151: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 17:20:28.33 ID:EJKhP41x.net
物心ついてから20歳までずっと体調不良だった。
その原因がわかった時が修羅場だった。 

症状としては、とにかくだるい。内臓がだるい。あと食後の吐き気。 
胃腸のどっかが悪いはずと中学頃まではあらゆる検査をした。 
でも異常なし。親にも仮病を疑われるし、
だんだん総合病院の先生にも相手されなくなって精神科?にまわされた。 

精神科ではなにか悩みがあるの?学校行きたくないのかな?とか
的外れな質問ばかりされたときも心が修羅場だった。 
気持ちが楽になる薬とかだされたけど、
一日数回襲ってくる異常なだるさと吐き気以外は悩みないから必要ない。 
でも飲まないと病院つれてってくれる親に申し訳ないので、
大量の水で飲んで自室でティッシュにはいてた。 

高校では保険の先生と担任にめぐまれて、
一生付き合っていく覚悟決めろと背中押してくれた。 
だるさの中、3年間粛々と勉強やって、
大学に進学してなんとか一人暮らしはじめた。 

でも一人暮らし始めたら症状悪化した。
サークルも入れず、またなんとか勉強して単位取るだけの日々。 
2回に上がったころ、吐き気のほかに蕁麻疹がでだした。
どんどん悪くなる、就職とか絶対無理だけどニートなるくらいなら
タヒにたいとか考えるくらい追い込まれた。 
でも結果的に蕁麻疹のおかげで原因が判明。 

原因は米アレルギーだった。 

一人暮らしはじめて体調が悪くておかゆばかり食べてたんだけど、
食後ひどくなってだんだん引いていく蕁麻疹見てまさかと検査したらビンゴだった。 
私のために健康的な和食を毎日作ってくれた母。 
体調悪いときも、食欲がなくても、一口でもたべて
健康になりたいとお米を口に運んでいたことが毒になってたと思うと今でも修羅場。 

青春の大事な部分をいろいろスルーしてしまったけど、
ぎりぎり就活に間に合ったのでまぁよっかったのかな。。。 






900:名無しさん@HOME2011/11/10(木) 15:27:54.47 0
大変だ、米を酢で炊くと目にくるぞ
米を炊いておけと命令された義実家から帰宅してもまだ目が痛い




219:おさかなくわえた名無しさん2018/05/19(土) 15:36:34.96ID:piLDwh6g
高校生のときに、修学旅行で泊まった宿でのこと。
その宿でのはじめての食事に出たご飯が臭かった。
私も含めて周りの子たちもヒソヒソと「なんか臭いよね」「ちょっとまずくて無理」と囁いてた。

女将さんらしき人に「どうぞご飯はたくさんありますので、どんどん食べてね」とか言われたけど、
愛想笑いして、結果おかずだけ食べてご飯はほぼ丸残しだった。

何が衝撃って、家の学校の生徒(約500人)みんながご飯だけ残していたこと。
やっぱり、新潟県人相手に古米のご飯は出しちゃだめってことなんだろうな…
とみんなで納得してた。




206:名無しさん@HOME[sage]2013/10/17(木) 09:31:59.78 0
私が作ったものはお茶漬けでも不味いらしく、必ず半分まで食べてから捨てる同居トメ
仕方がないから炊いてないお米を茶碗に入れて
「干し飯です」とだけ言っておかずなどに手を出させないようにした
2日ほど繰り返したら、イビリが始まってから散々〆てきた夫にチクって逆に追い出されたので記念カキコ。

コンビニが徒歩十分の位置にあるからといって、
年寄りにご飯を食べさせなかったのはDQNかなぁと思ったのでこちらに




26: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 22:07:03.44 ID:iwYJcr5y
食べ物で思い出した 
うちが農家やっててお米作ってるから、小さい頃から 
うちで作った新潟県産コシヒカリしか食べたことなかったんだけど 
小学校高学年の時に、友達の家で食べたブレンド米に衝撃を受けた 
あまりにもまずくて臭くて本当に飲み込めなかった 
うちは美味しいお米を食べていたのか、と初めて知った



436: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/02(月) 20:16:00.68 ID:0QzRa4Jk
知的障害の人って食品は良く聞くけど、宅配便の配達ってどうなんだろうか?
ゆうパックで米30kgを送ってもらった事があったんだが、配達人が知的障害の人で、
色々とやらかしてくれて色々と大変だった。

ドア開けたら玄関口に米が散乱。袋が開いてて量がすげえ少ない。おまけに中はゴミ
まみれ。ビックリしてる間に何も言わずそのまま帰ろうとしてたんで、車まで追いかけた
んだけど、玄関口から廊下階段を経て車まで米がこぼれてて、ますます混乱。ドライバー
を問い詰めたんだが、会話が噛み合わず全然埒があかない。しまいにゃ泣き始めて。。。
担当の局に電話して責任者に来てもらったんだが、どうやら運搬中に開いてしまった、
荷台に米が散乱したからそれをかき集めて詰め、そのまま引きずってきたらしい。

