胸糞


955: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/18(木) 23:12:06.06 ID:E9/ccnt5
とあるテレビで、「暴行されそうになったら『私、エイズなんです』って言えばいい」などと熱弁する専門家がいた。 
俺も姉ちゃんもテレビ見てて「フーン」みたいな感じで聞き流してたんだが 
当時姉ちゃんは女子高生で、バレー部所属で遠くの学校へいってたため、帰りが遅くなっていた。 
その日は早く帰ろうと急ぐあまり、小石をふんで自転車がパンクしてしまったそうだ。 

んで、後ろからやってきた痴漢にナイフつきつけられてそのまま草むらへ押し倒された。 
近くにかすかに街灯がかかり、犯人の顔は少しながら見えた。 
大声を出せば首に刺すぞ、と言われてたので怖くて声が出せない姉ちゃん。 
姉ちゃんは「私エイズなんです」と、テレビの影響もあって助かりたい一心でそう言った。そしたら男は気持ち悪いくらいの笑みを浮かべて 
「俺もエイズなんだよ、タヒぬ前に君みたいな可愛い子とエイズ交換できるなんて最高だよ、ゴムいらないよね」 
と、本当に気持ち悪い顔で笑ったそうな。それでもう、グチャグチャになるくらい何度も暴行された。 
姉ちゃんは暴行で初めての男忄生経験をして、後日エイズが発覚して苦しんで亡くなった。まだ22歳だった。 
姉ちゃんを暴行して間接的に杀殳した男はエイズでタヒんだが、酷い話だ。 

何年も経ってテレビをつけると、専門家が得意げにまた「暴行されそうになったらエイズって言えばいい」とほざいていた 
相手のカス男は、エイズって言わなければゴムをつけるつもりだったんだと裁判で言ってた。 
専門家がいらんこと言わなければ少なくとも姉ちゃんはタヒななくて済んだかもしれない。 
テレビ局に抗議の電話をしたが、たらいまわしにされたあげく、ガチャ切りされた。 
専門家が知ったかぶって嘘の情報を流すってずうずうしくないか?ちょっと無理やりかもしれんけど 
本当に悔しい。




1:名も無き被検体774号+2017/07/01(土) 12:18:53.90ID:b5MJJOSE
書き溜めてます。けど慣れてないんで遅いかも。
約20年前に起こした胸糞事件についてです


343: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:24:03.36 0
私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、書き残させて頂きます。 

離婚した元妻に引き取られ、
会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。 
久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で
「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」 
私はとても喜びました。

次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。 
応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと
そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真より
ずっと綺麗になった娘が座っていました。

私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、
娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。
娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。
私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。

すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。
「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」


369: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 14:36:10.16 ID:vBpDW8Rs0.net
前の職場(消防署)でパワハラに遭っていた 
上司「俺はお前に指導料5億くらいもらえるはずだ」 
俺「ちょwww勘弁してくださいよwww」 
一同「wwwwwwwww」 
その後上司と二人きりになり 
上司「てめぇ先輩の言うことを断るとか頭おかしいのか?おかしいんだな?おかしい奴が市民の安全なんて守れないから辞めるかタヒぬか選べよ」 
と脅される

また、別の先輩と二人きりになり
先輩「あれはまずいよ。消防は上の言うことは絶対だから。『分割でお願いします』って言って毎月少しずつでいいから払わないと」
と言われる。


そこでその上司よりももっと偉い人がいる時を狙って野々村みたいに泣きじゃくって
俺「親と兄弟に生命保険をかけたので免責期間が過ぎるまで待ってください!!!免責期間が過ぎたらすぐにコロしますから!!!!!」
と絶叫した


68: 名無しさん@HOME 2014/10/02(木) 10:58:16.02
ささやかなDQ返しが返り討ちにあってスカッとしなかった話

共働きで時々残業で遅くなるため、トメが毎日凸してきて勝手に夕食を旦那と子供の分だけ
作ってる。私の分はない。残業でどうせ遅いからとの理由らしい。
旦那は植木等が真っ青になるほどのスチャラカ社員なので毎日定時退社。6時過ぎには
帰れるから僕が夕飯作るよと言ってくれてる(旦那は学生時代からの一人暮らしが長く
料理は得意)




このページのトップヘ