結婚式

390: 愛と死の名無しさん 2013/12/12(木) 00:27:02.88
先日思い出した、会社の後輩(♀)の不幸な結婚式。

美人で有名な後輩が結婚するとなって、わくわくしながら出席した。
多少新郎側の出席者が少ない気もしたけど、気にならない程度。
新郎新婦は美男美女、式も滞りなく進み、
披露宴の余興も押し付けがましくなく、とても良い式だった。
途中まで。

途中、酔っ払った新郎恩師がスピーチ台に立った。
高砂近くに座ってた友人曰く、「新郎の笑顔がちょっと固くなった」。
プログラムに無かったので「?」と思ったが、
サプライズだと思って皆拍手。
そして新郎恩師は爆弾を投下していった。

「えー新郎君は、あはは、いや新郎ちゃんかな?
新婦さん、騙されないように!新郎は女です!
オナベも続けてると、引き返せない所まで来ちゃうんだな~。
しかしここの式場は女同士でも結婚できるんだな!
まぁ見た目が良いからマシだけどな~。
あ、新婦さん、新郎は『無い』から、
子供が欲しいならいつでも連絡してね!」

会場が凍った。
新郎は顔真っ青、新婦は鬼の形相。
恩師はどこかに連れていかれた。
披露宴は早目に切り上げられ、
新郎は「体調不良」で見送りに来なかった。


210: 愛と死の名無しさん 2010/06/01(火) 21:54:09


ホテル内の教会での式に参列してきました

綺麗な花嫁さんの隣には坊さん
待ち受ける花婿も坊さん
アベマリアの流れる中バージンロードを歩く坊さん
顔をくしゃくしゃにしながら待ち受ける花婿坊さん

引きつった顔の雇われ神父
神の名の下にとか、ためらいながら言う神父

神父が不幸だった式でした

932: 愛と死の名無しさん 2009/07/30(木) 17:00:57
昔出席した結婚式の話だが、当日新郎と新郎妹が揉めて、 
逆上した新郎妹が、高砂に座ってた新郎のヅラを剥ぎ取った事があったな 

もちろん新郎はヅラだという事を伏せていたんで、場内が一瞬で凍りついたよ 

固まる新郎新婦と客に、「ほらほら~皆さんこいつハゲですよ~wハゲがハゲ隠して結婚なんてふざけ過ぎwww」と新郎妹が言い放った途端、新婦がドレス姿で飛び掛った 

新郎妹どつきまわしながら
「人の隠してることばらすなあああああ!!」と絶叫
そのまま二人で高砂吹っ飛ばすほどの大乱闘
新婦むちゃくちゃ強くて止める外野を掻い潜り、最後泣き喚く新郎妹タックルで床に沈めて、
「ハゲの何が悪いのよ!ハゲでもいいじゃない!どうせ年取ったらみんなハゲるでしょ!ハゲでも好きなのよー!」と大号泣

何かこっちの目頭が熱くなった式だった
新郎より独り身のこちらが不幸な気分になったわ

333: 愛と死の名無しさん 2013/12/07(土) 16:09:12

新婦同僚で参加してきた結婚式の話

前々から大企業のイケメン新郎を捕まえたと触れ回り、
婚約指輪を職場につけてきていたりと得意気だった新婦
どんな新郎だろうと当日を迎えたらお世辞にもイケメンとは言い難いハゲw

新郎同僚の余興はハゲ連呼の替え歌、友人一同が高砂に寄ってはおいハゲ、とにかくハゲの連呼…
新婦サイドも、ちょw笑うなよwwみたいな雰囲気

ハゲってこんなに絡まれるのかと衝撃を受けたけど、
全部新郎新婦の人徳のなさだよとの他同僚の話で納得
まあお似合いなんだろうな~と思った不幸?な結婚式

542: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/03(水) 00:58:54 ID:qcRII6to
1年ほど前、友人に彼氏を寝とられた。 
そりゃしんどかったが、男を見る目も友を見る目もなかったのだと 
自分を納得させ、徐々にそんなことがあったというのも思い出さなくなってた頃、 

「おめでた婚です(はーと 式に出席してね♪」とかいうハガキが届いた。 

「氏ね」と書きたい衝動を堪えて「受取拒否」と大書きし、ポストに投函。 
その受取拒否が相手に届いたと思われる頃から、突如電話&電話攻勢。
いわく「あなたが祝福してくれなきゃ、私たちが幸せになれない!」とか 「一度は愛した人の幸せをどうして祈ってくれないの!」とか「赤ちゃんに罪は(ry」

指定番号によるる着信拒否だけじゃ収まらなくて、非通知拒否、公衆電話拒否、果てはアドレス帳外拒否までするはめになった。
しかし、さすがにこれで静かになって一安心と思っていたところ、別の友人より着信。

出ると、ヤツで
「あなたも心から愛する人ができれば判るはず!! いい加減ひがむN(ry」
ここまで聞いたところで終話して、その友人も一時的に着信拒否。
(後で聞いたら、ヤツに貸したことはなく、どうも勝手に盗まれ使われ、戻されたっぽい)

そろそろ自宅襲撃が来そうなんだが、どーして私がここまで粘着されねばならんのだ!
神経判らん通り越して、そろそろ怖い。


このページのトップヘ