無視


922:名無しさん@HOME2011/10/31(月) 22:42:45 ID:O
便乗させてください。

ウトメから言われたこと、されたことが積もりに積もって旦那に伝えた(9月の話)。
旦那がウトメに言うと(私が言っていいと言った)、こんなトメールがきた。

嫁ちゃんごめんね。いろんなことで嫌な思いさせていたんだね。
でもこれだけは分かってほしいです。お母さんは嫁ちゃんが大好きだし感謝してるということです。このとおりがさつなところがあるので知らないうちに嫁ちゃんを傷つけていたこと反省しています。これから気をつけますね。ごめんなさい

→私、2週間無視
→心配してるから一度メールしてやってほしい(旦那から言われる)





283:名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/01(金) 13:01:26.13ID:VM8y7+I+r
嫁が機嫌が悪かったりすると、話しかけても露骨に無視する事がある
そして一度そのモードになると夜まで続く
日をまたいでも戻らない時もある
何ヵ月に一回とかならいいけど、最近は週1くらいに頻度が増えてきた


今まではそうなったら元に戻るまで関わらないようにしてたけど、
子供も3歳になり、両親の不穏な雰囲気も感じとるようになってきた
教育上良くないよね

それにこれくらい頻繁にそういう態度取られると、
こちらもそろそろ我慢の限界がきそう
というか今まで我慢してたのが逆に良くなかったのかな
怒鳴りつけるくらいした方がいいんだろうか




446:名無しさん@おーぷん2017/05/19(金)18:50:50 ID:QOP
彼氏30歳、私22歳。お互い会社員。
付き合い始めて2ヶ月なんだけど、なんか色々無理になった。

初めてのデートでランチ食べたあと会計でお財布を出そうとしたら
「いいよいいよ」と言われたので「ありがとう。ご馳走様でした」とお礼を言った。

その後入った喫茶店で席を立つ時に
「さっきご馳走してもらったから、ここは私が出しますね」って言ったら
「そう?ありがとう」って言われて私が支払った。

2度目、3度目のデートも同じ。
ちなみにまだ夜の食事は一緒にしていない。
私が父子家庭で、高校生の弟がいるので夜は家を空けられないから。ごはん作らなきゃだし。

それで先日のことだけど、毎回ランチの支払いで同じやり取りになってるので
そうなるの分かっててお財布だすのもかえって鬱陶しいかな、失礼かなと思って
彼の後ろで待ってて、支払ってくれたあと「ご馳走様でした」って言った。

お店を出たあと、ちょっと話をしようかって公園に連れていかれ
ベンチに座るとすぐに「今のなに?」って言われて意味分かんなくて「えっと、なんでしょうか」と聞き返した。
「たった4回目のデートでもう財布出す気もないの?」って言われた。

そんなつもりじゃなくて・・・と言ったあと、上に書いたようなことを説明しようとしたけど
ビックリし過ぎてドキドキして上手く言葉が出てこなかった。
そしたら「今日はもうそういう気になれないから」と帰ってしまった。

しばらくベンチに座ったままぼんやりしてたら、すごく幸せそうなカップルが何組も目の前を通り過ぎていって、
それ眺めてたらなんだか悲しくなった。
最初は私の家庭の事情を理解してくれて、送り迎えとかもしてくれて
やっぱり大人は違うなぁ、かっこいいなぁ、頼もしいなぁ、って思ってた。
だけど、よく分からなくなった。

私はどうするのが正解だったんだろう。お財布を出すかどうかってそんなに重要だったのかな。
それとも断られても半分出すべきだったのかな。
でもでも私が喫茶店で払う時は、彼は財布も出さなかったのに。意味が分からない。

そんなことがあったのに、何もなかったように次のデートのお誘い。
どう返事していいのか分からなくて既読無視の状態になったまま半日経って
「で、どうするの?返事ないんだけど!」って少しお怒りモード。
それでお財布出さなかった時の気持ちを書いて「どうするのが正解だったのか教えて下さい」と送った。

今度は彼の方が既読無視。
次の日も返事無かったから、もう悩むのも馬鹿々々しくなって
「短い間でしたがありがとうございました。さよなら」って送った。
それも既読無視。本当に終わった。回答だけは知りたかった。





136: 名無しさん@おーぷん 2015/11/10(火)17:09:06 ID:YF5
友達だと思っていたけど、結構なことを秘密にされていた。私は友達だと思われていなかったようだ。
本音をぶつけたほうがいいよ!本音を言えないなんて友達じゃないよと夫に言われ、真に受けて「○○されて悲しかったな。言って欲しかったな」とメールしたら無視された。
共通の友人に愚痴ったら、「○子も事情があるんだよ!すごい悩んでたんだから(メール無視も)理解してあげなよ!」と言われてしまった。
女同士で本音なんて言うもんじゃないんだと今更学習した。




