発言


82可愛い奥様2013/02/27(水) 21:54:21.92 ID:XTWZfOaNO
お願いします。
SNSでの私の発言を友人に見られ、怒らせてしまいました。

私:33歳、結婚2年目、小梨
友人:33歳、結婚7年目、4歳女と7ヶ月男の子持ち

SNSには匿名で登録しているのですが、友人とは趣味が同じ為偶然発言を見つけられたようです。
私は、友人がこんな事言ってたけど私はこう思うというような発言を時々していました。
例えば「友人は昼間に夕食を作るらしい。出来立ての方が美味しいのに。子供いたら仕方ないのかな」
「友人は旦那様の事は二の次みたい。子供できたらそうなるのか。私はいつまでもラブラブでいたい」等です。

友人をバカにしているつもりはなく、自分も子作りを始めたので、子供がいたらこうなのかー
という感想を書いたつもりだったのですが、友人は「上から目線で批評して何様?」と。
謝罪したのですが、今後も何かとこんな風にとられるのかと思うと嫌だと言われて、
以降メール返信もなくなってしまいました。

そこで皆様に伺いたいのは、私の発言は上から目線に見えますか?という事と
友人との修復は難しいでしょうか?という事です。
よろしくお願いいたします。




【1/3】 【2/3】 【3/3】
539: セコケチ344 2007/10/14(日) 13:54:34 ID:RgCdBd+0
家計簿見られた者です。 

早速顔役に話しに行ってきた。 
相談すると、かなり怒っていて、 
本当に対応か遅いばかりに、むしろ対応されていないようで、申し訳ない。 
是非にも早急に解決する。 
と約束してくれた。 

今日明日中には解決をするので、その暁には是非ともイベントはしっかりこなして欲しい。 
私の役が決まる経緯も合わせて、大変な思いをさせてしまったから、 
イベントが終わったら、役を辞めても構わないし、続けてもらえるのなら、 
自分が責任をもってフォローするという心強い約束もしてくれて、私的には一安心という感じ。 


【1/3】 【2/3】 【3/3】
481: 344 補足2/1 2007/10/13(土) 13:43:24 ID:GTCVrtTZ
なんだか色々物議を醸し出してしまっているみたいで、申し訳ない。 
まず、泣き落としにかかった役員さんは女性ではなく、年配の男性です。 
女性とは一言も書いてないと思うのだけど、どこから女性と出たのか・・・ 
夫が大声で言い放ったのも、我慢してくれ、適当にあしらってくれ、 
いらないものでも適当にくれてやったら、しばらくは大人しくなるかも 
など、本当に無責任な適当なことばかり言うので、 
たとえこのままAと一緒に続けても何のフォローもしてくれなさそうに思えたのも原因の一つ。 

仕事も最後までするべきとの意見がありますが、私も確かにそう思う。 
だけど、Aはイベントの話をつめたりするのに、Aと私の家の交互で行き来し合って、 
お茶しながらでないと、落ち着いて出来ないと言うし、 
非常識だと気づくまではお子さんも適度に大人しいし、Aさんの外面も良い感じだったので、 
そうしてきたわけだけど、家計簿覗いて経済状態に口を出したり、 
物や食事をクレクレしてくるようになって、FOしてた。 
だけど、イベントを盾に、家でしないと進まない〜って言って、外では本当に進みが遅くって、 
これだったら私一人で引き継いで、ちょっと誰かにサポートしてもらってもなんとかなるから、 
その案も役員に言ったんだけど、受け入れてもらえない。 
その理由が人員を裂けないという話なら、Aと私の間を取り持つ人というのも、無理な話で。 
じゃあ、辞めたいって思ってしまうわけで。 
ちなみに今も現在進行形でクレクレ続いているし、アポなし訪問も続いている。


【1/3】 【2/3】 【3/3】
736: 名無しの心子知らず 2007/10/05(金) 15:35:44 ID:9uofQNu7
最近やたらとクレクレ言い始めたA。 
言い始める前までは別段仲の良い普通の人だと思ったのに、 
突然午前中に訪問して、昼食まで居座るとか、 
昼過ぎに訪問して、おやつと夕食時まで居座る。 
そして、物もクレクレする。 
あまりの変貌振りに気味が悪くなってFOしつつあったのだが、 
ここ数日のいくつかの発言で我が家の家計簿・領収書の類を盗み見ていたことが判明。 
ものすごく気味が悪いんだけど、どう接すればよいのか分からなくなってきた。 
スパッとCOするつもりだけど、我が家のお財布事情見られるのって気持ち悪すぎる。 


【序章】 【まとめ】
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/22(木) 20:44:10.81 ID:sWRdKKUuO
恋愛板から来ました 
無理スレに書き込んでた者です 

ミサワとの出会いから別れまで書きます



このページのトップヘ