痴漢

220: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/09/16(水) 15:59:56.79
もう25年くらい前の話。 
何をしたかよく覚えてないけど、なんか悪いことして妹共々家を追い出された。 
仕方ないので家の前で妹を三輪車に乗せて押して遊んでた。 
そしたら隣の家からその家に遊びに来てたらしい20歳くらいの男に胸を鷲掴みされた。 
びっくりして大声で叫んだら、風呂上りだったらしい父がブリーフ一丁で飛び出してきて 
その男をとっ捕まえて、髪を掴んでコンクリの壁にガツガツ叩き付けた。 
騒ぎで近所の人を大勢出てきて「私父さん!それ以上やったらコロしちゃうよ!」って。 
家の前で痴漢にあったこと、父がグンゼのブリーフでエキサイトしたこと、絶対分かってた 
隣の人間が誰一人出てこなかったこと、全てが修羅場www




1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/08(土)22:39:51 ID:sVBlDe0Hq
俺が今日の6時頃に電車に乗って帰宅する途中に
満員電車に入ってしまったんだ
運よく空いた席に座った俺はスマホいじってたんだよ

そしたらさっきまでドアの近くにいた女の人が
人混みを押しのけて俺の前に立ってきたんだよ
なんだこいつ?と思ってたけど、
そんな気にもならないから無視してた

それで次は????~って聞こえたから席立った瞬間
事件は起こった

618: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 18:16:11.24 ID:p0XGqXis
俺が電車に乗ってた時なんだけど、電車内はやや混んでるくらいで俺はドアの傍の吊革
を右手で掴んでたんだ。

ぼけーっと景色眺めながら電車に乗ってるといきなり左手が引っ張られてパシャって音がしたんだ。
何事かと思ってそっちの方を見ると明らかに遊んでる感じの金髪の女子高生が俺の左手を掴んで写メ撮ってたんだ。
何をしてるのか聞こうとしたら俺の左手を高く突き上げて

「コイツ痴漢です!」

って叫ぶんだよ。
もちろん、俺はとある事情から痴漢なんて出来るわけがない。

が、こういう時に無駄にうろたえるとだめだってのは知ってたので内心バクバクしながら
冷静を装って

「人違いじゃないですか?俺はやってないですよ」

って優しく言ったんだけど女は

「はぁ?しらばっくれんなし!おめえが痴漢やったって証拠があるんだよ!」

と、さっきの写メを見せてくる。
ああ、これは絶対引かないパターンだなって思った俺は、女が警察に突き出すって叫ぶんで
素直に駅員の所に一緒に行ったんだ。
もちろん、近くに居た女の人を証人としてついてきてもらってだ。


451: 恋人は名無しさん 2013/12/05(木) 13:04:12.79 ID:n5Y/Pe9zO
クリスマスプレゼント、何を送り合うか話してた

ちょうどお互いに新しい財布が欲しかったから、
じゃあ財布を送り合う?って提案してみた
俺は「○○(ブランドもの)の財布がいいな」と彼
「私もそのブランドのがいいな」って言ったら
「お前に○○は贅沢すぎ、1000円くらいので十分でしょw」
と小馬鹿にしたように言われた

そりゃ普段からハイブランド身に付けてないし、今の財布も安物だけど
見下された感じで言われて、かなりイラっとした

久しぶりのデートだったから怒って雰囲気壊したくなくて我慢したけど
今もイライラしてる

引用元: ・恋人のちょっとイラッとくる言動Part24


611: 名無しさん@HOME 2011/08/04(木) 10:16:38.60 0

じゃあ、ストーカーつながりのプチ修羅場を。
当時私は高校生。一応女。
でも、体育会系バリバリで日焼けはしてるし紙は短いし足は太いし
出るとこ出てないんで暗がりで見れば男に見えなくもない。
ここまでが前提。
私の日常のスケジュールは部活が終わると整骨院に行って膝の治療
その後家に帰って5キロばかりジョギングというパターンだった。
ジョギングといっても全力疾走だったんだが。タイム測ってたし。

で、ある日整骨院に行ったところ、警察さんと小学生くらいの女の子
とお母さんがいた。院長にどうしたのか聞いたところ女の子、塾帰りに
ストーカー(当時は痴漢といわれた)に追いかけられてるらしい、ここの
患者かもしれん、場所はどこどこで背格好はこのくらいの男らしい、
ってこと。心当たりない?って聞かれたんだけどさ。(面通し?もかねて
たのか?今はそんなことしないと思うが)
まるっきり私だよ、それw

ま、大体同じ時間に走ってるし全力ではあはあ言いながら走ってるしw
思い返せば確かに何回か、前に自転車がいたなあ・・・・って話して
奥でジャージに着替えて私をみてもらった。

その後その女のこの家の家族と仲良くなって彼女は私の義理の妹に
なりましたとさ。
披露宴でその話をされた時は軽く死ねたけどね……



このページのトップヘ