結婚式


367: 名無しさん@HOME 2009/12/15(火) 22:23:48 0
来年秋に義兄子(姪)の結婚が決まった。
レストランウエディングにするそうだ。 
その式で「姪子ちゃんのためにピアノを弾け」と義兄嫁と義兄から命令が下った。 
私は小さい頃からピアノを習ってて、今でも趣味としてピアノは弾いている。 
でももっぱらクラシックのピアノ曲ばかりで、義兄や義兄嫁が期待してるような 
ポップスとかジャズは弾けない。 
人前に出せるだけにしようと思ったら、それなりの時間をかけて準備がいる。 
義兄夫婦は、ピアノが弾ける=なんでも弾ける=リクエストも思うがまま、カラオケ 
マシーンの代わりもOK、みたいな間違った認識を持ってるぽい。 

というか、何よりも私自身、ピアノはあくまで自分の楽しみとして弾くもので、誰かに 
聞かせるために弾くのは嫌だから、弾けたとしても結婚式で弾くのは真っ平ゴメンなんだ。 
(これは姪に対する感情抜きにした性格的なものなので、賛否あるとは思うけど) 

だから「嫌です」「無理です」「できません」と延々断っているのに、「簡単な曲を 
ちゃちゃーっと弾けばいいだけなんやから」「ええやんか、簡単なことや」と聞きいれてくれない。 
っていうか、そんなに「簡単」を繰り返すなら、今からオマエら習いに行って、かわいい 
我が子のために弾いてやればいいじゃないか、と思う。 

しかし、一番むかついたのは義兄夫婦の発したという一言。 
少なくとも私のピアノのために義兄夫婦に何らかの負担をかけたことはない。 
姪はかわいいけれど、絶対に弾くもんか。 
夫は殆ど親代わりに面倒を見てくれた年の離れた義兄夫婦には頭が上がらない 
らしく、当てにならない。
けど、絶対に断る。



540: 名無しさん@HOME 2016/12/05(月) 16:59:18.87 0
私が小学5年くらいの話 
なにか夜遅く帰ったか宿題をサボったかして、
私だけデザートのケーキは無いよ、と母親に言われた 

当時4人家族で4つケーキはあったけど、
やっちゃったし仕方ないな、と反省してケーキを手につけなかった 
翌日ケーキは1つになった、
私はお母さんケーキ食べないの?と聞いた、
母親は何か思ったのか、ケーキを食べていいよ、と言った

ふざけるな!と私は怒りが急上昇してケーキを叩き潰した 
食べ物を粗末にするな!と母親に叱られた、
お母さんは嘘つきだ!と母親に猛反発した 
結論として、自分で叩き潰したケーキを食べた 

20年経った今でもこの件を思い出すことがあって母親を信用できない。
結婚式直近の今、100点の仲のいい親娘とか言われるとすごくもやっとする



9: 名無しの心子知らず 2010/06/08(火) 15:50:34 ID:bkvqdi6L
結婚式に1歳の娘を連れてきた友達夫婦。 
招待状にはあえて娘の名前を入れず
招待していなかったのに、 
『連れて行っていーい?』 

親に預けられる環境の子だから唖然としたけど、
まぁ夫婦で呼んでるし仕方ないかと快諾。 

挙式披露宴共に配慮してベッド用意したり
おやつや遊び道具も用意、
すぐにロビーに出れるよう端の席にしたりした。 

披露宴で多少泣かれたけど、
自分も楽しかったし無問題だったんだが後日、 

『あなたがお色直しでいないとき、○○が各卓回ったの~』 
『なんかビデオの人が○○のことかわいいって言って
ずっと張り付いて撮ってたけど大丈夫?!
○○ばっかりだったらどうしよう~』 

式終わった直後で
ナーバスになってたところにこのメール内容。 

正直かわいい子だから、本当にビデオが
その子ばかりだったらどうしようと真剣に悩んだし、
いろいろと配慮したのにお礼もなく、
言われたことが悲しくて泣いた。 

『○○かわいかったけど、
昨日くらいは私を主役にして欲しかったよ~(苦笑)』 
と返すと 
『ほんと○○って罪な子だよね~(ハート)』 

返す言葉もない。 

自分が子ができても、
絶対こんな馬鹿親にはならないと誓った。


85: 名無しさん@HOME 2012/03/21(水) 01:03:11
>>58 
つらいならまだ吐き出せる時期じゃないんだよ。 

私がまだ小学生だった頃、母がジサツした。 
ジサツにまで追い込んだ父を未だ許せていない。 
連絡を絶ってもうすぐ10年。 
私に娘が産まれたことは、まわりが知らせたみたいだけど 
一生会わせる気はない。

だけど、周りからは勝手なこと言われますよ。 
「あなたも人の親になったんだから、もう少し丸く・・・」 
「お母さんが亡くなったのは、もう自分の役目が終わったからだ」 

その都度、心の中が修羅場だった。


563: 愛とタヒの名無しさん 2010/08/25(水) 12:41:36 
多分、不幸であったと思われる結婚式。 
本家の隣が数年前に改築して、小洒落たレストランになったんだけど、 
大きな窓から素敵な庭を眺めながらのウェディングがウリ。 
(レストランがそれを売っているのではなくて、口コミで人気らしい) 
と、いってもその庭は、今年88才のうちの大ばあちゃんが趣味で作っているもの。 
レストランが出来た時に、家族で行ってみたけど、いやあ~ 
縁側に出るときも、おしゃれしないとねえ(けっこう丸見えなんで)
と、はしゃいでました。


このページのトップヘ