財布


731:名無しの心子知らず2012/07/13(金) 17:22:33.06 ID:oIyk6qmE
面倒なので簡潔に

財布を交番届けたら素敵な白い粉が出てきた
子連れママが旦那が財布落としちゃってと登場
警察官に連れられて、奥に入って行った

このママは財布拾った時に絡んできたママなので
確実に財布の持ち主ではないと思われるが
泥だらけでも財布を手に入れたいと思う
ママの邪魔しちゃ悪いと
拾った時の事は何も言わないでそのまま帰った




195: :2016/01/23(土) 13:28:41.31 ID:

旦那バレした
ついにこの日がきてしまった



1: 名も無き被検体774号+ 2014/11/24(月) 11:17:26.48 ID:gzxHlba40
結婚歴10年以上 

俺近畿、嫁関東の遠距離恋愛からの結婚 

貧乏 
経緯は立ったら書く



672: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/08/24(金) 14:46:26.20 ID:kWnXax77
もう何年も前の話だけど。この時期になると思いだす 

小学生高学年だった俺は友人と一緒に地元のお祭りに行ったんだ 
まあお祭りって言っても大掛かりな物じゃなく、公園を借りただけの小規模なのやつ 
スーパーボールすくいとかクジとか、あんまり数は無いけど、そこそこ楽しくて 
1時間ぐらいして友人が帰った後も、お小遣い使い切るまでは居よう! と思いブラブラ 

そしたら、当時の俺より小さい子供を連れた泥(ママ)が話しかけて来てさ 
「ボク一人で大丈夫?」 「おうちは近いの?」 「そうなんだ、偉いねー」 とか 
単純なガキだった俺は褒められたのが嬉しくてポヤポヤしてたんだけど 
突然に泥子が俺に向かって突進して来て、俺が持ってたわたあめと財布を奪ってダッシュ! 

あんまりビックリして驚いて、何も出来ずに居たら、泥ママの方は 
「んまっ! しょうがないわね~!」 「私、連れ戻して来るから、ボクはここで待っててね!」 
みたいな事を言ってどっか行っちゃってさ。俺、馬鹿だから、ずっとその場で待ってたわ 

そしたら祭りの音楽を引き裂くようなサイレンが聞こえて、救急車が飛んできた 
俺はあの泥子が警察に捕まっちゃう! 返してくれればそれでいいのに! と思って、音の方に駆け寄ったんだけど 
そこには半狂乱になった泥ママと、ストレッチャーに固定されて救急車に乗せられる泥子の姿が…… 
どうやらワタアメ食いながら逃げたせいで転んで、割り箸が、という定番の事故をやったらしい。当時の俺は何かあったって事しか分らんかったけど 

大人が泣き叫ぶのとか初めて見たし、張り詰めたような空気が怖くなって、俺は逃げ帰っちゃった 
どうせ財布の中には、ガリガリ君の一本すら買えない小銭しか入って無かったしね。当時の俺にはお金ってだけで特別だったけど 
帰った後で親に財布の事を言われ、素直に有った事を話したら、俺は悪くないよって言われたので安心して眠った記憶がある 

俺ももういい年なんだが、未だに歩きながら棒状の何かを食うのがトラウマだ 
座ってればいいんだけど、立ったままだと何となく怖い。食い難くても横から食ってる


614: 名無しさん@おーぷん 2016/02/12(金)16:10:18 ID:???
感覚の違いに驚いたこと。
知人の子が小学生の時に親の財布からお金盗ったことがあるらしいんだけど、

その時、知人の嫁は携帯電話と包丁を持ち出してきて、
泥棒は警察に捕まえて貰わなきゃいけません、
子どもでも刑務所みたいなところに行かなきゃいけない、もう友だちとも会えない、警察に電話するか?


警察に電話しないなら警察のかわりに罰を与えなきゃいけない、
昔から泥棒は手を切られる決まりだ、お母さんがやってあげる、どうする?って迫ったんだって。
子はびっくりしすぎて逃げることも出来ずに大泣きしたけど放置して、どっちがいい?
って聞き続けたところに知人が帰宅、
子どもはお父さんに自分は泥棒をしたけど警察に行くのも手を切るのも嫌だ、
もうしないから許してくださいって泣いて頼んだ。

知人はお前が泥棒をしたからお母さんはそんな辛いことを選びなさいと
言わなきゃいけなくなった、お母さんが一番かわいそうだ、お母さんに謝りなさいって叱って、
知人嫁はお父さんが一生懸命働いたお金を盗ったんだからお父さんに謝りなさい、とまた叱り、
結局「執行猶予」ってことで次やったら

警察に行くか手を切りますって文章を書かせた、という話。

やりすぎだし、逃げ場のない虐待じゃんと思ったのは私だけで、
いい躾だね!というのが感想の主流だった。
似たような叱り方をしたと言ってる人もいた。

自分が小梨だからわからないのかもしれないけど、そんな親の元に生まれなくてよかったと思った。

子ども歪まないのかな…



このページのトップヘ