結婚式

179: みき 2011/01/28(金) 21:50:51
七年ほど前の友人(新婦)の結婚式がちょっと可哀想でした。
式を挙げる一年前にお母さんが急死。
新婦は先天的に体が弱いということもあって、両親に大切に育てられ、とても仲の良い親子だったので、悲嘆に暮れてました。
体重は十キロ以上落ちてたと思います。

しかし、優しい新郎さんに支えられて立ち直り、結婚式も無事にあげられることになりました。

結婚式の日取りも決まり落ち着いてきた頃、なんと父親が再婚することが発覚。
母親が死んで半年しかたってません。。。

しかも、新婦の結婚式よりも前に入籍するとのこと。そして、結婚式にも再婚相手が母親として参加したい。新婦が最後に読む手紙に再婚相手を登場させてほしい。
色々な要求が降って湧いてきました。

新婦は、最愛の父がなぜこのようなことをするのか、母親のことは愛してなかったのか、とても苦しんだらしいです。

新郎は亡くなった母親とも交流があり、そして、新婦が母親が亡くなったことでどれだけ悲しみそれを乗り越えてきたか知っているのでその話を聞いて激怒したそうです。

新郎新婦が話し合った結果、再婚相手の方が参加してもらうのはいいが、母親としてではなく親族としての参加にすること。
新婦にとっての母親はただ1人であること。
手紙には登場させないこと。
文句を言う人は参加しなくていいこと。
ということになったようです。

結果として、あたたかで感動的な式でした。
ただ、この事情を知っている参加者たちは、
「辛いこと沢山あったのに、よくぞ乗り越えてきたね、、、!」
という意味でも号泣してました。。。




970: 愛と死の名無しさん 2011/01/25(火) 19:14:26
私の結婚式話をひとつ。
携帯から失礼します。

できちゃった婚の私達。
双方の家族にも恵まれ、裕福ではありませんが幸せに生活していますが、唯一心残りなのは結婚式ができなかったこと。

娘が1歳を迎え、今年できなかったら来年は七五三、その後は幼稚園……とお金がかかるのでこの先一生できないだろう、ということで念願の挙式を執り行うことにしました。
本来であれば、質素に挙式+身内だけで食事会というところですが、友人達の希望で披露宴も開くことにしました。

子連れなので、安価で打ち合わせの少ない式場を予約し、半年後を楽しみにしていました。

……が、待てど暮らせど打ち合わせの連絡が無い。
担当の不手際で1度で良かった打ち合わせが5回に。
(本来ならメイクや衣装など他部署の担当と時間を合わせ、1日で終わるようにお願いしていた)
更に前撮りの打掛に衣装混入、引き出物の予約がされていない、振込みのはずが金が行方不明……とげんなりすることの連続。
我慢の限界で大クレームに(ごめんなさい)

式当日は、担当プランナー、式パーティー担当部署の主任、メイク主任、衣装主任、カメラマン2人(万が一の為の保険)が付くというという厳戒体制。
これなら大丈夫だろうと安心する私と、失敗は許さないという緊張たっぷりの主任達。

で、スレタイ。w
挙式BGMが他人のもの、娘の衣装(勿論私物)をパーティー担当の主任が破る、披露宴用の席札紛失、司会が旦那の上司の役職を間違え会社連中+旦那真顔、両親に贈呈する花束に伝票が付いたまま……という。
私達は笑顔(つもり)で式を終えましたが、見送りを終えてドレスを脱いだ後、控室でスタッフを怒鳴りつけてしまいました……。

蛇足ですが、私の家庭が複雑で、またその後更にブチ切れる展開がありましたが、それはスレチなので省略。
最悪の結婚式(場)でした。

今では笑い話ですがw

流れ豚切失礼しました


377: 1-4 2011/01/14(金) 10:27:06
昔、新年早々結婚式があった。
地元に帰省してる人が多いから合理的といえば合理的なんだろか?

高校時代の友人の結婚式に行ってきた。
場所は新郎の地元。
私は新婦側友人。
新婦は地元出身ではないので新婦友人達はみんな遠方。
たまたま独身の私だけがその地方の近くに仕事で住んでいた。
なので、時期的なこともあり新婦側友人は私一人となった。
年齢的に皆、新婚さんだったり妊娠してたり小さい子供がいたりで、新年早々結婚式とはいえ雪国へは来れなかった。
対して、自分の地元の結婚式となった新郎側の友人はかなりの人数。
男性の友人だけでなく女性の友人も多くいた。

最初はごくごく普通に乾杯があってスピーチが始まった。
普通は上司などのスピーチがまずあるはずなのに、上司という立場の人が見当たらない。
しょっぱなから、新郎親族が延々しゃべる。
内容は田舎ではよくある内容。
子供をたくさん~妻は夫に~夜は~とちょいセクハラ系。


47: 愛と死の名無しさん 2011/01/01(土) 16:48:35
年賀状見てて思い出したよ。幼馴染の結婚式

彼の家は、祖父が旧帝大の元教授(その分野の大先生だったらしい)
親父はそこの現役教授
新郎は県外の私大→そこの院(学歴ロンダ)→地元で就職
新郎は小さい頃から祖父/父の後継になれプレッシャー下で育てられたんだけど
残念ながらそこまでは至らなかった。
新婦は他県の普通の会社員の一人娘で、二人は学生時代からの付き合い

んで式では祖父が主役扱い+家父長丸出し。
新郎側スピーチは院の担当教授=祖父の教え子で、祖父を褒め称える話が延々と‥
友人スピーチも院の同窓で親父を(ry
とどめに親族挨拶が祖父。新郎は頼りない子供だった・早く男子生んで後継教授の道を‥とか言ってる

挨拶中、新婦はうつむいて諦め顔だし新婦両親は顔が引きつってる
会場中が時代錯誤な家に嫁いだな・新婦大変だぞ、な雰囲気

数年後。子供が出来たのを契機に夫婦は一大決心、転職して新婦実家に同居した
GJだよ。頼れる夫になったんだな、と思ったよ(奥さんに敷かれる男にジョブチェンジしただけかも試練が‥


454: 愛と死の名無しさん 2010/08/22(日) 09:17:25
友人(新婦)の結婚式に参加してきた。
友人の実の母親は、友人の幼稚園の時の担任と
卒園直後に駆け落ちしてしまい父子家庭だったが小2の時に再婚し、以後は父親と継母と後に出来た弟と暮らしていた。

継母は友人を弟とかわりなく可愛がってくれたが
友人は照れ臭くて「お母さん」と呼ぶのをためらい
ずっと「(名前)さん」と呼んでいて、少し距離をとっていたらしい。

そんな友人の披露宴に、ずっと連絡してこなかった実母が乱入。
しかも留め袖を着て、新婦母の席に座ろうとした。
新婦はこの時は控室に居たが、騒ぎを聞き付けて実母のもとへ。
実母、ウルウルしながら「こんなに大きくなって…お母さんよ」と言った。
それに対して新婦が「あなたは誰ですか?私のお母さんはこの人ただ1人です!」と言って継母を指差した。

それに対して継母と継母方の祖父母号泣、
父親は「そいつをつまみ出せ!」と殴りかかろうとする父方祖父を取り押さえながら
「式場を間違えているのでは?お引き取り願います」と冷静に言い放った。

実母は新婦側の親戚に抱えられて退場、披露宴は問題なく始まったが
実母に乱入された新郎新婦と
騒動がよく分からない周りの方々は不幸だったと思う。
(私は幼なじみで実母の顔も覚えていたので騒動を理解できたけど…)



このページのトップヘ