231: 名無しの心子知らず 2013/07/19 16:00:14 ID:vzWhrvHi
私がまだ小学生のころ、父が再婚した。 
その再婚相手はクレクレ・寄こせ!攻撃が凄い女だった。 
ある日の朝、パジャマを着替えようとして箪笥開けたら、私の服が一着もない。 
仕方ないので、前の日にきてたジャージを着て学校へ。

学校が終って帰ってきたら、箪笥の中にはボロボロの服しかない。すぐに 
父方祖父母に電話してきて貰い、新しい服を購入してくれた。 
が、それも次の日には無い! 
祖父母が父と再婚相手を詰問すると再婚相手が突然喚きだした。理由は 
「前妻の子がブランド服ばかり着ているのが腹立たしい。再婚相手の子にも 
勝手あげたいけど高くて買えないし、再婚相手の従姉妹の子達にあげれば、 
再婚相手の実家も鼻が高いし、第一、親なし子の私にはもったいない。 
そんな金あるなら再婚相手一族の生活費をだせ!」 
もう、分け分からんし金!金!金!ばかりでヒステリー状態。