留守電


229:おさかなくわえた名無しさん2007/04/22(日) 00:46:43 ID:khvTievA
相談というか質問です
一昨日、携帯にバイト先からの不在着信が4件入っていました
その不在着信に気が付いたのが夜中の2時過ぎだったので、次の日に電話を掛けようと思ったのですが
次の日(つまり昨日)は大学の授業が終わった後に飲み会があって電話を掛けるのを忘れてしまいました
そして今日バイト先から電話があって
「今日バイト入ってくれって留守電で言ったじゃん!何でこないの!」と言われました
そして無断欠勤ということで罰金4000円を取られることになりました

確かに電話を掛け忘れたり留守電に気付かなかったのは自分に非があると思います
でも個人的には、重要な連絡をする場合は相手に連絡が伝わった事が確実に分かる手段で連絡を取るべきだと思うんです

例えば留守電の場合でも一方的に「バイトに来てくれ」と言うのではなく
「このメッセージに気付いたら掛けなおしてくれ」というのが最も確実だと思います
携帯の留守電なんて日常的にチェックする習慣が無い人だと気付かない場合だってあると思いますし

社会人の皆さん的には重要な連絡を携帯の留守電に入れるという行為はどうなんですか?
やはり自分の非の方が大きいですか?




【1/2】 【2/2】
474: ◆5ddhjnpy/A 2010/07/15(木) 21:59:06 ID:DM/87ker0
トリのつけ方ってこれでよかったでしょうかね 
本スレの230です。 
本スレならびにこちらの皆さん、混乱させてしまいすみませんでした。 
以後気をつけます。 
申し訳ありません。


【1/2】 【2/2】
642: 恋人は名無しさん 2010/07/14(水) 21:48:50 ID:EkOYAvw30
数年前付き合っていた元カレの話。 
本人は少し、というかかなり常識知らずで、 
付き合ってた当事もそれで少しさめかけていた面はあったんだけど、 

何より彼の母親がとんでもない粘着ババアだったorz 
付き合っていたころから交際に反対し、日に何度も私の携帯や家電に 
「さっさと別れろ」「うちの子に近づくな」とメッセージを残しまくり。 
(当事元カレ21、自分は17で、ちょっと法律的にやばいかな?とは思っていたが) 
元カレ本人に対する冷め云々より、そんな母親がいる人とは付き合えないと思って別れたんだけど 
別れて数年経つのに未だにうちの家電にはその母親からの勘違い甚だしい留守録が入ってる。


741: 名無しさん@HOME 2011/11/27(日) 23:42:04.52 0
かまってちゃんの義弟嫁から、うちのいえ電話の留守電に、「今からタヒにます」みたいな内容のメッセージがあった。
幸い、泊りがけで遊びに行って疲れた子供たちが寝た後に気がついたので子供への悪影響は大丈夫。
遊びに行った先は旦那の出張先。
つまり、旦那はうちにいません。
この電話をどうしたらいいもんか思案中。 

806: はなまる子 2014/07/27(日)18:27:33 ID:j2yTbvlhn

初めまして。20年前のことを書きます。一応、私の武勇伝です。

都会で働いていた私は
長年病気だった母親の病状がとうとう最悪な状態になったため、
介護のため地方都市にある実家に戻る事にしました。
その際、自分は作家業をしていた関係で、
実家ナンバーとは別の、専用の電話を1つ設置する事にすることになりました。
いざ引っ越してきて仕事を始めると、その電話にいたずら電話の多い事多い事。
当時の固定電話はまだ留守電のメッセージを自分の声で吹き込むタイプでしたので、
若い女性の声で「留守にしております。メッセージをお願いします」なんてのが流れると、
どこの誰かは分からないけど嬉々として喜ぶんでしょうね。
見知らぬ男性からのエロいメッセージやお誘いのメッセージが留守電に沢山入っていました。

