破談

238: 愛とタヒの名無しさん 2010/08/17(火) 00:01:29 
従姉の式にに私と夫、五歳になる息子が招待された。 
しかし息子には障害があるため私のみの出席で返事をしたら 
「息子ちゃんも是非来て!」 
と従姉から電話が。 
息子には多動があるし、興奮すると悲鳴のような大声をあげる。カメラのフラッシュが苦手でパニックおこすから無理と言っても 
「私子供好きだから大丈夫!フォローするし!」 
と楽観的な答えしか返ってこない。 
しばらく無理無理←→来て来ての堂々巡りなやりとりを繰り返していたら突然従姉が泣き叫ぶように言った。 
「お願い!息子ちゃんが来てくれないと結婚ダメになるかもしれないの!」 

聞けば、従姉の相手のご両親と親族に息子の障害の事が知られた時に 
「障害者がいるような家系の嫁はやめておけ」 
という空気になったそうで。 
「息子ちゃんと会ってもらって安心してほしいの!披露宴の間だけでもいいから!それくらい平気でしょ!? 
来てくれないと人前に出せないほどの障害者って思われちゃうよ!」 
人前に出せないほどの障害者だから無理、安心させるどころか不安にさせるだけ、弁償沙汰の可能性だってある、そもそも息子の障害は遺伝関係無いよと伝えて私も欠席に変更してもらった。 

その後従姉は破談になったらしいけど一切連絡取ってないから詳しい事は知らない。 



514: 愛とタヒの名無しさん 2011/11/20(日) 10:41:19.10
自分がびびった結婚式の話。
後輩のAちゃんは気立てもよくてぽちゃりして癒し系で可愛いのに付き合っても
結婚の話が出てもすぐ相手親の反対で破談になっていた。
理由はその頃知らなくて、良い子なのにねと会社の仲間でも不思議がっていた。
そのAちゃんが途中採用で転勤してきた人と付き合い今度は結婚できることに
なり結婚式によばれた。私達職場の仲間で余興をしましょうと言う事で
私が余興を仕切り余興の司会もした。もともと両方の招待客も会社関係で
知り合いが多かったので、自分でも上手に下品にならずに盛り上げられたと
思う。余興に出てくれた同僚にも次は自分の式でやってくれと頼まれたから
自画自賛じゃないと思う。それで和気あいあいで終わってロビーで同僚と
話していたら新婦の叔父さんと言う人がさっと手を出して体をかがめて
「お嬢さん、姪の為にありがとやんした。おかげで姪の体面も保てました。
親族全員恩に着ます。何かあったら呼んで下さいやし。」と名刺をくれた。
はい!有名な893の団体名がありました~結構地位が上の人らしい。
Aちゃんが結婚話が出てもすぐ破談になったのは、相手が身上調査をしたから
だとその後の話で知った。
それでも数年たつ今でも離婚してないですし、子供も年子でばんばん出来てる。
仲良くやっているようです。
私は残念ながらお世話になることなく、旦那の転勤で退職して今は遠隔地にいるので
Aちゃんとは年賀状だけのお付き合いです。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 107 *****


296: 愛と死の名無しさん 2006/12/13(水) 19:54:08
数年前の話。
遊ばれたり、本気で付き合ってたら妻子持ちだと判明したりでなかなか良縁に巡り合えなかったA。
やっと「心から信頼する人と巡り合えた」と言って結婚、披露宴をすることに。
今まで本当に苦しんで泣いてきたAを見てきたので招待された皆、心から祝福していたのですが、
そんな中、前々からAを妬んでいる節があったBだけが陰口を繰り返していました。
そして挙式・披露宴は恙無く終わったものの、2次会で事件が…。
学生時代からの趣味の仲間が全員招待されていたのですが、
その中にはAの元彼C(かなり前に円満に別れていて今はいい友人)がいたんです。
Bは新郎と最初は談笑していたのですが、突然、
「Aはおとなしそうに見えるけど、男性関係激しかったの。このCも元彼で他にもたくさん。不倫も…」と暴露。
顔色を変えた新郎、真っ青な新婦。
Cが大昔の話と一笑にふし、Cの彼女(この子も仲間内)がBを外に連れ出し、
周りは聞こえなかった振りを押し通したので表面上は丸く収まったのですが
その日の夜、Aは新郎に問い詰められて過去の男のことを全て白状させられ、
元々潔癖なところのあった新郎はAを許せず(自分は初めての男だと思い込んでいた模様)
話し合いの末に破談。
Aは「過去のことは聞かれなかったから言ってなかった。ちゃんと話しておくべきだった」と後悔し、
今もそのトラウマから(新郎の豹変ぶりもすごかったので)次の恋に踏み込めずにいます。
Bは「私のせいで…」と謝ったものの、一年後のCの結婚式でもやらかしたので愉快犯だと思います。


