障害


573:名無しさん@HOME2017/09/24(日) 16:37:04.50 0.net
母親のミスのせいで下半身がなくなって実家生活なんだけど
周りからそろそろ自立しろと言われて辛い

どうやって自立できるんだよ
母親を解放しろとか。まだ20なのに
一応在宅仕事をして月20万家にいれているのに







19:おさかなくわえた名無しさん2018/05/17(木) 14:40:35.29ID:E9CGzLwu
フェイクも入るし辻褄が合わなかったら多目にみてほしい。

嫁と小学生の男児2人の4人家族。今の家に引っ越したのは3月。
ずっと賃貸だったが転職を機に一戸建てを購入した。


道路から見ると、駐車スペースがありその奥に縁側やら花壇やらがある。
玄関は道路に向けてなく、例えるなら東西にのびる道路沿いの南側に
家屋があり玄関は西側を向いている。

仕事から帰ると
「父さん、知らない子が庭に来てたよ」

GWでずっと家にいた子供たちが言ってきた。嫁に話を聞くと
近所に住む中学生くらいの男子が庭に入ってきて
芝生や花壇で何かしてたらしい。

息子たちが
「その子がおしっこしそうになってたから出てってもらったよ」
おいおい…




421:名無しさん@HOME投稿日:2014/01/05(日) 17:35:27.44
この正月にコトメ子がぶちかましてくれた。

私には広汎性発達障害と診断された娘が居る。
普通の子と多少は違うものの、療育に通い、
友達もできて毎日笑って過ごしているので親としては満足。

ウトメは発達障害への理解こそ無いけど娘を普通に可愛がってくれる。
ただ、コトメだけが子の障害を材料にイビってきて非常に鬱陶しかった。

しかもあからさまな意地悪ではなく、
心配にかこつけて将来の不安を煽ったりという物。
結婚できるの?学校はだめね、老後も~…娘まだ幼児だっつうの。

夫や私が何度止めてくださいと伝えても、日が経てば
余計なお世話を焼きたがるので最近は疎遠にしてた。

その日も年始の挨拶だけ済ませて
さっさと帰ろうと思ったら、ウトメから食事のお誘い。
子が大喜びしたので断れずお邪魔する事に。

するといつもは不在のコトメ子がテーブルについてた。
仕事が多忙だというコトメ子とは数回しか顔を合わせた事が無い。
食事中居心地悪そうにしているコトメ子。
コトメは自分の子の前だからか口が回る回る。
散々不愉快だと〆てるのに、
私娘の前でいつもの心配事を並べ立てた。

よーし切れるぞーと夫と目配せして口を挟もうとした時、
そんなコトメを唖然とした表情で見つめるコトメ子が視界に入った。
そりゃあ母親がこんな事言ってたらショックだろうなと思ったら少し違った。

「どういうつもりでそんな事言ってるの。
私(コトメ子)と○ちゃん(私娘)、同じだよ?」




711:おさかなくわえた名無しさん2018/05/07(月) 10:22:21.44ID:JMfqE4HD
息子が連休で帰ってきた時に、結婚したい人がいると言い出した
有名大学を卒業後、有名企業で総合職で働いていた、
経歴だけ聞いたら素晴らしい女忄生
でも途中で病気になって、今は障害者らしい

治療に専念するために勤めていた会社を辞めて、
体調が落ち着いてからは障害者枠の契約社員で再就職、
2年間契約社員を満了して、この4月から正社員に登用されたとのこと
転職先の会社も誰もが知る安定した大企業

息子とは病気になる前から付き合っていて、
そろそろ結婚と話をしていたときに発症したらしい
病気の治療も続けないといけないし、子供も産めないからと
彼女は別れ話を切り出したらしいが、
息子が別れたくないと言って付き合い続けたらしい

正社員に登用されて可能の気持ちも落ち着いたために
今度こそ結婚をしようと息子が言っているらしい

話を聞く限りではきちんとした人なのだと思う
だけど障害者と言うだけで偏見を持ってしまう
それに子供が産めないのが決定というのも気にかかる
でも障害者だから反対なんて言えるわけがない

夫にも友人にもこんな愚痴は言えないから苦しい




75: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 14:52:14.40 ID:QpQ7VZ29.net
昔の知人や夫は知ってることだけどそれ以外の人には口が避けても言えない話。 
小学生の頃、同級生にカッターで斬りかかったことがある。 

小1から小6まで同じクラスだったとある男子Aが今で言う発達障害で、なおかつ乱暴者だったのでクラス中に迷惑かけてた。 
Aの親はトラブルの度に息子を凄い剣幕で怒鳴るんだけど根本的な対処はしてくれない。 
教師陣も頭を抱えるような存在だった。 
付き合いの長さのせいか私は特にAのお気に入りで、椅子やランドセルを引いて転ばされたり、レンガブロックで殴られたりしてた。 
小6にもなると男女の力の差も出てきてこのままじゃコロされると思ったので、私はカッターを隠し持つようになり、ある日の下校途中、馬乗りになって殴られてる最中に顔を斬りつけた。




このページのトップヘ