その中でも1番アホだったのが中学生とおぼしきガキ達の留守電。
奇声に始まり、「やらせて」「お○○こ」「セッ○ス」やら、幼稚な言葉がズラリ。
母親の通院から帰ってくるとこんなのが留守電に沢山入っていて、迷惑&呆れました。
でも相手はアホの中坊だから、いつかしっぽを出すと思い、わざと放置しておいたんです。

そしたら案の定、半年ぐらいたった頃ガキどもが油断して、
自分たちの学校名をちらっと言ったんですね。
「はい、待ってました」と言わんばかりに私は電話をジャックごと引き抜き、
その中学校へ持って行きました。

隣町の田舎中学校へ行くと授業中で、職員室にいる先生はまばらでした。
対応してくれた教頭は悪い人じゃなかったけど、
若い女性が1人乗り込んできたので、はなから信用していない感じでした。

そこで、留守電のメッセージを再生してあげたのです。
ガラんとした職員室に響く、幼稚でバカなメッセージの数々。
もろもろいた教師が呆れつつ寄ってきて、私達のテーブルを囲み始めたとき、
男性教師の1人が「この声は〇〇の声だ」と言ったのです。
教師達が耳をそばだてると、「そうだ、〇〇の声だ」と次から次へと声があがり、
あっさり主犯格は判明しました。

その生徒は田舎の隣町から私の市にある塾へ毎週通っているのだそうです。
そこでいたずらでかけてみたナンバーに偶然女性の声でメッセージが流れたので、
私を独り暮らしと思い込み、塾の仲間でいたずらメッセージを吹き込んだもよう。

でも残念でした。
私は両親と同居で、この電話はジャックの関係でリビングにおいてあるのです。
ですから、自宅で病床についている母が1番よく聞いており
「まったくバカねえ・・・」と介護ベッドの中で笑っていたのでした。

事実を知った先生方は呆れるやら恥ずかしいやらの表情。
教頭だけは「生徒とあなたは同じ市内で面識があるのでは」と、
まるで私が生徒に色目を使ったかのように最後まで疑ってきたので、
頭にきた私は可哀想ですが、さらに事実を教えてあげました。

私の父親は県の教育関係の仕事をしています。
父親も勿論リビングで、あのメッセージを聞いていますよ、と。

中坊達は県立高校を受験する為に、
わざわざお金と時間をかけて遠い塾に通ってきているのに、
こんな形で県の教育関係者にバレバレになるとは、
当の本人も先生方も想定外でしょう。
先生方の顔は驚きと困惑の表情になりました。

さらに、当時は中学生のいじめ問題が世間で取り上げられており、
私はある編集者から田舎中学生の特色など、ネタの相談を受けていたのです。
「今回の事はいじめの多い昨今の問題と切り離せない何かがあると思いますので、
出版社の方には材料として報告させていただきます」と付け加えてあげました。
そしたら皆さん何も言えなくなってし~ん、としてしまいました。
マスコミ関係者を怒らせたのはまずかったわね。

私の話が終わると「証拠の為にメッセージを録音させて下さい」と皆で放送室へ移動し、
例のいたずらメッセージは放送室の機材を使ってダビングされました。
「○○にはしっかり注意して、もう二度といたずら電話はさせないようにしますから」と
教師達に平謝りされて私は中学校を後にしました。
それからはもう留守電に中坊達のいたずらメッセージが残される事は無くなりました。

両親にはこの撃退劇をしっかり報告しました。
私達家族の感想は「その子達の顔を拝んでみたかったわねえ」です。
その子達がその春の県立高校受験でどうなったかは知りません。
ちょうど母親がヤバい時期と重なり、ほどなく亡くなったため、
父も私もそれどころじゃなかったです。
でも介護しながら病室で読んだ週刊誌には、
いじめ問題とからめつつ、記事にされていたなあ。
彼らも今や30代半ば。反省してまっとうな人間になってくれたかな。



このページのトップヘ