581:名無しさん@HOME2008/12/25(木) 13:32:59
目の上のコブ程度の普通のウザさで、絶縁級に嫌ってたわけじゃないウトメ。
ある時、旦那との喧嘩が発端で私から積極的にウトメへの交渉を持たないようにした。
(ウトメ対応係みたいにされてることに積年の恨みが爆発し、自分の実家には各自自分で応対するシステムを確立させただけなんだけどね)
最近気づいたんだけど、私だけこの数年完全没交渉になってた。
もう今更なんで、会わす顔も交わす言葉もございませんw

もともと嫁子は眼中にナシなところがあって、うちにおねだりや干渉をしてくる時を除いて
お礼連絡だけは旦那の携帯に直通。手紙の類いは私を除く家族全員にメッセージ。
「ボケやがってw」とあまり気に留めてなかったけど、こんなんでも私が声掛けしてる間は
世間話することなんかもあってホッソイ糸でつながってたんだなと思う。
断ち切ったつもりは全然なかったけど、私が気遣わなくなった途端に結果的に完全没交渉でコリャマイッタネ。
逆に向こうからは気遣われてなかったことがこれでハッキリした。




53:名無しさん@HOME2014/07/18(金) 15:29:20.07 0
ありがとうございます。
トメさんは婚姻時より毒を吐き続けるような人でした。
元夫には全て悪気がないからと片付けられていました。
離婚後1年以上たっています。
私の兄弟に借りた物が元夫のところにあり(婚姻時住んでいた場所)、
それが必要だからとメール、電話を元夫にするも完全に無視。
怒る兄弟。
仕方がなく元義理実家へ電話をしました。
1回目ウトさん。
「坊息子に連絡させるから」
その後も、無視。



【1/4】
【2/4】
【3/4】
【4/4】←今ここです♪
805: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/08(土) 20:48:11.98
ともかくだ。 
嫁は離婚前提に動いてる。家も出その先の生活用品も買ってるのがその証拠。 
それに弁護士も入ってるなら、脅しやら揺さぶりではない。途中でやめたしたって 
座興に何万も掛けないからな。 
お前は「嫁を働かす方法」なんて相談しても無駄だ。別れた嫁が働こうとどうしようと 
他人になったお前は口出しはできない。 

嫁をいかに働かすかではなくて反省するべきを反省して離婚を阻止するか考えなきゃ 
駄目な時に、もっと絞る算段してるようじゃ帰ってくることはないぞ。


【1/4】
【2/4】
【3/4】←今ここです♪
【4/4】
751: スカイ ◆5j5aZAzWUg 2014/02/08(土) 19:28:27.95
どっちにしろ、足りないのは事実なんだから働くしかないよな。 
しかも、おれの給料で足りないんだから、子供と二人で嫁の給料でやるより 
共稼ぎの方がいいのは簡単な計算でわかるだろ。 

嫁は、出て行って何をしたいのかわからん。 
弁護士が言う生活費10万じゃ、今まで渡してた額より少ないんだから 
もっと生活が苦しくなるのがわかってるのに。


【1/4】
【2/4】←今ここです♪
【3/4】
【4/4】
687: スカイ ◆5j5aZAzWUg 2014/02/08(土) 17:22:19.60
暴力・暴言は嫁が言ってたことだから、気をひくために多少大げさに言ってるんだと思う。 
事実、子供は家ではおだやかに過ごしてるし、幼なじみと遊んでるの見ても穏やかだし。 
俺は、暴力をふるったり、声を荒げたりはしたことはない。 

結局、金が足りなくて嫁もイライラしてるんだから、 
働いて金が足りればイライラすることもないと思うんだ。 
嫁を働かせるにはどうすればいいんだろうな。 
嫁は子供が安定するまでは、家できちんと面倒みてあげたいっていうんだけど 
それで金が足りなくてイライラしてたら本末転倒だよな。


【1/4】←今ここです♪
【2/4】
【3/4】
【4/4】
635: スカイ ◆5j5aZAzWUg 2014/02/08(土) 16:06:55.62
すみません。さっぱりわからないので、相談にのってほしい。 

◆嫁が子どもを連れて家を出て行った 
◆戻って来てほしい 
◆45・会社員・650万 
◆41・パート・70~80万らしい 
◆持ち家で17万 
◆貯金なし 
◆借金80万くらい、嫁が生活費が足りないとキャッシングしていた 
◆13年 
◆子供1人、9歳、女児 
◆親とは別居 
◆相談者と嫁の離婚歴 なし 
◆離婚危機の原因の詳細 
勝手に出て行った。 
前から「生活費が足りない」と言っていたのを無視していたからかもしれない。 
何が不満なのか、何が希望なのか出て行ったあとに、メールしても 
「今まで言ってきたのに、わかっていないなら、もういいです」 
と返事が来た。



このページのトップヘ