知的障害のある人だから、謝罪だけで許して欲しいと言われたけど、許せるはずもなく。
最終的には別の人を呼んでもらい、揉めに揉めて、その後保険で弁償してもらいました。
差別っぽい事言われたけど、善悪の区別つかない人に金品預けるのはどうなんだ?と。
しかも損害は利用者負担を暗に求めてくるってのも、どうやっても納得いかなかった。

給料前で米当てにしてただけに、解決するまでの1週間が密かに修羅場だった。


594: 名無しさん@HOME 2011/06/16(木) 21:08:45.63 O
去年亡くなったトメからは、結婚して三年くらいなのにイヤゲモノを沢山貰った。とっくに亡くなってる大トメが着てた服や、夏野菜を常温便で大量とかだけど、中でも一番始末が悪いのが古~い米だったな。

自分たちが食いきれなかった古古米を、高い送料払って十キロ単位で送ってた。何度も断って、とうとう夫が受け取り拒否したけど「親不孝な真似して、着払いじゃ無いだけでもどれだけ有難いか」とか言ってめげずにまた送ってきた。

トメはまだ五十代半ばだったけど、トメ実家が米農家だったせいか、常に食料、特に米が備蓄されてないと不安で堪らない人だった。
業務用みたいなデカい冷蔵庫に、米や漬物や保存食を大量にキープしてた。農家や地方ならそんなライフスタイルもありだけど、都市部のマンション住まいだと量を貰っても困るってのを、タヒぬまで理解しなかった。というか、本当は解ってて嫌がらせしたと思う。
義実家に初めて行った時「ちょっとご飯足りないみたいだから」って理由で、私だけ別に炊いた灰色っぽい臭いご飯をよそわれた。何か変で食べなかったけど、今にして思うと正解だった。

ありがとうって素直に受け取りなさい。
お米を粗末にするなんて日本人じゃない。
今の人は食べ物の有り難みを知らないのね。
これがお決まりのセリフ。

貰った段階で、米の中にピンクのモニョモニョした虫やコクゾウがいるんだよ。袋の口を開けるとガみたいなのがヒラヒラ飛び出すし、下のほうは粉になってる。

義兄嫁の話だと私たちが結婚するまでは、毎年余る米を古い順に飼い犬に食べさせてたらしい。
夫も初めて米が届いた時にピンときて「俺は犬と同じ扱いかよ!」ってかなり抗議した。トメはすっとぼけてた。

トメがぽっくり亡くなったあと、訳あってトメのご位牌を義実家から引き取って私家でお守りする事になった。
ベランダのロッカーに放り込んでた最後のトメ米を、ご仏飯にお供え申してザマアしたい誘惑に駈られてる。
ただ、あの袋をあける、ましてや炊くのはかなりの勇気が必要だ。


引用元: ・■□舅姑から来るウザイ電話・手紙・ナマ物 その80□■


948: おさかなくわえた名無しさん 2008/01/15(火) 01:22:18 ID:SHdd0hGw

こないだスーパーに行ったら、
DQNの子ども二人(多分兄弟)が大暴れしていた。 
棚の間を走り回ってお菓子を落としたり、
カートに乗って走り回ったり、 
人を挟んで左右で
隠れっこしたりしている。 
俺はいつもなら
見て見ぬふりするヘタレなんだけど、 
前の日徹夜ですんげ眠かったのと、
腹が減っててイライラしていたんだな。 

通路に積んである米袋に、
ガキが上って遊び始め、 
小さな米袋が破れて
中身がザーっと流れ出た時、
怒りがピークに来た。
「くおぅらあああてめえら!
食い物の上に立つな!!
自分の金で何も買えんくせに
オラあぁぁ親はどこだ!」

ガキどもは血相を変えて米から飛び降り、
走って逃げようとするが
俺は兄貴とおぼしき方の首根っこをつかまえ、
走り去ろうとする弟に
「おい、とーちゃんかかーちゃん呼んでこい!」
と言い放った。

しばらくして、
これまたDQNな母親が、
店員に引っ張られるようにやってきた。
どうも兄貴の方を見捨てて、
弟だけ連れて店から出ようとしていたらしい。
俺は、緊張がピークで声も震えたが、
頭は沸騰しているので、
「お前は自分の息子にまず謝れ!
そして親子で店に謝って弁償しろ!」
と怒鳴ると、
「すぃませぇん……」
みたいな、ふてくされた感じの母親。
息子二人はすでに号泣。

そこで、母親を引っ張ってきた店の人が
「店のものは弁償できますが、
人を不快にさせたことと、
この子たちの人生は弁償できませんよ」
と、落ち着いた声で言った。

母親は、大して
反省している様子もなかったが、
この言葉に顔を真っ赤にし、
しぶしぶといった様子で頭を下げ、
レジで米代を弁償した。
俺は店長にお礼を言われ、
持っていた弁当をタダにしてもらったw

最終的には店長GJだけど、
俺としては頑張った話。長文スマソ。



このページのトップヘ