連れ子

13: ラーメン ◆7gCC6zB.Os 2012/03/16(金) 22:58:03.29
◆現在の状況 
家に入れてもらえない。 
電話にも出てくれない。 
親や兄弟のところに言っても追い返される。 

◆最終的にどうしたいか 
 嫁と娘に許してもらいたい。 
父親と兄弟にも許してもらいたい。 

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
 36歳・販売・220万くらい 

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 
 30歳・葬祭関連・700万くらい 

◆家賃・住宅ローンの状況 
 賃貸 家賃は知らない。 

◆貯金額、相談者・配偶者・共有 
俺→0 
嫁→600万 

◆借金額、借金があればその理由 
 0 

◆結婚年数 
 2年 

◆子供の人数・年齢・性別・連れ子の場合はその旨明記 
 1人・9歳・女・俺の連れ子 

◆親と同居かどうか・両実家との距離 
 義母と同居 
義母は65歳・タクシードライバー・360万くらい 

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由 
 俺→バツ1 前嫁が失踪




908: 名無しさん@HOME 2014/07/02(水) 10:14:42.74 0
義兄夫婦が離婚するんだけど、義兄嫁がぐいぐいしてきて困ってる・・・ 

義実家はお寺で、義兄と義兄嫁は昔付き合っていたけど義兄嫁の母親が草加だったのでうまくいかず別れた 
その後、義兄嫁は別の人と結婚⇒幼児を抱えて離婚 
義兄はずっと独身で仕事と修行に励んでて、義両親は密かに心配していた 
義兄嫁と義兄が再会して、そっからいろいろあったが、子連れで結婚することになった 

寺の跡目問題があるので、連れ子くんの養子縁組はナシだが 
通称として義実家の姓を名乗れるように調整もできた

そっから10年オーバー、義兄家に子供はできないくて 
義家嫁は寺の仕事をしっかり頑張ってくれて檀家さんの評判もいい 
それは、義兄嫁は連れ子を住職にする気だったからみたいで、 
義両親が、義妹家の次男を後見して仏教大付属に入れると聞いて大騒ぎしだした 
義兄に養子縁組をせがんで、しないなら離婚するって言って 
義兄はすごい悩んだけど離婚に応じた 
財産分与があるから弁護士さんに入ってもらうことになり離婚話が進みだした 

最初は義兄嫁がウチの子と連れ子を婚約させようとグイグイして、夫婦で激怒して断ったら 
私にだけ、「(義兄嫁が)居なくなって困るのは嫁一人になる私さんでしょ」と脅す・・・特に困りはしないです 
あとは、自分がどれだけ寺のお嫁として身を削って働いたかを延々話す 
夫が「弁護士入れて離婚時に10年分の退職金相当は支払われるはず」って言ってるから大丈夫って言ったら怒られた 

こないだは連れ子くんを佛教大付属に入れたいから、勉強見て!と置いていこうとした 
義兄に連絡して引き取ってもらったけど、連れ子くんも義兄を敵視してるしもう関係がよくなることはないと思う・・・  


471: 名無しの心子知らず 2017/01/10(火) 19:17:23.70 ID:QW3P5K7m
批判があるのは承知で相談です。
1歳の実子がいます。

年上の旦那の連れ子がいて、実子ができる前は
自分なりにかわいいと感じて愛情を注いでいましたが
実子が生まれると、愛情の質の差は歴然で、
実子が泣かされると怒りがわいてきます。

今は理性で平等に接してますが、理性で装った愛情は、
当の子供にしてみれば、どんな感じなのでしょうか?
幼い頃は誤魔化せても、思春期になって物を考えるようになると、
居心地が悪いですよね?

255: 名無しの心子知らず 2009/10/23(金) 00:23:06 ID:zgR2ICS9
おいらは継父になって3年生。継子は今年9歳になった。

結婚後最初の2年間は、新しい家族作るぞとの
一生懸命モードだったり
翌年には実子が誕生したりで慌しくも充実しており、
どこの家庭でもある小さないざこざは時々起きれども、
ほどほどに幸福な家庭生活を送れてきた。

実子が成長するにつれ、その尋常でないかわいさ度が
日に日に増して来るのに反して、
継子を厭う気持ちが湧くのを抑えきれなくなってきた。
特に最近は、継子や嫁との家族ごっこに疲れた心の軋轢や葛藤が
少しずつプスプスと音を立てながら、黒い不穏なガスに昇華して
胸の奥に溜まって来つつある自覚があった。
そんなある日、ささいな事を口火においらは爆発した。
継子の母親でもある嫁に向かって、
毒ガスをぶちまけ怒鳴りちらしたのだ。
「貴様、○×▼▼ふじこーmp%いおwdかー!」 

331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/12/31(水) 23:19:07.35
単身赴任先から一時帰宅してるんだが
全然楽しくない

嫁は息子につきっきりだし酒も飲むなと言われる
帰って来て損した。
家でゆっくりしてればよかった

愚痴でごめん
 


このページのトップヘ