追跡


63: 名無しさんといつまでも一緒 2014/03/07(金) 23:32:20.72 0
漏れ50。妻49。共働き。
①1年ぐらい前に
妻の帰りが遅くなったので、
不審に思いはじめる。

②妻の通勤用の車に、
密かにGPSロガーを装着し、
追跡開始。

③さらに、
妻の携帯の発信履歴をWebから、
内緒で取得開始。

④特定の番号に頻繁に
連絡していることが判明したので、
問い詰める。
→会社の同僚の30歳ぐらいの男で、
何もないと言い張る。


⑤GPSロガーから、
車で頻繁に立ち寄っている場所を特定。

⑥調査の結果、
その会社の同僚の男の
マンションだと言うことが判明。

⑦再度、妻に問い詰める。
→何もないと言う。

⑧妻が寝静まった後、
妻の携帯のメールを検査。
→頻繁にその男と
連絡を取っていることが判明。
→「愛しています。」
と妻が相手の男に送信している
メールがあった。

⑨再々度、携帯を見せて問い詰める。
→「意味が違う。何もない。」と言い張る。

⑩その男と会わないように、妻に要請。
→その場では了承したが、
その後もGPSロガーには
男のマンションに行っている形跡あり。

⑪漏れは精神的におかしくなり、眠れなくなる。
⑫仕事が手につかなくなり、病院に行った。
→精神安定剤&睡眠薬を処方された。

⑬漏れが病院に行っていることを知りながらも、
男とあっていることが判明
(GPS携帯発信履歴から)

→漏れは睡眠薬を全部飲んで、しのうとした。
→夜遅く帰ってきた妻が気づき、
救急車で病院に運ばれ入院。

⑭その後も妻は、
私の目を盗んで男と会っていることが判明
(GPS携帯発信履歴から)

→妻曰く、「なんで、会っちゃいけないの?
携帯を見るのはプライバシー侵害だ!」
と言い張る。

離婚した方が、妻のためでもありますよね。




557: 名無しの心子知らず 2012/06/21(木) 16:25:46.88 ID:ajPABwJ/
 
プチ話だけど 


私と姉は年が離れているので私は新米ママだが甥っ子は中学2年生。 
この間の休みの日に、私、私子、姉、甥でちょっと遠方のショッピングモールに遊びにいった。 
途中で姉と甥は買い物続けて、私と子供はベンチで休んでたら
ベビーカーにかけてたポシェットを知らない女の人が

ナチュラルに持って行ってしまった。 

「ちょ、それ私の!返して〜」と力なく抵抗したものの、咄嗟のことだし、予想外だし、
子供いるしで追いかける事もできなかったんだけど、ちょうどやって来た甥っ子が追いかけてくれた。 
甥っ子に気づいてダッシュで逃げる泥だったが、甥っ子は陸上部。

鍛えられた脚力で悠々と追いついた。


が、大人しい性格だし争いごととか苦手な甥っ子は
タックルするでもなく、掴むなどができず、延々と併走しながら 
「それ、○○姉ちゃんのなんで返してください!」
「僕がA子ちゃん生まれたお祝いで買ってあげたものです!」
「ブランドとかじゃないです!安いです!」
「○○円です!売ってるお店教えてあげます!」
「○○円ですよ?大人ならすぐ買えるでしょ?」

「買えないんですか?貧乏なんですか!?」
と大声で話しかけ続けるという行為を続けていたらしいw

558: 名無しの心子知らず 2012/03/20(火) 14:16:52.60 ID:WFIWLzRk
過去の放置子が、数十年経過した今になって私を探しているらしい。 
自分は既婚小梨。

話せば長くなるんだけど、子供の頃、近所にAという私と同性で同学年の放置子がいた。 
当時のA家は普通より上レベルの財力で、大きな一戸建てに住んでいた。 
Aもいつもいい服を着て、幼稚園の頃からたっぷりお小遣いをもらってお菓子を買いまくっていた。 

一方我が家は中の下の自営業。 
私が小学校に入る頃から、母親がおかしくなった。 
妄想をこじらせ人と言い争い、支配的になり、ついには学校以外外出禁止にされた。 
今思えば、更年期障害で毒親の地金が表面化したのかもしれない。
私は鍵っ子だったので、学校が終わると留守番のためまっすぐ帰るよう命令され、
そのまま一歩も外に出られないし、友達が遊びに来るのも禁止。
都会ではないのでご近所さんの目があり、外に出ると即バレするから出られない。
日曜日も遊びに行けず、外出するならかならず母と一緒。
遊べないから友達は離れ、とうとう孤立していじめられた。

はっきり言って苦痛というか、もう自殺も考えるレベルで絶望してた。
だから、「ばれなきゃいいじゃん、親の言う事なんか聞かなくていいんだよ!」と
遊びに来てくれたAの存在がもう救世主。
A家は敵に回したくないのか、近所の人もAが親の留守中に来る事は黙殺してた。

Aに嫌われたくないあまり、お菓子や文房具を言われるままに貢いだ。
「こんな安物しかないの?」と言われてもへらへら笑って謝り、
明らかな虚言も、すごいね~と調子を合わせて奴隷乙状態だった。

671: 名無しさん@HOME 2012/01/09(月) 10:06:56.57 0
流れを切りますがごめんなさい。
別に私自身に何か被害があったわけではないけど、
個人的には人生最大の修羅場

ある日の昼の3時頃、A氏という男性が我が家を尋ねて来ました。
A氏は主人の友人(B氏)の上司を名乗り、B氏が失踪したので
同郷の友人である主人に何か知らないか訪ねてきた来たとのでした。

すぐ主人に電話して聞いてみたところ
失踪の話自体初耳だし、居場所も知らないとのことだったので
その旨をA氏に伝えたら、
何か分かったらすぐに連絡をしてほしいと連絡先を置いていきました。

別にどこがおかしいというわけでもないから上手く説明できないけど、
でも私は、このA氏に物凄く嫌な感じを覚えました。

その日の夜、主人がB氏宅に電話してAさんが訪ねて来たことを告げたところ
B氏の奥様は大変驚いていました。

A氏はB氏宅を訪ね、B氏奥様から入手した年賀状の住所録で
我が家の住所を知ったようですが
B奥様が住所録をA氏に渡したのは、
A氏が我が家を訪ねて来た日の昼前頃で、
その日の3時頃には、そこから100キロ以上離れた
我が家を訪れていることになります。

「まさか、住所録を貰ったその日にそちらに行くと思ってませんでした」
とB氏奥様は言っていたそうです。


このページのトップヘ