340: 名無しさん@HOME 2012/10/05(金) 21:08:58.29
姉の結婚式での修羅場。
披露宴会場隣の一室で親族紹介&挨拶。
そこになぜか新郎弟の彼女がいた。
元々招待されてなかったけど直前にネジ込んできて、姉がプランナーさんとバタバタしてたが、まさか親族紹介にまで現れるとは。
でもここに来るくらいだから、いずれ新郎弟と結婚する予定かなと皆思ってた。
新郎側の一人が、新郎君の次は新郎弟君だねこの娘が次のお嫁さんかい?めでたいねと言った。
すると新郎弟は
「え?するわけないよ。俺の理想は高いの。兄貴みたいに妥協しないよ」
と言った。
新郎はフォローのつもりか
「結婚てのは妥協が大事だぞ、諦めが肝心なんだ」
と新郎弟をたしなめ(?)た。
新婦である姉と新郎弟彼女は激怒。
「妥協してもらわなくて結構」
「婚約者でもないから来るの嫌って言ったのに。正式に紹介したいからって言うから来たのに」

元々うちの両親が結婚に大反対だったこともあり、入籍前に破談。
結婚式って準備も大変だけど中止の後始末はもっと大変なんだね。

709: 名無しさん@おーぷん 2014/06/13(金)15:39:26 ID:63nvzJvsB

小学生の時100円おばさんが恐れられていた。
100円おばさんは黒のワンピースに真っ赤な口紅、茶色
の貞子みたいな髪で「100円ちょうだい」と言って迫り、
あげるまで追い掛け回してくる。私の近辺の小中学校では口裂け女
より有名で恐れられてた。先生が不審者の注意を促したり、上級生の
男子の幾人かは「今日、100円おばさんに100円投げつ
けてやったぜ」と騒いでいたが私も周りも誰も会ったことがなく、あくまで
怪談とか都市伝説の一種だった。
上京して数年、飲み会で出会った男性がたまたまそんな話題で100円おばさん
の話を出し、聞くと隣町の同郷であることがわかり盛り上がってお付き合いに。
結婚の話がではじめ、帰郷がてら彼の家に挨拶に行くことに。彼家族に歓迎を受け、
食事会の最中、なれそめを聞かれ、彼が笑いながら「いや、昔100円おばさんってい
たじゃん~」と話し出すと彼姉が真っ青に。急に調子が悪くなったと退席したので、私たちも
気まずくなってその場は解散に。後日彼から別れたいと電話があった。
私家族にも挨拶が終わってただけにしぶる彼にしつこく理由を問うと、100
円おばさんは実の彼の母親だった。浮気を繰り返し、その浮気相手に彼とお姉さんを虐待させてたことも
わかって実家にも見放され、それでも若いうちはよかったが段々とホームレスのようになっていったらしい。
彼家族が幼い彼を不憫に思い全力でブロックしてたのと、父親が早くから再婚したおかげで今までその事実を
まったく知らなかったらしい。(実母は病気で、と聞いていた)
様子のおかしい姉から事情を聞いた彼は「もちろん貴方が悪いわけではないのは承知の上で」と前置きして、
それでも自分の母親を酒の席で一緒に笑っていた女性と結婚はできないと泣かれた。
彼も修羅場だったと思うが、正直かなりいい歳だったし、20代前半から何年もつきあった彼とこんなことで、
とここにきて真実を隠せなかった彼姉のこともずいぶん恨んでしまったよ。



このページのトップヘ