犯罪


85:おさかなくわえた名無しさん[sage]2010/04/05(月) 07:30:45 ID:LtUnZoCd
以前、職場で万引きが発生した
犯人の中学生たちはすぐに捕まり、初犯ってことで警察には連絡せずに親に引き渡すのみにした
親はとりあえずよくここで書かれるようなモンペではなく、引き合わせた際は普通に修羅場と化しただけだったが、問題は後日出させた反省文

店長の机にあったので、何気なく読んだら
「やってみたけどつまらなかった」と万引き品のダメ出ししか書いてなく、最後に
「こんなことなら盗まなければよかった。反省してます。二度とやりません」
と書いてあった

何て言うか・・これがゆとりなのか、と実感した





277:名無しの心子知らず2008/07/17(木) 10:40:58 ID:zHQvjCO2
前妻との間に3人子供が居て
前妻は土日キャバ○ラに働きに行ってます

私が妊娠中子供はお泊まりに来ていたんですが
産まれてからは旦那が毎週土日は前妻の家に子守りに行ってます。

しかも日曜は前妻がいつ帰って来るのか分からず
(そのまま遊びに行ってる

結婚する前からこうなる事は分かってましたが
こんなに頻繁に毎週
最近は平日も子守りに行く事があるし
なんだか一緒に居る意味が分からなくなって来ました

前妻は旦那を良いように使ってます
ケンカになった時も「前の嫁は・・・・と前妻と比べるし
旦那も向こうの家庭の方がいいんじゃないかと思って来ました。

離婚したい。




356:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/02/08(月) 11:42:18.11 ID:hHCrrYyS.net
今日何となく夫と昔の話をしたので厄落としとして書き落とします

だいぶ前の話ですが、子供を身籠ってお腹も大きくなった頃
後ろから「あのーすみませーん」と声をかけられ振り向いたら思いっきり真正面からなぐられ
咄嗟にお腹を押さえ、なぐられた勢いのままに後ろに倒れて
そこから記憶があやふやだけど誰かが叫んで何か聞かれ続けて
ぼんやりとしたまま答えていたら視界が暗くなって気が付いたら白い服の人達に囲まれていた
それが病院の人達だと気付き、自分は助かったんだと安堵した 
落ち着いた頃に夫と遠方から来てくれた両親と義両親と会い、
「本当に運が良かった、奇跡的に赤ちゃんも無事なのよ」と言われ初めてそこで泣いた 

その後色んな人に色んな事を聞かれた 
勿論事が事なので K察 の方とも何度かお会いした 
ここで初めてはっきり自分に起こったことを知った 

続きます




63:名無しさん@おーぷん2016/12/21(水)15:41:55 ID:fiS
中一から卒業まで付き合った塾の先生
向こうから告られて付き合って自分も好きになった
でも高校入るときに
将来のこと考えて真剣に付き合っていくために
このまま付き合っていたらよくないので
一回別れて問題なくお付き合いできる年齢になったらもう一回
プロポーズするからと言われて真剣に考えてくれてるんだなーと
嬉しくて一回別れた
それなのに今別の生徒の子と付き合ってるっぽい
クリスマスもその子と過ごすらしい

復讐したい
質問です
もし中学の時付き合っていたことを塾にバラしたら
先生はどうなりますか?
私はどうなりますか?




753:名無しの心子知らず2011/05/02(月) 17:54:58.40ID:m5rwiRV7
土曜日に夫と二人で温泉旅館に宿泊。
夕食前に風呂へ行きガラッガラ。持参したシャンプー、リンス他で一通り洗った後、
他にお客もいなかったので自分が使っていたシャワー台にシャンプー類を置いたまま温泉に浸かりました。
しばらくすると5歳くらいの女の子を釣れた婆さんがやって来た。

いくつかのシャワー台を見回した後、何故か私のシャンプーなんかが置いてある台へ直行。
持参しただろうミニボトルに私のシャンプーその他を移しだす。
慌てて「私のです。やめてください。」と伝えるとババァが
「あっらぁ、やぁだ!旅館のと勘違いしちゃってぇ、うふふ。」と謝りもせず返すそぶりもなし。
旅館用意のものは安いリンスインシャンプーとボディシャンプーのみ。
あんだけ全体を見回しておいて、そこ一カ所だけに旅行用のミニボトルがあれば
どう考えても人のもんだと分かってただろう・・・。
ミニボトルなので取られたら、なくなってしまうので返してと言うとブツクサ言って
「くれたっていいじゃないケチね。勝手にとっていけ!」と吐き捨てられた。
それから聞こえるように「ケチだねー!バァバのものなのに怖いお姉さんに盗られちゃった」
女の子「あれバァバのなの?」
ババァ「そうだよ、くれたのに泥棒されちゃったの!」と会話。

ムカついて風呂から上がり、部屋で夫に愚痴り30分後、食堂へ。
一旦、切ります。 




このページのトップヘ