海外


654: 名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火)21:27:27 ID:WbY
愚痴をここに書かせてください。

日本人の中で、ちんちくりんな人が
「カワイイ」「キレイ」と言われる風潮が
なんとかならんかなといつも思う。
黄色い肌に似合わないのに髪の毛茶色に染めて。
素顔がわからないくらい
マスカラとアイライナーで顔をゴテゴテにして。
胴長短足で短身なのに
髪の毛をくるくる巻いてブーツはいて。

似合ってない。もはや滑稽。
姿勢悪くてクネクネしてるのが
「カワイイ」とか言われたりして意味不明。

古いけど〇崎あゆみとかまったくその典型。
滑稽の極み。
もっと君に似合うスタイルは他にあるだろう、
としか言えない。

「私はいいと思わない」というと
目がおかしいとか僻みとかいわれるのも
なんとかならんものかな。同調圧力すごすぎ。

A〇Bも同様。
ガキくさくてクネクネして、頭悪そうで
(そう振舞ってるのだろうが)、
歌もダンスも素人で、
こんなのが人気なんて国として終わってる。

(もちろん、日本で、本当に素敵で人気ある人もいる。)

しかも、そんなわけわからない基準で判断された
「カワイくない」女性は、
イコール「モテない」「彼氏いない」
と思う風潮も呆れる。
女の価値って見た目だけなの?
価値観や人間性のほうがもっと重要だろう。

一時期仕事の関係で
ヨーロッパに住んでいたことがあるけど、
向こうの人(大多数)は普段からゴテゴテ着飾らない。
化粧も薄く、シンプルな服をきてるけど、
髪の毛をきれいにし、
普段から食べ物に気を遣って素肌をきれいにして、
自分の容姿にあう服を着てる。それが「オシャレ」。

肌が黒い人も白い人も、
ゲルマン系もアフリカ系もアラブ系もアジア系も、
それぞれ
「自分の良さを活かす、さりげないおしゃれ」
をしてる。

(ヨーロッパ住まい歴の長い日本人も、
そういうスタイルになる。
茶髪にして髪巻いて
毎日マスカラしてる日本人とかいない。
それがダサイと気づくから。)

服がボロボロで安っぽい化粧してるのに
財布だけヴィトン、みたいなのは
「ダサい」「幼稚」でしかない。

もちろん容姿がいい人を
「素敵だ」と褒めることはあるけど、
人間性の判断とは別だし、
見た目は恋愛の「入口」であって、
最終的にはお互いの価値観やスタイルで
付き合う・付き合わないを判断する。

愛想がよいだけで自分の意見がない女性は、
いくら見た目がよくてもモテない。
そういう多様性を認める考え方が
すごく居心地よくてしっくりきた。

いうまでもないが、
日本は日本でいいところたくさんあるし、
文化に優劣はないけれど、
そういう「恋愛」「容姿」「おしゃれ」に対する価値観は、
明らかにすごく幼稚だと感じる。

あと、「モテる」「モテない」の白黒で
人を判断するのもなんとかならんだろうか。
「あの人モテそうだから彼女いそう」
「あの人モテなさそうだから彼氏いなさそう」
みたいな。おかしかないか。

そもそも、アイドルみたいに
ファンを獲得して稼いでいる人でもあるまいし、
大多数に異性として好かれるっていいことだろうか?
安く見られている場合も多いし。

自分の興味がない人に好かれるって、
自分が好きな人に好かれるのと同じくらい
不要な「過不足」だと思うのだが。
自分の価値観・スタイルに合う人だけに
好かれればそれでいい。
そっちのほうが自然だと思う。

お目汚し失礼しました。





981: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/20(水) 22:19:26.78 ID:ZoZ8T9Wt
俺の母親が真夜中にベッドから落ちて、傍に置いてあった木製の箱にあばらの間の奥にある骨(なんていうのかよくわからん)を強打し骨折。 
俺が自車で先に母親を病院に連れてって、俺弟+叔父(母親の兄)が寝てたばあちゃんと車で後からついていくことになった。 

真夜中だから夜間救急センターに。 
その病院の救急センターはすごく狭くて、診断室もカーテンレールで仕切るだけの簡素なところだった。 

母親のレントゲンの用意してくるっていった先生がいなくなってからがぷち修羅場。 
隣の診断室にやってきていた患者らしきおっさんと、その先生の声が聞こえてきた。 

先生「××さん、最近海外に行かれてますか?」 
おっさん「はい、ちょっと前に」 
「女性買われましたよね?」 
「エッ」 

俺+母硬直。 

おっさん「いや・・・いや、買ってません」 
先生「独身ですよね?」 
おっさん「ハイ・・・」 
先生「これねえ、外国の女の人とじゃないとうつんない病気なんだよ」(キレ気味) 
おっさん「・・・・でも買ってませんし・・・」 

