電話

718: 名無しさん@HOME 2014/07/11(金) 16:35:00.53 0
結婚したばかりの頃、
旦那と義母共にに口をそろえて
「変わっている」と言われるくらいの義父が
やらかしてくれた。

その前の年にうちの父が社長に就いたばかりの
会社の電話に
「社長の娘の義父だが、社長を出せ!」との呼び出し。
しかも父が不在だったためか2回も。

当時、義両親は息子の初の結婚で浮足立っており、
しかしそんな中私たち夫婦は
色々あって結婚式は挙げないと決め、
それぞれ両親に報告して少し経った頃で、
しかも電話の内容が
「すぐにでも会って話がしたい」だった事から、
父も私たち夫婦も、式に関する抗議か!?と身構えた。

即行旦那が義父に確認すると、電話の件は
「ただ会って話がしたかっただけ」
(YOUちょっと飲みに行こうYO!的な意味で) 
だった。
そんな用件で会社(当然業務中)に
電話かけてくんなよ・・・

ちなみに義父は定年しており
現在定時制のクラスで臨時教員で日中は暇なため、
そんな時間の電話が可能。

そして翌日。
急遽父と義父が飲みに行ったみたいだけれど、
世間話で終了したとの事。
父からは
「俺は百戦錬磨だから対応には慣れてる。心配するな」と
報告をもらったw

しかしその報告メールの中で、どうやら義父が
「くれぐれもオフレコにして欲しい。
特に息子(旦那)には怒られるので言わないで欲しい」
と言ってたそうな。

怒られるの嫌なら
そもそも怒られるような事すんなよwwwwって思った。
小学生かw



503: 名無しさん@おーぷん 2016/05/13(金)10:21:51 ID:D43
どうしたもんかな
嫁が母さんからの電話をすごく嫌がるんだよね
俺と嫁は働いたる時間帯が間逆だから、嫁と電話しようと思うと俺の仕事中になる
だから嫁が一人で母さんの相手するんだけど、母さんズーズー弁喋るんだよ
直接顔合わせても何喋ってんのかわからないのに、電話だと余計わかんなくて、嫁は「はい」しか言えない
でも母は贈り物のお礼とかしたいらしく、昨日も母の日のお礼の電話してきた
母は母なりに標準語喋ってるつもりらしいんだけど、全く喋れてない
「必タヒに標準語喋ってるのにあんたの嫁塩対応してくる、冷たい」と悩んでる
嫁は全くそんなつもりはないので被害妄想だと怒ってすれ違いが起きてる
俺がいるときは絶対俺が電話もって間に入るんだけど、最近は俺の仕事中ばかりに電話があるからそれもできない

母に言っても「私は標準語!」と思い込んでるし、嫁は母に強く出られずストレス貯めるし
うまくまとめる方法ないかな



63: 名無しさん@HOME 2017/07/19(水) 18:43:38.80 0
よろしくお願いします 

・自分や配偶者等登場人物の詳細 
自分20代後半、妻30代前半 
・悩みの原因やその背景 
妻の嫉妬が激しく、新しい友人関係が築けないです
先日結婚記念日の旅行に行きましたが、
そこで「◯◯に着いたよ」と友人にラインしたり、
帰ってきた日の夜にその子と電話をしていたら怒り出しました 

ちなみにその旅行の最中や電話のときは妻は知らず、
自分がパソコンでラインをしていてログインしたままだったので、
妻の知るところとなりました 

どういう知り合いか尋ねられ、正直に答えたら罵倒の嵐 
「俺はもう新しい友人も持てないのか」と言うと 
「ミ串ーで検索してメッセージ送ってライン交換したような人は
友人でもなんでもない」と言われた 

・どうなりたいのか、どうしたいのか 
自分の交友関係に口出しされたくない 
妻の嫉妬心をおさめたい


14: 名無しさん@おーぷん2017/06/05(月)14:42:36 ID:ON5
夫が既婚女性とメールや電話のやり取りをし、
月1、2で二人きりで食事したり、
美術館でデートしたり、
知り合いを交えて飲み会をしているのを
知ってしまいました。

(いけないことだというのは承知していますが、
ケータイを覗き見てしまいました)

2ヶ月ほど前にも同じようなこと
(隠れて連絡していて私にバレる)、
女性と出掛けてもいいから
そのことを教えてほしいと訴えたのに、
また隠されました。


夫が言い分は相手は既婚だし
交際なんてあり得ないと言っていますが、
隠れて特定の女性と連絡をしていることに
不信感しかありません。

昨日の夕方にその事実を知り、
とりあえず体調不良ということにして
会話をしないようにしています。

それでも毎日逃げられるわけないので
身の振り方を考えなくてはならないのですが、
どう接したらいいのか悩んでいます。

泣きながら訴えるのか、
同居人と割りきって過ごすのか
(離婚は考えていません)、
懐の深い妻として夫を泳がせるか。

みなさんならどうするかお教えください。



このページのトップヘ