痴呆


612:おさかなくわえた名無しさん2017/01/19(木) 16:31:28.84ID:qLFFAos8
祖母と、叔父(独身)に会いにいった

家から4時間以上かかるし、
仕事始めてからは行けずにいたからおよそ7年ぶりのちょこちょこ二人には会ってはいたけど、
叔父が引き取ってここ2年は会えずにいた 

祖母、痴呆でかなり駄目な状態
とっくにタヒんだ祖父を「町内会に行ってる」と夜中まで待ってたり、
舅にあたる人に挨拶をしなくてはと探し回ったり。
珍しくない症状だろうし、イライラはするけど我慢できる。
暴れるようなこともない。
ただ叔父が… 
声が枯れるまで怒鳴って、無視して、
それに祖母も言い返して喧嘩になって…ということが日常。 
私の前ではさすがにそこまでではなかったけど 
祖母は同じことを何度も言うしタヒんだ人を蘇らせるしwで寝れなかったけど、
それでもふとした瞬間に私の知ってるおばあちゃんが出てくるから嬉しかった 

でも叔父は、祖母に「何回も言ってるだろ」「なんでそうなる」と、
ただど忘れしてうっかりした人と同じように怒る 
祖母が「私はそんなこと知らない!」と怒ることに、
「自分が忘れてるくせに偉そうに!」とか。 

それが見てて辛くて悲しくて、帰りの電車で泣いてしまった 
祖母だって忘れたくて忘れてるんじゃない 
本当に知らないって思うから、怒られたってわからないのに





909:名無しさん@HOME2011/10/21(金) 09:35:05.44 O
義実家に泊まりに行くことになった。
荷物は先に段ボールで送ったのだが、「荷物はあけないでくれ」と旦那がトメに言った。


着いてみたら、華麗に荷解きされていた。
トメは、息子に言われたことを忘れたのか気にしてないのか。

こんなことが続いたので、とうとう旦那が痴呆を疑い出した。


昔っから話が通じない人だったけどね。
まじで頭のおかしい人なんじゃないかとおもってる。 




305:名無しさん@ HOME2007/11/09(金) 11:24:51 0
友人の旦那(次男)が、はっちゃけました。
この友人旦那の母親は痴呆症で、長兄一家と同居してました。
ある時長兄の娘の結婚が決まり、結納の1日だけ
この痴呆症母をディサービス(?)に預ける事に。
これを知った友人旦那、大暴発&大暴走!
自分の長兄宅に怒鳴り込んで行き、長兄をぶん殴り

「お前ら!お袋を邪魔にしやがって、お前らは絶縁だ、お袋は今日から俺が面倒見る!」

と痴呆症母を友人との住居に連れ帰ってきた。
当然、友人には何の相談も無く。


で、1週間後友人は家出&緑の紙。
友人旦那が雨の中、ずぶ濡れで土下座するも
友人父は頑としてドアを開けず、友人も無問題。
痴呆症母は運子垂れ流し。
夜中の絶叫、徘徊、息子を泥棒呼ばわり、交番に「助けて」と毎日飛び込む
友人旦那この時点で長兄に電話するも、
「あなたのおかけになった電話番号は、現在使われておりません」
長兄夫婦、娘の結婚後家を売って逃亡した模様。
再び友人の元にやってきて「助けてくれ」と土下座。
「貴方が私を信じてくれて、私に心から助けてほしいなら、
まずは、この離婚届にサインして。そうしたら私は貴方ともう一度結婚するわ」
で次男にサインさせ、友人も彼の前から逃亡。
あの馬鹿次男、今何してんだろ・・・・。
ちなみに友人との離婚成立後、失職の噂聞きました。




1:名無しさん@おーぷん2018/02/06(火)13:38:53ID:U2O
家にはボケた婆さんがいるんだ

そして数年前からガスコンロの火を掛けっぱなしにしてボヤ起したり
問題あったのでロックできるコンロに買い替えたんだ
それでも料理しようとあの手この手で火を使おうとしたりする

