赤ん坊


747: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2017/10/25(水) 09:52:21.68 ID:cNtVGnd/.net
通勤電車で赤ん坊が大泣きしてたという話から
なぜ赤ん坊の声が不快なんだろうという話になった。
赤ん坊連れの母親のマナー云々という話ではなく、
たとえば小鳥のさえずりのように聞こえるのなら
誰も不快に思わず、母親も肩身が狭い思いをしなくて
よいのにという主旨で、実際そういう話をしていた。


(ちなみに後で調べたら警戒音として発しているので
不快(危険)に感じるのが人間にとっては自然とのこと)

そしたら端で聞いていた年配の男性社員と女性社員が
口を揃えて「それは親としての愛情が足りないからだ。
親としてきちんと赤ん坊と向き合っていれば小鳥のさえずり
以上に愛おしく聞こえるものだ」と説教を始めた。

一つ、勝手に話に入ってくんなよ
一つ、そういう話はしてないんだよ
一つ、おまえら二人とも50過ぎて独身だろう

こじらせ老人はめんどくせーわ





834: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/28(木) 02:11:37.68
33歳の嫁さんが甘えすぎで困る…。 

結婚前はよく喋る人だったのに、
結婚後、同居を始めた途端に 
猫なで声で「ん~」しか言わなくなった。 
そして、常にくっついてくる。 

表情で何かを訴えているので、
質問しても「ん~」しか返してこない。 


自営なので家で仕事していると、
猫なで声で邪魔ばかり。 
納品前夜で忙しいと言っても邪魔をやめず、
それでも仕事を続けるとキレる。 

まともに喋るのは感情的になった時だけで、 
特にキレた時はやたら饒舌になる。 

結婚前は理知的で頭の回転も早い人だったのに、
今じゃまるで赤ん坊のよう。 
同居を始めてもうすぐ三ヶ月だけど、
もう精神的に参ってきた…。



667:おさかなくわえた名無しさん2017/03/09(木) 20:42:18.79ID:LIPH03wY
すまん、誰か相談に乗ってくれ。緊急なんだ。
スレチだったら誘導してもらえるとありがたい。

今日電車に乗ったとき、疲れてたから扉入ってすぐの棒(長椅子の端についているやつ)に、
勢いよくよりかかったんだ。ドサッと。

そしたら、座席に座っていた赤ん坊が、
抱っこ紐から手を出してその棒を触って遊んでいて、
そこに俺がぶつかる形になってしまった。
運悪く、結構体重かけてしまっていた。
赤ん坊大泣き。チラッと手が見えたけど赤く腫れていたかな?
それとももともとあんなもんなのかわからん…。
母親が、念のため病院に行くから連絡先をとか次の駅で一緒に下りてくださいとか言うから、
慌てて扉降りて逃げてきてしまった。

これってまずい??捕まるとかある??
確かに俺も悪かったが、この母親がちゃんと見てなかったのも悪いわけだし、
これで俺は法的にどうかなってしまうのだろうか。
4月から第一志望に就職決まってるから、警察沙汰とかにはならないでほしいんだ…



225: 名無しさん@HOME 2007/05/15(火) 16:27:16
トメ→ウトロとバカ旦那へだからスレ違いなのですが 
該当スレが分からないのでこちらに書かせて下さい。 


トメは結婚の挨拶の時に息子である旦那に向かって 
「他所様が命を掛けて大切に育てて今日まできた 
娘さんだ、それを引き継ぐんだから例えあんたが 
食う物がなくなっても嫁さんにはたらふく食わせろ」 
「嫁さんにいつまでも可愛いままいてほしければ苦労はかけるな、 
男が些細な事だって笑う事を大事にするのが女なんだ、 
聞く耳を持って歩み寄れ、家庭は女がいなきゃ回らないんだ」 
こんな説教をした。 

勘違い九州男児のウトとその世話焼き母親に苦労した上での話だそう。 
ウトは多少マシになったものの、完全に矯正は出来なかったそうだ。 

トメのおかげか結婚当初は家事も分担、 
とても気のきくいい旦那だったが私の妊娠で豹変。



576: 573 2016/12/17(土) 20:31:06.50 ID:/Py0sgZY
嫁の母乳育児のことで質問です。 

嫁は母乳を赤ん坊にやっている際、
俺と嫁の母親以外には見られたくないと言ってきました。 
「俺の父親はともかく、母親だって女なんだからいいじゃん」と言ったんですが 
嫁がブチ切れて「お前のその貧相なものを私の両親に見せてから言え!」と怒鳴られました。 

母乳をやってるところを見られるのって、女の人はそんなに嫌なもんですか? 
赤ん坊の食事風景を見たいだけであって、別に嫁の胸を見たいわけじゃないんです。 
嫁の言い分を聞くと、俺の両親は孫の食事風景を見られないってことですよね。 
そんなに見せたくないならいっそミルクにすればいいのにって思うんですが。




このページのトップヘ