900: 名無しさん@HOME 2014/03/06(木) 11:37:31.06 0
その程度で修羅場かよって言われると思うけど自分の中では最大の修羅場だったこと。 
うちの猫とお隣の親戚の猫が喧嘩を始めた場面に出くわしたので、喧嘩を止めようと間に割って入ったらフルボッコにされ。 
引っ掻き傷や噛まれたところが痛いので病院に行って先生に経緯を話したら大爆笑され、帰宅して帰って来た両親にも大爆笑され。 
翌日、吐き気がして目を覚ますと枕元に鼻から尻尾の先まで30センチくらいはある大きなネズミと紅白柄の鯉のタヒ骸が置かれていて悲鳴上げたと同時にマーライオン。 
そしてしばらく夢の中にゲロまみれのネズミと鯉が現れて悩まされた。





325: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/11/13(木) 06:06:39.85 ID:kZMHurfy.net
ここでいいのかな。 
新築分譲マンション買って、入居者ほぼ同時期に入った人ばっかりで 
両隣上下に近所挨拶行った。相手もきて会えば挨拶する程度。 
うちはその時子供いなくて長毛の大型猫買ってるんだけど子連れで挨拶 
きた上の階の子供が猫可愛いと興味持っちゃって上の男の子が幼稚園ぐらい 
下の子が2才ぐらい?で上の子が幼稚園終わると「猫見せてー」と勝手にくるように。

あまりに頻繁にくるので母親に困ること伝えたら「子供の情緒教育を妨げる気か 」
とか言われて、ならばそちらで猫かえば?と言えば「子供2人育児大変 
あんた子供いなくて優雅で暇でしょ」みたいなことをキーキー言われた 
旦那がその父親に言ってくれて父親、知らなかったみたいで母親に怒って 
解決と思ってたのに、ほとぼりさめた最近またくるように。 
しかも私今妊娠3ヶ月でつわり最中でただでさえ眠れない吐き気でツラいのに 
ピンポン攻撃で寝れないし、居留守使ってるんだけどずっと部屋の前に 
座って動かない。 
隣の家の人にはうちの子供と間違えられて虐侍疑惑?されるし、、、 
隣人には家の子供じゃないこと言ったらビックリされた 
あんま波風たてたくないけどまた旦那にいってもらうしかないよね 
ほんとうちを託児所みたいにするの勘弁してほしい




358:名無しさん@HOME2012/09/18(火) 18:30:19.63 P
実家の猫は知覚過敏という病を持ってた
何かのきっかけでスイッチが入ると、猛獣と化して人間にも襲いかかる
今まで起きた発作では、家族にひどい怪我をさせた事は無いし
なるべく刺激にならないよう、他人を家に招かないよう気をつけてたんで
今まで問題なく暮らせていたんだが
妹の元彼とかいう馬鹿が、妹によりを戻せと家凸してきて
玄関で大声を出し、ガラスを割って暴れたので
猫は馬鹿に飛び掛り、腕や肩、背中を噛んだり引っかいたりして
全部で30針越える重傷を負わせてしまった

その後、元彼の母親とかいう糞が、己の息子の落ち度はまるで認めず
「こっちは一方的な被害者、賠償金払ってガイの獣杀殳せ」と
弁護士立てて偉そうに命令してきやがった
俺も家族も猫を助けるために、こっちも弁護士頼み
警察や近所の人に証言取って
馬鹿が最初に騒いだのが全ての原因
治療費は支払うが、それ以外の賠償金は無し、猫に手出しもさせない
という条件で和解するまでは、毎日が修羅場だった

ちなみに猫は、その後15歳で心臓病でタヒぬまで
発作らしきものをほとんど起こさなかった





972:名無しの心子知らず2011/06/14(火) 09:57:20.34 ID:+ZRWarB7
終わった話で、泥棒というほどではないかもしれない話。先週の土曜のこと。

あと一回、なにかやらかしたらCOするつもりだった知人が、勝手に私の指輪をはめて、抜けなくなったから頂戴とほざいた。

長すぎと出たので切ります





960:可愛い奥様@\(^o^)/2016/12/20(火) 00:35:00.66 ID:w+29R10w0.net
グロ話

旦那が飼ってる猫が腐ってて臭いメチャクチャ臭い
旦那の部屋からヤバイぐらい臭ってくる

一応消毒はしてるみたいだけど他の対策とか考えたりしないし病院には夏から行ってない
ヘビースモーカーで鼻がきかない旦那は腐った猫と一緒に寝てる
寝具に滲出液が付きまくってるし当然旦那の寝間着にも付いてるだろう
たまには部屋の掃除しろって言っても無視
病院行けって言っても空返事
あんな汚部屋でも平気な旦那にもう我慢の限界
荷物まとめ終わったから早朝出発する




146: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2017/06/23(金) 22:04:42.19 ID:krYAnK1N0.net
昨晩、妻が独身時代から飼ってた猫が急タヒした。 