おっさんどんどん声が小さくなる。 
それまでありえないところが骨折していたからむちゃくちゃうめき声あげていた母も沈黙。 
ブサメンで20歳前後しかしアンなことやコンなことに興味がある息子であった俺も母とそんな話を聞かなくちゃいけなくなって沈黙。 

俺が絞り出した言葉が「外国の女じゃないとうつらない病気ってあるんだね・・・」 
俺カスだった。 

あの後母親に殴られるわ、たぶん声が聞こえたんであろう隣の診断室が静かになったのが俺の修羅場だ。



913: 名無しさん@HOME 2012/09/26(水) 17:22:46.82 O
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
年齢33才 
職業無し 
年収無し 
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額) 
41才 
会社員 
750万 
◆結婚年数 
6年 
◆子供の人数・年齢・性別 
男の子5歳が一人 
◆相談者と配偶者の離婚歴 
無し 
◆離婚危機の原因の詳細 

私と主人はお見合い結婚です。 
次男である主人に結婚前「あなたの両親とは同居出来ません」と伝えたら「どちらか片方が亡くなった場合側に住まわせるということは可能ですか」と聞かれたので「それも私は無理です。それがお望みならそれが出来る方と結婚お願いします」と伝ました。 
主人からは「わかりました。それもしません、だから結婚して下さい」と言うありがたい返事を頂き結婚に至りました。 
それから些細な喧嘩はありましたが子宝にも恵まれ仲良く生活していました。 
去年主人が二年間の海外赴任を任ぜられました。 
会社から二年間限定なので家族は日本においておくと言われたので主人と話し合いをし、主人が帰国するまで私は自分の実家にて子供と生活することになりました。 
続きます



682: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/27(木) 21:24:10.67
当方34歳の男です。 
妻がの仕事について心配事があり、
思い切って相談することにしました。 
妻の立場の方からのアドバイスも頂けると嬉しいです。 
多分長くなります、すみません。 

4年前、子どもがいる女性と結婚しました。 
子ども達との関係も良好で、実子にも恵まれています。 

元々、妻は前夫(し別)の
「小学生までの間は家で子どもを迎えて欲しい」
という希望の為、ほぼ専業主婦の様な状態でした。 
生活に困らないだけの遺産・遺族年金等があったので。 

しかし、私との結婚後、
子どもが想定以上に増えたこともあって
妻は仕事を増やし、
家を空けることも多くなりました。 
ここまでは共稼ぎの家庭なら
特に珍しくはない状況なのですが、
妻は最近海外へも行くようになり、 
その仕事を紹介してくれる男が
信用できないのが心配の種です。 

男(仮にPとします)は
妻の学生時代からの友人ですが、
Pは当時から妻に気があったようです。 
もし子ども達がPを受け入れていれば、
妻はPと再婚していた可能性もあるのでは、と思います。 
しかし子ども達はPを快く思っておらず、
私との再婚を後押ししてくれ、今に至ります。 

正直、仕事とは言え
妻が私の目が届かないところで
Pと接触するのは止めたかったです。 
ですが、妻の仕事は少し特殊な為、
才能だけで活動するのは難しく、
Pのオファーは大変魅力的な
チャンスであることも理解していました。 

また、前夫はPが来日する度に
自宅に彼を泊めることを許していたので、
私も器が大きい振り(?)をして
背中を押してしまいました。 
妻は、私が嫌なら断るし、交流が途絶えてもかまわない、
と言ってくれていたのですが。 

仕事へ行く妻は以前より生き生きとして明るいので、
応援したいと思っているし、 
家庭が全てだった妻の新しい生き甲斐を
奪うよう事はしたくないのですが、
妻が不在の間不安でたまりません。 
今更Pとの仕事を止めて欲しいと言うのは我侭でしょうか?



117: 名無しさん@HOME 2016/06/09(木) 20:10:19.19 0
初めて書き込みます。相談させてください。 
かなり長文です。 
現在海外に住んでおり書込規制があるため、
日本の友人に代行して書込してもらっているので、
レス等は不安定になるかもしれません。 

1.家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細 
・私は子なし夫婦の妻側です。 
・昨年夏、彼(現夫)が海外駐在の内示を受け、
私に家族として帯同して欲しいとプロポーズをして承諾。
駐在先はニューヨークで5年間限定。NYで初めて一緒に暮らします。 

・NYでの夫の仕事は激務で、平日0時超え帰宅は当たり前、
土日どちらか出勤、月に1~2度出張(二泊三日程度)が有ります。 

2.悩みの原因やその背景 
家計と、生活費についての2点です。 
(1)家計について私に手渡す生活費以外、一切明かさない 
夫は当初 
「家計の管理は俺がする。毎月生活費を渡すので、それでやりくりして欲しい」
と言いました。 
つづきます



このページのトップヘ