義兄

172: 名無しさん@HOME 2011/11/09(水) 11:18:20.11 0
まだギリギリ新婚の義兄嫁が少し前から実家に帰ってたらしい。
帰ってるのも知らなかったしうちには関係ないはずなのに、
義兄嫁実家からうちあてにお菓子や手紙が宅急速達で来た。
そして義兄嫁の母親から電話が来て、仲良くしてやってとかなんか言ってる…
私は今遅くなった産休中なんでそんな余裕はないと断った。
これが続くなら新婚で子供とかできないうちに離婚してくれないかなぁ
お菓子は食べるの気持ち悪いし、お礼添えて送り返した方が良いんだろうか?



58: 名無しさん@HOME 2011/11/07(月) 18:04:59.13 0
昨日、義実家に呼ばれて近所の神社の炊き出しの手伝いに行きました。
私鉄とJRが合流するターミナル駅で義兄嫁と待ち合わせて(双方子連れ)1時間かけて義実家へ行って
義兄はお祭りの準備で前日から義実家止まり、うちの旦那は出勤だったので不参加。
子供たちはお祭りに参加して私たちは炊き出しして洗い物してから夕方帰りました。
義兄は御神輿の宵宮があるとかで帰りも私と義兄嫁と子供でした。
帰りに下の子が寝ちゃったのでターミナル駅そばの実家に電話して車で迎えにきてもらうことにしました。
ターミナル駅で降りて、義兄嫁と別れてから私と子供は実家の車で帰りました。

ここまででどこかおかしいところがあるでしょうか?

今日になって義兄嫁から責める内容のメールが来てびっくりしてるところです。
しかもメールを見るのが遅れたんで無視されたと思ってヒートアップしてしまってます。
内容が支離滅裂なのですが何を攻めているのかがわかりません…


903: 名無しさん@HOME 2011/11/04(金) 20:26:55.22 0
私も北海道出身なんだけど兄嫁に、

「(ご先祖は)いつ北海道に渡ったの」(大正時代らしい)
「何故渡ったの」(知らない)
「自分から渡ったの?」(知らない)

等々
「渡った」の連発された。

なんか気分が悪かった。


852: 名無しさん@HOME 2011/11/03(木) 17:38:29.72 O
うちはTPOというか、義弟の結婚式の服装で義弟嫁とトラブったよ。
義弟夫婦は入籍してたけど、訳あって式や披露宴をやってなかった。
それで義弟嫁の強い希望で、チャペル式のあとホテルで派手な披露宴をやることになった。
末っ子義弟を溺愛してるウトメは乗り気だったけど、義兄夫婦と私達は「今さらだけどお祝い事だから出るしか無いよね」とお義理半分。
ウトメは義弟嫁から「ただでさえ式が遅れて色々言う人もいるから、格調の高い式にしたい。義実家側もちゃんと正装して下さいね」と言い渡されたらしい。
トメが、自分たちはモーニングと黒留、義兄と私たちはディレクターズスーツと色留で良いか確認したら
「それでいいです」って返事だった。その場には義兄嫁と私も同席してた。
式の当日に控え室で双方の親族が挨拶したら、義弟嫁の父親はダブルの略礼服であちらの身内男女ともそれに準じたというか、かなりアバウトな服装。
義弟嫁は「何でウトはそんな格好してるんですか?お義兄さん達も上下揃ってなくて変、ちゃんと正装って言ったのに」とむちゃくちゃファビョった。お馬鹿キャラかと思ってたら素だった。
義弟は知ったかした義弟嫁は悪くないし、トメや義兄嫁と私の三人で共謀してわざと現物(モーニング等)がどんなかを教えなかった、聞きづらい雰囲気にした。
式を台無しにして純真wな義弟嫁を傷つけた鬼ババ三匹は、一切嫁に近寄らせないと言ってる。
内心、承知しました喜んで~な気持ちだ。 

830: 名無しさん@HOME 2011/11/03(木) 12:02:16.34 O
話の途中、すみませんが義嫁の外見って気になりますか?
私、恥ずかしながら旦那とは再婚なんですが童顔でアラフォーですが30代前半に見られる事もしばしば。
見かけが綺麗とかではなく、ただ単に顔が子供っぽいだけなのでタメ口で話してた人が年を知って急に敬語なんて悲しい事も多いんです。
義兄嫁は私の童顔が気に入らないのか「義弟くんは見かけに騙されたんじゃない?」「年齢隠して再婚にこぎ着けたのかしら~」と旦那や義兄が居ない時に言ってきてた。
今年の正月に義実家に行った時にウトの姉さんが来てて「旦那くんは若い奥さんもらったわね~!義兄嫁さんも私さんを年の離れた妹と思って可愛がってあげなさいね!」と言った。
実は私と義兄嫁は同い年。
フンガ~!なった義兄嫁は何を思ったのかギャルが年取った風な感じのファッションをして出歩く様に…
ハッキリ言って太めで弛んだ体には痛々しい。
多分、私より見た目が若い格好をしたら勝てると思ったみたい。
義兄子達も義兄も恥ずかしくて一緒に出掛けたくない!と言われ週末は留守番オンリーらしい。



このページのトップヘ