病気とかしたことなくて、先月病院行ったときも問題なく、朝も普段通りだったからショックだった(発作が起きた時は俺は家におらず、パニックになった妻からの電話で急いで帰ったが、帰ってきたときには息を引き取っていた) 
それから妻と猫の思い出を振り返りながらブラッシングしたり撫でたりして、2人して泣いた。 

火葬(家に火葬車がきてくれるプラン)の手配をする時に、18時か20時か聞かれて「仕事終わらせて最速で帰れば18時に間に合うと思うけどどうする?」って妻に相談したら、「20時で大丈夫だよ」って言ってくれたので20時で予約した。 

妻は俺がある程度余裕を持って帰ってきて、猫と最後のお別れをしてくれると思ってたようだけど、俺は別に今日中じゃなくてもいい仕事をやっていて帰宅したのが19:50(業者の方が先にきてた) 

それが許せないと言われて、離婚したいと言われ続けてる



353: 名無しさん@HOME 2009/01/09(金) 11:58:13 0
初めての出産で双子だった。(ちなみに夫弟、ウト兄、私従姉妹、従兄弟も双子) 
私の実家は遠方で、母は足が悪いため里帰りなしだったんだけど、 
出産予定日直後、夫に長期出張予定が入り、さすがに夫実家に世話になることになった。 
トメは双子育児経験者だし、溺愛してる猫3匹は知り合いに預けるとまで言ってくれたので、 
こちらも現金やらお土産やらみついだ。 
所が病院からいざタクシーで夫実家へ行くと、そこには誰もいない。 
テーブルには 
「○○さんと3週間の予定でバリに行ってまいります。 
ネコちゃんたちのお世話ヨロシクネ☆」とあり、 
やれ餌は何時に何グラム、何日には獣医、トイレの掃除にブラッシングは毎日など 
猫の世話の方法が事細かく書いてあった。 
勝手もわからない他人の家で初双子育児…猫、しかも長毛まみれ。 
お金、三十万渡したんだけど、それ旅行に使った?と思ったら泣けて泣けて… 
とりあえず夫に電話したら激怒、そして夫友人妻が迎えに来てくれて、 
まずは猫をペットホテルに入れた。 
そして自宅に戻り、実姉が幼児連れて駆けつけて来て、そのまま実家へ。 
自分も大変なのに母も姉も労わってくれた。 
泣き叫ぶトメに夫が泣きながら怒鳴りつけ、もちろんそこからは絶縁。 
転勤願いを出して引っ越しをし、住所はトメに教えなかった。 
子供は抱っこはおろか、顔すら見せてない。 
なにがDQNかというと、ペットホテルはそのホテルの最高級コース、 
なんと一泊1万8千円!猫泊めるのにいちまんはっせんえんーーー!?? 
一万八千円×22日×3=1188000円。 
ひゃくじゅうはちまんはっせんえん!!!!(税抜!!!) 
この請求書はトメに回しましたよw 
トメのニーズにお応えするにはこのコースしか無かったもん、しょうがないわよね。 
かわいいネコちゃんたちが檻に入ってるよりは、個室で悠々と寛がせてあげたいだろうと思って。 
払わなかったら訴えられるだけだしね。 
トメ渋々ながらも払ったようだ。ざまぁみろ!!





748: ぬこ命 2012/11/29(木) 12:02:56.54 0
初めて投下の為、
見苦しい所が合ったらごめんなさい。

10年以上前に母が祖母にしたDQ返しを。
前提として、
母はぬこが大好きで小さい頃から飼っていたそうで、
独身時代もぬこを2匹飼っていました。
結婚するまで9年程付き合っていたので
相手の親の事もよくわかっていました。
結婚するにしても反対もなく、いい感じの距離でした。
結婚してからもぬこ2匹を飼い続けました。

本題に入ります。

それから1年程したら
おとなしく従順な嫁(母)とわかったら
良トメ(祖母)からクソトメに変化しました。

いびり内容はテンプレ通りで、
アポなし凸でお昼たかりして
きちんと食べるくせにまずいまずい言う

昼に電話しては夜の事や
片親(小さい頃に離婚してて、父はいない)の事を
ネチネチと言う。

しかも影でネチネチとやるから
ウト(祖父)や旦那(父)に言っても
「あり得ないよ~なぁ母さん!」と
旦那もエネ気味で受け取ってもらえない。

そしてストレスを抱えたままぬこだけが癒しとなるが、
ぬこさんにハゲができてしまったので2匹とも病院に行く

わかった事はストレスでハゲができた事と
よく見たら虐待の跡が残っていたので
旦那に相談すると
「お前がしてんじゃねーの?」と
蔑むような目で見てくるため
ぬこ部屋にカメラを仕掛けた。

トメがアポなし凸を完了させて、
帰ったあとにカメラを見ると




1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/02(金)17:50:02 ID:rRr
ea4d483e




近所の野良だったんだけど
この間の大雨以来親が来なくなってな、
震えてたからつい助けてしまった

もう一匹黒いのもおったんやけど、
駆けつけた時にはもうタヒんでもうてたわ…




このページのトップヘ