食材を無駄にしたりもして色々家事関係で問題が収まらず
冷蔵庫や棚にも鍵を付けたんだ

まぁ完全に食材隔離も難しいから油断すると勝手に料理しちゃうんだが
今度はコンロに新聞や木材なんかを置いて
そこでマッチやライター使って火を起すように悪化したんだが
何か対策したいから知恵を貸してくれ




860: 名無しさん@HOME 2012/03/01(木) 01:57:43.73 0
第一子出産以来、ダンナのいる休日に色んな料理をまとめて作って冷凍するクセがついた。 

そしたら近所に住む姑が「うちの嫁は冷凍食品ばかりで・・」と言い触らしていたらしい。 
青年団の集まりでそれを聞いたダンナが「嫁が自分(姑)の目の前で作った料理の冷凍保存をそう思いこむなんて、うちの母もついに痴呆症が・・」と沈痛な面持ちでその場にいた町内会長にかなりマジな相談をしたらしい。 


「こないだ俺が酔ってみんなを連れてきた時、嫁がとっさに出した○○や××・・」 
「ああ、冷凍庫からありったけ出してくれたっていうあれか!」
「でもありゃどう見ても嫁さんが作ったのを取っといたもんだろ」
「あれを“冷凍食品です!”ってんじゃ、ほんとにお袋さん危ないかも知れんな・・」

「こないだうちの女房に「嫁はこの1ヶ月まともに料理してない」なんて言ってたらしいぞ」
「俺は、息子の結婚以来嫁の手料理を一度も食ってないって聞いた」
「冷凍庫から食べ物出したらイコールで冷凍食品じゃ、嫁さんも一緒に暮らしていられめえ」


満場一致で、姑を病院に連れてくようやたら盛り上がったらしい。
田舎の男ネットワークなので、付随する奥様方も当然そのまま乗っかるのだろう。
急に姑が「いつもあなたの手料理に感謝してるわ!美味しいわ!」みたいになったと思ったら
そういう裏事情があったらしい。

姑を病院に連れて行く、面倒をかけるがどうか協力して欲しいと涙ながらに訴えたダンナ。
もちろん全力で協力しますよ~。
正直どうでもいいレベルの話なんだけど、気に病んでくれてありがとう。
申し訳ないけどこの勢いに乗っかります。このまま施設行きにな~れ!


529: 名無しさん@HOME 2012/12/16(日) 15:59:09.08 O

先週の金曜日、朝、母がいきなり「今日は何曜日?何日?」と聞いて来た
「昨日、私は何をしてたの?」
父と二人「何を言ってるの?」と驚いていると
「あれ?何で(私)そこにいるの?お父さん、今何時?」
支離滅裂なことを言う母。しまいには
「私は今、何歳?」
と言い出した
そして次の瞬間、ハッとしたように
「もしかしてボケた?今日誕生日なのに!?」
頭を抱える姿にさすがにヤバいと思い、とりあえず母を椅子に座らせて落ち着くようにお茶を出した
名前や住所、家族の名前を聞けばすらすら答える。ネットで調べた「痴呆か分かるチャート」を尋ねればすらすら答える
ところがいきなり同じことを繰り返したり、変なことを尋ねてくる
心配になり「仕事休むから病院へ」と父が言うと
「何言うの!早く仕事行きなさい!(私)もご飯食べて早く行きなさい!」
とキッとする
しかし言われた通り仕事に行き、急いで帰ると、「あら?あんたいつ仕事に?」と聞いて来る。そしてその日は一日、ぼんやりとそれなのに色々と忙しく立ち働いていた

翌日になると前日のことはすっかり忘れていつもの母だった
その時のことを話すと「え?いつそんなことを?」と覚えてない様子だった
そしてその時の自分は「きっと何かに取り憑かれていたのね」と言っていた

きっと家族が痴呆になる時の初めはあんな感じなのだろう
ご先祖さまが見せてくれた未来の母だったのだろうか



このページのトップヘ