真夜中


86: 名無しさん@HOME 2017/10/24(火) 10:17:32.02 0
昨日、義兄嫁の非常識にムカついた話
真夜中にいきなり電話で、
義兄が終電を乗り過ごしてしまったから泊めてやってほしい
と頼まれた

泣き声で頼んで一応下手に出ている姿勢に騙されて
話を聞いたのが大失敗
義兄が今いるの、うちから車で半時間くらいかかる駅だった
遠いからタクシーで来るの結構掛かるよって言ったら
迎えに行ってほしくて電話したのって・・・
赤ちゃんが生まれたばかりでお金ないからお願いしますって言う

幸い私も夫も寝る前に晩酌しまくったので飲酒運転ダメ絶対で却下した
夫が駅前にネットカフェもカプセルホテルもあると言ってで電話切った

腹たってるのはさっき義兄嫁から
わざとらしい弱々しい声で苦情の電話がきたこと

私は在宅で仕事してたから留守電にしてたんだけど
さっき見たら留守電のランプピカピカしてて
義兄嫁の苦情が3件も入ってた





981: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/20(水) 22:19:26.78 ID:ZoZ8T9Wt
俺の母親が真夜中にベッドから落ちて、傍に置いてあった木製の箱にあばらの間の奥にある骨(なんていうのかよくわからん)を強打し骨折。 
俺が自車で先に母親を病院に連れてって、俺弟+叔父(母親の兄)が寝てたばあちゃんと車で後からついていくことになった。 

真夜中だから夜間救急センターに。 
その病院の救急センターはすごく狭くて、診断室もカーテンレールで仕切るだけの簡素なところだった。 

母親のレントゲンの用意してくるっていった先生がいなくなってからがぷち修羅場。 
隣の診断室にやってきていた患者らしきおっさんと、その先生の声が聞こえてきた。 

先生「××さん、最近海外に行かれてますか?」 
おっさん「はい、ちょっと前に」 
「女性買われましたよね?」 
「エッ」 

俺+母硬直。 

おっさん「いや・・・いや、買ってません」 
先生「独身ですよね?」 
おっさん「ハイ・・・」 
先生「これねえ、外国の女の人とじゃないとうつんない病気なんだよ」(キレ気味) 
おっさん「・・・・でも買ってませんし・・・」 

おっさんどんどん声が小さくなる。 
それまでありえないところが骨折していたからむちゃくちゃうめき声あげていた母も沈黙。 
ブサメンで20歳前後しかしアンなことやコンなことに興味がある息子であった俺も母とそんな話を聞かなくちゃいけなくなって沈黙。 

俺が絞り出した言葉が「外国の女じゃないとうつらない病気ってあるんだね・・・」 
俺カスだった。 

あの後母親に殴られるわ、たぶん声が聞こえたんであろう隣の診断室が静かになったのが俺の修羅場だ。



このページのトップヘ