障害


75: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 14:52:14.40 ID:QpQ7VZ29.net
昔の知人や夫は知ってることだけどそれ以外の人には口が避けても言えない話。 
小学生の頃、同級生にカッターで斬りかかったことがある。 

小1から小6まで同じクラスだったとある男子Aが今で言う発達障害で、なおかつ乱暴者だったのでクラス中に迷惑かけてた。 
Aの親はトラブルの度に息子を凄い剣幕で怒鳴るんだけど根本的な対処はしてくれない。 
教師陣も頭を抱えるような存在だった。 
付き合いの長さのせいか私は特にAのお気に入りで、椅子やランドセルを引いて転ばされたり、レンガブロックで殴られたりしてた。 
小6にもなると男女の力の差も出てきてこのままじゃコロされると思ったので、私はカッターを隠し持つようになり、ある日の下校途中、馬乗りになって殴られてる最中に顔を斬りつけた。





768:名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/24(土) 01:46:50.16
先日子供が産まれた。
身体的な障害を持っている。

嫁はそれを自分のせいだと号泣、俺はそんな嫁を慰めていたんだが、どうもおかしい。
俺は全然ショックじゃないし、なぜそんなに泣けるのかわからない。

泣きたいのは障害を持って産まれた子供のはずなのに、
なんでお前が泣いてんだと、正直ブチ切れそうになった。

泣いてる暇なんてない、この子が障害があろうと
しっかり育てるのが、俺たちの仕事だろ!!
泣いてる暇なんてねーんだよ!!クソが!

で、こういった場合、俺の感覚っておかしいの?
なんか全然、ショックじゃないんだよ。




216:名無しさん@HOME2013/07/23(火) 13:12:25.00
ムカつくとはちょっとベクトルが違うんだけど
兄夫婦にモヤっとしたこと。長文ですまそ

数年前兄夫婦に子供ができたのだが、検査でどうやら障害があるかも?
とわかったそうだ
両親は苦労するのがわかっているのだから今回は諦めたらどう…?という対応
対する兄夫婦は、命の選別をしろと?産まれたらなんともないなんてよくある話
仮に障害があってもうち(たぶん兄嫁実家)は金には困ってないし公的サービスもあるし大丈夫
孫をコロせといってる人には会わせなくていいですね。という対応で平行線

いつの間にか兄は転属願いを出しどこかに行き
携帯は着信拒否され、家電は繋がらず、家に行っても既に引越し済…という
恐らく絶縁されたんじゃね?という結果に
両親は自分達の発言が原因で兄夫婦がいなくなっちゃった…としょんぼりしていたけど
今に至るまでに私も次兄も結婚し子宝にも恵まれ、今は3人の孫とキャッキャウフフする日々
兄関係のことはタブーと化した





530:名無しさん@HOME2013/07/14(日) ??:??:??
私は子供の頃、周囲をあまり掌握できてない子だった。

今がまともなのかどうかわからんけど
ちょっと発達的に変だったのかもしれんけど

授業中にノートに落書きしていて
それが教師に見られても平気だったり
校庭で全校集会をしているときに、
なんか疲れたなといきなりしゃがんだり
体育館で全校集会を
体育座りしてたときは
突然横になったり 

授業を受けるのやだなと思うと
休み時間にふらっと出て行って
そのままサボったりしてた。

罪悪感とか全くなかった。
思うままに行動してる状態。
それが高校まで続いた。

高1の時、ある雪の日、雪が降ってるので授業をサボった。
校庭で一人で雪だるま作ったり、雪球を投げたり。

そして雪を食べてみようと口に入れた時、
「わっ」と大勢の声がした。

振り返ると教室で大勢の生徒が、
宮崎駿のアニメみたいに
窓にびっしり張り付いて私を見てた。
すごいびっくりした。
そのまま学校から飛び出して逃げた。

外を歩きながら、世界には人間が住んでるのだということ、
私の行動がおかしいということ、
おかしいことをしていたら見られるということを
その時初めて理解した。
それからは授業はサボっていません。

会社に入ったけど仕事はまるでできなくて、
今は在宅仕事。
毎日家族以外誰とも会わない仕事です。

結婚して子供がいるんだけど、子供も、
授業中にいきなり横になったりするそうです。
でも発達外来では何も引っかからないんだよね。




237: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 18:08:24.00 ID:OEkS+GT3
自分の体験じゃなくて近所で起きた衝撃的な話なんだけど 

20すぎの軽度知的障害の女性が親に見捨てられて一人暮らしすることに 
(ちなみに顔は可愛くて太眉すっぴんの平井理央みたい) 
工場のアルバイトをしてみるが使えずクビになったりを繰り返しているうちに風●のスカウトを受ける

忄生的なことへの知識がない女性は自分にでもできるお金に困らない仕事ということで喜んで入店 
妊娠や性病というものをよくわかっておらず客に求められると避妊用具もつけず本番に応じていたらしい 

やがて妊娠、しかも中絶できなくなった時期に膨れてきた腹を見た客からの指摘で気付く 
「お腹に赤ちゃんがいる、もうすぐ産まれる」の意味は理解できたらしい 
店をクビになり、臨月まで少し溜まっていたお金を切り崩しながら生活 
街中で破水して動けなくなったところを救急搬送される 
病院で無事に出産、何とそれまで一度も産科にかかっておらず母子手帳も持ってなかったとのこと 
(ここで初めて役所のお世話になる) 
周りの協力で産まれた赤ん坊に名前を付けて出生届を出し、そのまま赤ん坊は乳児院へ 

その子どもは成長とともに知的障害があることがわかり、現在は小学校の支援級に通っている 
顔は母親ゆずりでやはり可愛い 
父親が誰かは不明のまま




このページのトップヘ