結婚式

588: 愛と死の名無しさん 投稿日:2011/10/21(金) 15:38:22.94
数年前の兄の結婚式での話

もともと結婚式自体する予定はなかったんだけど新婦祖母の一声で決定
この新婦祖母が新婦一族で一番の権力を持っていて基本的に逆らえないらしい
とはいっても費用も準備も新婦祖母とその仲間たちが全て受けもつということで
結婚式というより親族集まっての食事会みたいな感じだった

それから起こったことを簡単に書くと
当日の料理がへぼ飯
新郎側ドン引きするも失礼に当たらない程度にやんわりと拒否
新婦祖母激怒
新郎側一応謝罪
新婦祖母「こんな奴らと結婚するのなんて認めん」
ガタガタなまま解散
後日新婦親戚が新婦に離婚するよう説得開始
新婦両親に助けを求めるが「親を困らせないでくれ」と味方にならず
「もうあんな奴ら知らない」と新婦が絶縁宣言
以後子供が4歳になった今まで新婦側親戚(両親含む)と一切の接触なし



501: 愛と死の名無しさん 投稿日:2011/10/19(水) 13:55:03.63
友人の結婚式の話
その結婚式の参加者は偶然にも甲殻アレルギー持ちが多く
新郎上司、新郎恩師、新婦父親、新婦友人の4人のアレルギー持ちが参加してた
新郎は恩師から何度も「俺は昔カニを食べて死んだ」話を聞かされており
新婦は父親と親友という近い人間がアレルギー持ちであったため
新郎新婦共にアレルギーの怖さは十分理解してた
だからプランナーには衣装や費用などの話より「エビカニ料理は出すな」ということを再三申告していた

そして式当日
予想外というか予想通りというか料理にエビが混入していた
それも見た目でわかるものでなく、すり身にして肉団子にされたエビが
対策は万全だと聞いていたため何の疑いもなく料理を食べていた新婦友人が苦しみのたうちまわった
ざわつく会場とその会場に響き渡る「えびぃぃぃぃぃ!!」という新婦の叫び声


476: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/11/26(木) 23:26:18
あるチャペルで結婚式が行われている最中に、中年の女性が大声で叫びながら
後方の扉を開けて乱入しようとした。
出席していた来賓達は、一瞬「何事?」と思ったけれど、幸いスタッフが
すぐに中年の女性を取り押さえ、つまみ出したので大事には至らず、そのまま式は進行した。

スタッフが聞いた話では、
なんでも、その中年の女性、娘が事故で急に手術が必要になったのに、
AB型Rh?ヌルなんちゃらっていう珍しい血液型の持ち主で、血液センターの
ストックじゃ全然足りない。
色々調べて、今挙式中の新婦がその血液の持ち主だってんで、
献血を頼みに来たらしい。(相当慌ててて、正気を失っていたらしい。)

スタッフは、その話を新婦の耳に入れる前に、新婦の両親に事情を話したんだけど、
新婦の両親は、スタッフに
 披露宴は中止しない。
 新婦不在のまま開演することもしない。
 招かざる客を排除するのも、式場の仕事。
 この話は、来賓はもちろん、娘の耳には絶対入らないようにしてほしい。
というような事を言って、そのまま披露宴を開催。

中年女性と娘が、その後どうなったかは知らない。

372: 愛と死の名無しさん 2013/05/15(水) 13:05:13.54
親戚の結婚式で開始5分前になっても新郎新婦の招待した友人たち約30人ほどが来ていなかった。
受付を頼んでいた友人も到着していなかったらしく、仕方がないので新婦姉が受付してた。
新郎新婦と両親たちは準備でいないし、親戚の対応を全て新婦姉がさばいていて大変そうだった。

まさか新郎新婦が嫌われていてドタキャンでもされたのかと一瞬頭をよぎったが、
二人とも良い人なのでそれはないよなーと思っていたら、友人たちがようやく式場に駆け込んできた。

人数が多かったのでバスを手配していたらしいのだが、プランナーが集合場所を間違えてバスの運転手に伝えていたらしい。
挙句の果てにバスの運転手が新人だったため道を間違え遅れたらしい。
理由を聞いた新婦姉ははらわたが煮えくり返った顔をしていたが、ここでは耐えた。

終了後こんなことがあったと聞かされた新郎新婦が抗議したが
プランナーが反省した様子も見せずに
「終わりよければ全て良しってことで☆」
と言ったのをたまたま目撃した新婦姉がキレてしまい胸倉をつかんでガクガクいわせてた。
新婦姉はプランナーが泣くまでやめなかった。

式自体はどうにか無事に済んだからまだマシか。

236: 愛と死の名無しさん 投稿日:2011/09/19(月) 20:14:09.51
旦那が友人の結婚式から帰ってきたが、様子がおかしい。
お友達と久し振りに会えて良かったね。楽しかった?
新婦さん綺麗だった?お料理美味しかった?二次会参加しなかったの?
何を聞いても無言。ぼそりと一言「疲れた…寝る」
あの~携帯鳴ってるよ?出なくていいの?あ、そう。じゃ、お休み。
寝室からドヨーンとした気配。
そっと覗くと、ベッドで大の男が背中を丸めて涙を堪えている(多分)

…不幸な結婚式フラグな予感


このページのトップヘ