電車


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/20(金) 14:24:37.286 ID:wHN3msoOp
女「え? 女忄生専用車両だからですよ」 
ぼく「うんだから知ってるよ」 
女「…?警察呼びますよ?」 
ぼく「どうぞ」

警察「どうしました」 
女「この人女忄生専用車両に乗ってて、何言っても聞かなくて」 

ぼく「女忄生専用車両に男が乗るのは法律上問題ないですよね」 
警察「そうですね 問題ないですね」 
女「えええ! だって!だって!」
↑ここから支離滅裂な怒り方をするのが好き





808: おさかなくわえた名無しさん[] 2011/05/04(水) 21:27:58.66 ID:b+NKDHtt
今朝の出来事 
電車の中のドア付近ででかいかばんを大量に置いてるDQN家族。そこのドアから誰も出入りできないくらい荷物を敷き詰めてた(六人家族で、子供は将来ドキュンのスパイラル確定の金髪厨房と消防っぽいの二人づつ) 
「通せんぼしてんじゃね?ぎゃははは

駅につくと乗り込もうとする何人かが迷惑そうな顔して、硬直してるのを見て馬鹿家族馬鹿笑い。 
「すみませんねぇ、隣のドアいけば?」 
とか言ってて世もすえだなあと思ってると 
やたらガタイのいい中年オサン二人組が乗り込んできて馬鹿の荷物ぐちゃぐちゃに踏んで乗車ww 
それに釣られて後ろにいた、チャラチャラした大学生数人も踏みながら乗車wwww 
後ろの連中は中がよく見えてないようで硬直してた先頭はのる気がないと判断したのか、後続が雪崩のように押し掛けて荷物ぐちゃぐちゃwww 
ドキュン父 
「ちょ……」と一言だけ行って、あとは消防のガキが「踏まれたぁ~」って泣き叫ぶ声が響いた 
久々にすっきりしたww




304:おさかなくわえた名無しさん[]2012/05/02(水) 21:48:16.74 ID:cQxKlb0f
電車内での出来事

高校生くらいのまじめそうな少年が四人がけの向かい合った座席に一人で座ってた。


ちなみに優先座席でもなく
キッチリと行儀よさそうに座ってた。
そしたら30代後半くらいのおばちゃん4人の団体が入ってきて、一言
「ちょっとこのガキ邪魔なんだけど」
「どいてくれない?私達歩いて疲れてんだよね」
「何この空気読めない子」
4人一緒に座りたいから、少年に絡んでるようだった。

少年無視して黙々と小説読んでる。
「ちょっと聞いてんの!どけって言ってんの!」
うち一人が小説を取り上げて、少年を威嚇

ここは本当に日本なのかという展開だったが、少年が一言
「向こう(4人がけじゃない一列に並んでる席)はガラガラなんでそっち座ってください」
確かに向かい合ったタイプじゃない席はガラガラだった。地方だったのもあるが。
そしたらババアども明らかに不機嫌に
「だ・か・ら!!この席をよこせっつってんの!!いじきたないクソガキ!!」
少年は冷静に返した。
「嫌です。僕はいじきたないクソガキなのでこの席を譲りません」

やがてババアどもは譲る気がないと解るとブツクサ文句言いながら一列の席に座ってた
座ってる間も少年の文句言いまくり、汚い言葉を聞こえるように大声で言ってた
そしたら向かいの席で寝てたサングラスかけたリーマンが起こされて「うるせーぞ!!静かにしろ!!」
と一喝。ババアども、相手が怖そうなタイプだと急に黙りこくってて、すぐに次の駅で降りて行った

ちなみにその集団は東京から遊びに来たとかほざいてたが、地元民と都会人の民度の違いを見た気がする。




703:名無しさん@HOME2011/12/18(日) 16:09:17.41 0
もう10年以上前の話。修羅場という程じゃないけど

結構混んでた山手線で、座ってた俺。目の前に立ってたカップル。
二人して足元をキョロキョロと探し物をしてる様子なので、自分の足の下にでもあったらまずいかと思って
俺も足を上げてみたりしたけど別になにもない。
切符でも落としたんだろと思ってたんだけど、二人の様子が段々真剣になってきたし、なにしろ目の前でやってるので、
しかたなく声をかけてみることにしました。
「何か落し物ですか」
すると男性の方が「あ、はい。あの、結婚指輪を」
えっ、と思ったその瞬間、周りの乗客がぶわっと一斉に振り返りました。

あまりの超反応に指輪の事よりもそっちにびっくりして、3人でえっ?えっ?とキョドってしまいました。
で、それから大捜索開始。声の届いた範囲の人たち全員が指輪捜索を始めた訳です。
でも日本人つーか東京人つーか、誰も一言もしゃべらないんだよね。
みんな、つり革につかまった状態で下を覗きこみ、踏んだら大変だからそっと足を上げ下げ。無言で。
それを周り中が一斉にやってる様子はどう見てもゾンビ映画でした。
当のカップルというかご夫婦は、あまりの光景に真っ赤になって固まってしまい、身動きひとつできない様子でした。
しばらくそんな大騒ぎ(でも無言)したものの指輪は見つからず、皆あきらめて車内も徐々に落ち着いてきました。
そこで旦那が、あきらめたのか開き直ったのか、ボソッと言ったのです。
「しょーがないな。こりゃ離婚するしかないか」と。
俺は(うわあ、なんてこと言うんだよ、奥さん激怒するだろ)と思い、おそるおそる奥さんの方を見ると、
なんと奥さんはニコニコッと笑って、「そしたらまた結婚しようねー」だって。
当時独り身だった俺は感動し、(すげえ、こんなできた奥さんが欲しい。俺と結婚してくれ)と思いました。
でも、周りの乗客はなんとなくムッとした様子で、中にはチラ見しつつ(ふざけんなバカップルが)という顔してる人もいました。
無理もないか。

結局、指輪は俺の隣で騒ぎの間中ずっとで口開いて爆睡してたおっさんの足の下にありましたとさ。




1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/01(金) 15:34:28.495 ID:aH/Ybi5E0.net
ナニ言ってんだジジイと思ってたが、昭和15年の時刻表調べたらマジで中央線最終は新宿1時27分発、山手線最終は1時49分だった 

日本人はこの頃から社畜いっぱいいたのかよwwwww




このページのトップヘ