誕生日


435: 名無しさん@HOME 2009/11/18(水) 13:15:02 0
トメから「昨日はお父さんのお誕生日で73歳になったのよ」とプレゼント催促 
電話が掛かってきた 
新婚当初はウト・トメの誕生日には毎年プレゼントを贈っていたが、5年経っても 
6年経っても私の誕生日は無視(ウトの前々日が私の誕生日)  
今年は「お父さん74歳になったんですか!私は3日前に35歳になりました!」と 
言ってやった! 
来年も電話が掛かってくるか楽しみ





354: 名無しさん@HOME 2009/11/03(火) 00:30:04
むかつくわけじゃないんだけど、辛くて吐き出し。 

兄嫁(私より年下)がもうじき出産します。 
出産予定日は、私の娘の一周忌命日です。 
管理帝王切開で予定日が数日の中から選べるので 
兄嫁の意思で、わざわざこの日にしたんだそうです。 
悲しい日を、嬉しい日に塗り替えてくれるんだそうです。 
兄も母も新しい命の誕生で盛り上がってるから、嫌だとも言えない。 

幸い男の子だそうで、忄生別が違うのだけが救い。 

一周忌の法要を、命日にするけど、兄も母も病院に詰めるから欠席。 
両親がいない兄嫁は、初めての出産なので私の実家で静養するそうです。 
娘が使っていたおもちゃを、そのまま使ってくれるそうです。 

悪い人じゃない、寧ろいい人な兄嫁。 
でも、こういう時の距離感が生理的に合わなくて、元々疎遠にしてたんだけど 
甥っ子が生まれたら、多分実家とも疎遠になってしまう気がする。 

法要が終わったら、おめでとうを言いに行かなくちゃいけない。 
来てほしいって兄嫁に言われたから、行かなくちゃいけない。 
娘の誕生日に必ず「おめでとう」って言ってくれていたから 
これから毎年、娘の命日に静かに冥福を祈りたいけど 
毎年「おめでとう」を言わなくちゃいけない。 




934:名無しの心子知らず2017/08/05(土) 22:16:29.52ID:yn2+qf+Y
夫と私のどっちが正しいことを言っているか、判断してください

息子と娘がいます。小学生の高学年、低学年です。
先日、娘の誕生日で欲しいもの何でも1つ買ってあげるよと夫婦で言いました。
すると娘が言ったものは、明らかに以前から息子が欲しがっていたものでした。
聞くと、お兄ちゃんが前から欲しがっていたから、この機にあげたいと。
夫は偉い!と褒めてましたが、私が口を挟みました。
それって褒めることじゃないよね?おかしいよね?と。
誕生日プレゼントは娘の欲しいものを遠慮なく頼むべきだと娘に何度言っても、
お兄ちゃんが欲しいと言ってるから私もこれが欲しいと言います。
余りにも頑ななので、結局それを買いましたが、案の定お兄ちゃんに渡しました。
夫は娘のことを心優しい子に育ったと思ってますが、私は絶対間違いと思っています。
このままでは、将来、好きな男性にどこまでも貢ぐような女になりかねないと。

お兄ちゃんにあげたプレゼントは、夫がいないときに私が取り上げ、捨てました。
息子には、こういうのは仮に相手が上げると言っても
絶対受け取ってはいけないものだと注意しました。

それを息子と娘が夫に伝えて、夫は私の考えがおかしいと言います。
私は夫の方が間違っていると思います。




31: 名無しさん@HOME 04/11/15 13:35:37
今日は誕生日…
朝、出掛けに旦那が「今日は嫁子の誕生日だから、ご馳走にしよう!
ミートローフ?ローストビーフ?タンシチューもいいよね」と
嬉しそうに言ってたので、「作ってくれるの?」と聞いたら、
「何で俺が?」といわれたorz

それじゃ外食なのかと聞いてみたら、それも違うって…orz
作るのは私かい…
誕生日くらい、家事から開放されてみたいわい!

おまけに「誕生日なんだから、久し振りにチーズケーキ焼いてよ」って…
「買ってきて」って言ったら、イヤーな顔されるしorz
そんな訳で、今夜はメンドーだから野菜炒めにするさぁ…



294: 恋人は名無しさん 2017/07/02(日) 23:57:23.51 ID:+q9h5oHv0
学生の彼女の誕生日に某園行こうねとだけ約束してて
こっちで旅費全部一旦会計してオフィシャルホテルで一泊したんだけど、
帰ってきてからお金の話が全然出てこなくて

自分は社会人だしこっちから露骨に徴収するのもなあと思って
「今回の誕生日プレゼントはだいぶお金使っちゃったなw」
ってそれとなく振ってみたら「そうだねw」の一言。

誕生日だし多目に出そうとは思ってたし奢りも視野にはいれてたけど、
「えっ払いますよ」「いいよいいよ」って様式美が欲しかった。
10万弱をさらっと奢られる金銭感覚は自分とズレすぎてて
すぐ別れるまでもないけど長続きしそうにないなと我ながら思った。



このページのトップヘ