自害



537: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)07:42:43 ID:VQm
親にやった復讐です。
自分はずっとお前にはできないって言われて育った。
小さい頃はいろんなものに憧れてピアノやバレエをやりたがった。
その度にお前じゃできない。お前にはできない。
そう言われてると私はできない子だって思って育った。
ある日小学五年生くらいかな、卒業生が来て先生達とバスケをしていた。
それ見て、今までにないくらいやりたい!って思って親にお願いした。
やっぱり、結果はダメでなんにも最後までやりきれたことがないくせにできるわけない。
そう言われて終わりだった。

中学に上がった時、やっと部活でバスケを始めた。
親には猛反対されたけど、バッシュもカバンもユニフォームも自分で買って親

親には何も買ってもらわないって事でやらせてもらえることになった。
練習をやり始めたらすぐに上達した。
顧問になぜ今までバスケをやらなかったのか不思議
ミニバスから始めてたらもっと上に行けたはずと言われた。その時気づいた。
自分はできない子じゃない、自分の才能は親に杀殳されたんだ。
悔しかった。納得出来なかった。親を憎いと思った。
私はできない子じゃない。そう証明するため勉強もやった。
かなりいい高校に言って某有名大学に行った。

大学に入ってすぐに父親が三浪したはてに専門学校に行った事を聞いた。
その日から親の前で、三浪したくせに専門とかかわいそーwww
とか三浪だから稼げてないんだねって言いまくった。
プライドだけは高い親だから3ヶ月もせずに自杀殳した。
決して専門とかをバカにしてるわけではないです。
だけど、親にやり返すならこの話題が一番だと思ったから。
母親にも三浪の妻とかかわいそーwww早く飛び降りれば?って言ってる。

私が某有名大学入った時も親戚に自分の手柄のように話してたから
参考書も買ってくれない、お前はできない子だから家事やれ
とか言ってたあんたのおかげて大学にうかったわけじゃないって言った。
真っ青になってたね。

あの時の顧問にはほんとに感謝してる。
あの時、顧問が褒めてくれなかったら私はずっとできないこのままだった。
まだ、母親に対する復讐は終わってないけど
父親が自杀殳してくれたので書きました。文才なくてごめんね





508:可愛い奥様2018/05/07(月) 11:13:57.30
昨夜夫の伯父が自杀殳だったという事をなりゆきで知った
結婚より随分前に亡くなってたんで普通に病タヒか何かだと思ってたわ
結婚10年以上経って知るなんてなあ

差別するわけではないけど身内に自杀殳者がいるなんて知ってたら
もっと色々考えてから結婚するかしないか決めてたと思う
両親もあなたが決めたならーみたいなゆるい賛成すら簡単にはしなかった
と思う

実際結婚してみれば夫はメンタル超絶弱くて
それをフォローし続けていた私がストレスで帯状疱疹になった過去もあるし
結婚時点では就職間近だという触れ込みだった当時23歳の義弟も
まともに社会に出ることはなく職歴は20代にしたバイトのみのニートで
もはや30代半ば

結婚前の身辺調査とか前時代的だと思って
私も両親もそんなの考えもしなかったけど
こういう事があるからすべきものだったんだなって今更痛感

夫には他にも小さな嘘がいくつかあって、それはもう
私の見る目がなかったで諦めてたけど
このことに限っては義両親も黙ってたんだよなー

なんだかなー
ただ小梨なのがひたすら救い




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/09/07(土) 17:23:45.58 ID:QABATbSd0
ざまぁwwwwwwwwwwww


引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378542225/
俺をいじめてたDQNを自杀殳に追い込んだったwwwwww



109: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/16(木) 12:38:17.65
自分で言うのも何だが、
俺は顔だけはやたら良いんだ 
十代の頃は本当スカウトされまくったくらいに 
ただ20歳くらいから、ハゲ散らかしてきてな… 

一応それでも結婚出来て、息子うまれたんだけど 
嫁の妹が若い頃からずっと
海外行ってた子で帰ってきてさ 

んで、俺と息子と嫁と夕飯後に談笑してた時に、
遠慮がない子なのか 

「若い頃から禿げてたんですよねw
息子君とかせっかく美形に生まれたのに 
若ハゲとか自害もんでしょwwww」
とか言われたんだ 



嫁ブチ切れて、嫁妹を叩いて
そのまま二度とくんな!
って追いだしたんだけど 
息子は僕、髪の毛なくなっちゃうの?
って泣くしさ… 

俺どうしたらいいんだ 
なくならないよ!
って言ってあげられなかった…



このページのトップヘ