犯罪

851: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/16(水) 01:26:25.35 ID:CmYwmjCx
母を車で撥ねて、そのまま走り去った運転手の奥さんが 
減刑嘆願書を書いてくれって子連れで来た、 
轢き逃げは、相手の主張では、ぶつかった音がして 
何かに当たったのは気が付いたけど、電柱に付いてる捨て看板 
が倒れて来たと思ってそのまま走り去った言うあんまりな言い訳 

任意保険にも入っていなくて、脳外傷で結構重い後遺障害が残る事が予測出来て 
経済面でも非常に不安が有ると状況で病院に押し掛けてきた 
弁護士の連絡先を伝えてそちらに行くように言ったのになかなか帰らなくて閉口した

相手の奥さんが不安なのは理解出来るが、その状況で減刑嘆願書は書ける
人間はなかなか居ないと思う。

結婚の約束していた彼女の両親から、無かった事にして欲しいと連絡が来た記念に
吐き出し


63: 名無しさん@HOME 2010/01/26(火) 00:57:01 0
夜食代わりに投下。 

プリンちゃんが妊娠したということで、石女はいらないらしくテンプレ義実家から脱出することに。 
しかしその頃ちょうど妊娠していることが判明。 
 なぜか不義の子認定→養育費も慰謝料も払いたくない義実家ともめたが、 
両親や実兄の助けもあって、娘の親権や慰謝料、養育費などそれなりの額を頂き、 
新生活をスタートさせました。 
 しばらくは何もなく平和だったんですが、ある日仕事中に実家から 

ウトメが娘の通って い た 幼稚園に凸かまして、全く無関係の女の子を誘拐しようとして捕まったという連絡が。 
あの、娘はもうすぐ中学生なんですが・・・・orz 


70: 名無しさん@HOME 2008/04/30(水) 13:00:47 0
やっと気分的に話できるようになったので、書きます。 
私たち夫婦は8歳年の差カップルで私が上。 
私の年齢的なこともあり、結婚してすぐにあかちゃんが欲しくて 
最初の子を一年目に産んだ。

一年おいて2人目に挑戦するも、初期流産。
その後稽留流産→初期流産→タヒ産と続いて、診断は「不育症」
長い長い時間と私たちにとっての大金をかけて治療して
一昨年にとうとう妊娠した。
とにかく安静に、平穏にとのんびりペースで過ごして8ヶ月目が正月。
さすがにもう大丈夫だろうと、ここでやっと義実家へ報告を兼ねて正月の挨拶に行った。
義実家は雪国ではないが、毎年そこそこ積もリ、スキー場も側にある程度の田舎。
この10年間、イビリ続けたトメもさすがに喜ぶそぶりを見せており、
夜遅くなって、スリップも心配だから泊まっていけと言う良ウトの言葉に従う事にした。

すいません、一旦切ります



765: 五分刈り ◆K1z/mB9tDA 2013/04/04(木) 15:31:24.00 ID:SmPN6AJv
長文スマソ。とりこれでおけかな

登場人物(復讐当時)
元上司A
:弁だけ立つが嫌われマネージャー 30歳くらい
元上司の上司B
:その↑くそを庇う結構できる創業メンバー取締役 40歳くらい

:28歳

Aは創業からちょっとして
俺が入社したベンチャー企業に入社していて、
有名私大卒業していることもあり
地方の企業としては珍しく、
なんやかんや会社の意思決定に携わっていて、
順調に昇進していったらしい

Bは元外資系戦略コンサル出身で、
会社の方向性を一手に引き受けるくらいできる人
(ただ、優柔不断)

俺は1期の国立で、学部~院生時代、
Bの会社でアシスタントのバイトしていて、
Bのアシもしていた。
そのコンサルからも内定は貰っていたが、
Bに誘われ、初めての新卒としてベンチャーに入社

最初はAとも上手くやっていたが、
Aは空気よめない、約束破る、朝令暮改だし、
ロジカルじゃないし
俺はそういうところ、
入社半年くらいから本人に指摘していて、
多分、目の敵にされていたと思う

外資系のコンサルってバイトと言えど、
目の前のことをクリアしていけば
どんどん難易度高めの仕事がふってきて、
いつの間にか学生にして結構仕事できる感じになってた。
最終的には提案書のドラフトまで作っていた位。

なので、新卒だったが、半年もすると、社長はじめ、
「俺君すごい! うちの会社実力主義だから
マネージャーやらんか?」という流れになった

ただ、俺はもうちょっと現場をやりたかったので、
それを上司Bに言うと
「プレイングマネージャっていうのもあるから、
そのうちマネージャーやってもらうぞ」的に言われた

240: 名無しさん@HOME 2008/02/15(金) 12:38:30
 
うちの旦那は昔、似たような状況(親戚に切れた)で刀(本物)抜いたらしいよ・・・・・・


「てめえ、世が世なら無礼打ちだぞ!」って・・・



このページのトップヘ