訪問販売

156 :育児まとめニュース 2016/11/21(月) 19:01:50 ID:vMY
どこかに書いた気がするけど

仕事から帰宅して夕食の準備をしてたらインターフォンが鳴った
怪しげなオッサンなら開けないけど、
モニターに映ってたのは30代半ばほどのお姉さんだったから
深く考えずはーいと答えて玄関を開けた
するとお姉さんは私の後ろを見て目をキラッとさせた(嬉しそうな顔をした)
そして「ちょうど良かったですぅ。私、幼児向けの英語教室をやっていて~」と
チラシを手渡してきた
そして「小さいうちから英語に親しみを持ってもらうことが大事でぇ~」うんぬんと
セールストークをはじめたので
「あの、うちに子供はいませんけど」と言ったら
「えっ」と言ったあと、「でもさっき…」とまた私の後ろを見た
思わず私も振りかえったけど何もいなかった
お姉さんは引きつり笑いしながら青ざめた顔をして、そそくさと帰って行った

夫はまだ帰ってきてないし、
猫なら飼ってるけど、猫を見て「ちょうど良かったです」はおかしい
お姉さんは一体何を見たのか


120: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 20:54:54.37 ID:7YAbuXM7.net
大修羅場が続いてるところ、
プチプチ修羅場話をひとつ。 
大学入学して初ひとり暮らしのアパートの部屋に、
訪問してきた若い男性。
狭いワンルームにもかかわらず
インターホンがあったので、最初はインターホンで
対応してました。相手が明るく
「流しの下の消火設備の点検に来ましたー!」と
言うので、そんなのあったかなあと
流しの下を開けてみると、それらしいものがない。

「見当たらないんですけど…」と答えると、
「それはおかしいですね…
ちょっと見せてもらえますかー」というので
ドアを開けてしまった。するとそこには、
真っ赤な真っ赤な消火器を持ったふたり組が…。

15,000円で流しの下の消火設備を
売りつけられそうになりました。
お財布持ってきて、2~3000円しかないの見せて
お引き取りいただいたけど、
色々言い方あるんだなあとビックリした。

「消防署の方から来ました」はNGだからね、
とか、聞いて警戒してたのに…orz

入居したてで、ガス屋とかNTTとか
(もしかしたらまだ電電公社だったかも)など
来ていたので、マンション管理に
関わる人だと思ってついドアを開けちゃった。
季節柄、そういう訪問も多いと思いますので、
ひとり暮らし初心者の方は注意されたし。



このページのトップヘ