悪いか!」
「振られちゃったんですかぁ?喧嘩したの?」
「知らないよ!」
「じゃあ悪いのは彼女さんですね!よしよし、お兄さんは悪くないですよ」
ものすごい優しい声のトーンで頭を撫でられる。
そのあと嫁の豊満な胸に顔を埋めてワンワン泣いた。(めっちゃ恥ずかしい)
その日の夜は嫁のうちでご飯を食べて寝た。
翌日、起きると嫁はなぜかランドセルを背負っていた。
一晩泣いたので頭はすっきりしてて、大きな胸に合わないその格好に、嫁が俺を笑わせるためにコスプレでもしてるのかと思ったんだけど、嫁は衝撃的なことを言い始めた。
「じゃ、学校いってきまーす」
「えぇ?www学校??wwwもー冗談やめてくださいよ」
「え?今日は月曜日ですよ?」
「知ってるけどさwww小学生じゃないんだし「わたし小六ですよ!」
「は?」
…嫁、まだ子供でした。

577 :育児まとめニュース 2013/10/06(日) 10:50:30 0
嫁との出会いが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません
当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした

ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました
いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました

嫁「あの…お兄さんちょっといいですか」
俺「どうしました?」
嫁「…私に援助していただけませんか?」
俺「?! え いや ちょ」
嫁「お願いです… 助けてください…」と号泣

とりあえずファミレスで話を聞きました
親が毒親で食事すらままならない 身体を売ってでも生きたいと号泣したので
お腹が一杯になるまでおごってあげました

その毒親の事を詳しく聞くと偶然にも俺の親父と関わり合いのある人で外面はものすごくいい人でした
こりゃーなんとかしてあげないと可愛そうだとおもったので親父に連絡→事情説明→親父ぶち切れ→毒親呼び出し

結果仕事面的にも肉体面的にも精神的にもフルボッコにされてました
んでそのまま俺の家に住むことになりました

865 :育児まとめニュース 2019/11/27(水) 12:49:58 ID:Pl.nw.L1
イモトの結婚のコメントを見て何となく思い出したこと。
私が夫と付き合いだした頃、ちょうど花粉症の時期で鼻水のかみすぎもあり、ケアはしてても鼻の皮がめくれがちだった。
まだ1-2回目のデートだったにも関わらず、その時もまた鼻の皮が少しめくれてたらしい…
それを見た夫(当時彼氏)が、皮めくれてるよーって普通にぴっと皮を取ってくれたんだよね。
まだ20代半ばだったので可愛い私wでいなきゃと言う気持ちが大きかったけど、そんな夫の行動を見て、この人とはずっと一緒にいられるかもと密かに思ってた。
誰にも言ったことないけど、この素の自分を受け入れてもらえるって感じた経験が、結婚してもいいかもと思った最初の出来事だったりする。

189 :育児まとめニュース 2018/12/04(火) 15:58:15 ID:HB+YVz/wr.net
元彼女が浮気して、当時やってたネットゲームで慰めてくれた嫁と結婚した。

318 :育児まとめニュース 2016/10/31(月) 20:39:02 ID:W9s
くうきこわしたらごめん。ちょっとプチ話を。
高校の時、バス待ってる時に噛んでたガムを無意識にバス停の柱に付けちゃった。
忘れたけど、本に夢中になってて、付けたのは立ってたときで、その後、待ち座席が空いて座って本読んでた。
しばらくしたら、「うわ!」って声。
なんだ?と思って見上げたら、顔だけ知ってる一つ上の先輩が焦ってた。
どうしたんですか?って声掛けた。
なんか背中、くっついてない?って。
ハッと思い出して。でも、とっさに謝れなくて。
制服にガム付いてます。大変!取りますねって。
で、良いよ汚いよって言うのを、必タヒに爪で掻いて。
ま、自分が噛んだものだし、他人の噛んだものとは汚さの度合いが違う。
結局うまくとれなかったんだけど、感謝された。
んで。
先輩は、見た目並み以下、頭悪く、バス停にガム擦りつける外道な私を、心優しい女子と勘違い。
だけでなく、なんか、お礼とかされたうえ、なんか…なんかね?告白されて…なんだかんだで長続きしちゃって、今は私の夫なんだよ。
絶対に真相は言えない~(;´Д`)!!!

866 :育児まとめニュース 2016/06/08(水) 14:09:46 ID:nq5
旦那との出会いが偶然が重なった運命的な出会いではなく作られた演出だったこと
まとめたら長くなった上、文章が下手なので苦手な方はスルーしてください

旦那の存在を知ったキッカケはA子
A子は職場の同僚で見た目が派手なギャル系
休憩中はいつも他のギャル系女子社員たちと男の話をしていた
私は地味だったのでA子たちのグループには加わらず、遠くからA子たちの話を
聞くともなしに聞きながらボーっと休憩時間を過ごしていた
ある日、A子が「見た目そこそこ、有名企業の研究職で高収入
リストラの心配も少ない好条件な男を紹介してもらったが
真面目で面白味がない。とりあえずキープして他を探す」と話しているのが聞こえてきた
面食いのA子が「そこそこ」と言うのだからなかなかのイケメンなんだと思った
彼は私の理想の男性.像そのものだった
なぜかその日から見たこともない有名企業の彼が気になって仕方がなくなった
でも、他人が欲しがる物を欲しがるタイプのA子に彼を紹介してとお願いするのは
自分で自分の首を糸交める行為にしかならない
私は結局、A子の口から時々出てくる彼の話をこっそり盗み聞きすることしか出来なかった
A子は彼からのアプローチを上手く交わし、生かさず杀殳さずの絶妙なサジ加減でキープしつつ
他の男と不倫しながら婚活にも精を出していた
彼を雑に扱うくらいなら私に頂戴!と言いたくなるのをグッと我慢して
諦めるしかない、私にはどうにも出来ないと自分に言い聞かせること半年
ついに我慢の限界が来た私は思い切ってA子に
「彼は私の理想の男性.像そのもの。A子さえ良ければ彼を紹介して欲しい」と言ってみた
A子は最初驚いた様子だったが、すぐに「彼に聞いてみる」と言った
翌日A子は「彼に紹介したい子がいると言ったら前向きな返事が返ってきた。
とりあえず写メを送ることになったから撮らせて」と言って私の写メを撮った
最初の心配が嘘のようにA子は協力的で「写メを見せたら彼が可愛いって言ってたよ!彼も是非会いたいって」と
A子に相談してから数日で彼と会う日が決まった
A子は「彼はギャル系が好きらしいよ」と服装のアドバイスもしてくれた


このページのトップヘ