泥棒

66 :育児まとめニュース 2010/08/12(木) 10:05:50 ID:oCimaYqJ
海水浴であった泥未遂。
餌付け乙!が嫌いな人はとばすの推奨。

子ども連れて海に行った。
アサリとかカニとかエビとか採ったりして遊んだ。
その後砂でダムを造って、
どうやったら波に勝てるか?とか無理な遊びをしていた。

ダムが娘一人すっぽり入れる大きさになったころ
「いっだだだいいいいい!!」という声がして、
そちらに目をやると、うちのバケツに手を突っ込んでる女性.が
カニに手をがっちりはさまれている。
私と目が合うと気まずそうに「あの…えっと…」とか言う。
私も状況が読めず「あの…」みたいになって
「とりあえず取りますか?」って言ったら
「すいませんお願いします…」というので取ってあげた。
血がにじんで痛そうだった。

足の先まで入れたら大人の手のひら位あるカニなので、
パワーもそれなりなんだよね。
うじゃうじゃ入れてたから、
目的のカニはちゃんと背中を持っても、
その他のやつにはさまれたようだった。


165 :育児まとめニュース 2012/05/30(水) 14:17:13 ID:Jdosc7DX
かなり昔だけど泥された話、オカルト成分入り。
空気読まず投下。

うちは田舎のかなり古い家で、本当に古いだけで何もすごいことはないんだけど、ほんのちょっとだけ
自慢できることに「異国の血が混じってる」ってことがあった。
その関係で、母方のおばあちゃんが異国のおもちゃとか大事にしてて、それが母へと受け継がれてた。
中には相当な値打ちものがあるんだけど、そんなものはどうでもよくて、ただおばあちゃんが大事に
してたものというそれなりに丁寧な扱いをしていた。

十数年前のこと、都会から疎開してきたバツイチ家族(ママと子二人と両親)があいさつに来たのだけど、
田舎でお隣さんとも離れ気味とは言え、なんでうちのほうまで来るんだろうという程度の距離。
しかも何かと理由をつけて(子供をダシにしたりもらいものを持ってきたり等)家に上がりたがるような人だった。
こちとら田舎でも、やたら家の奥に入りたがるような人はさすがにつきあいたくなくなり、当然周りでも
そんなんだから当然のように孤立していきました。

ところがある時、同じ集落の人で、町でリサイクルショップをやってる旦那が夜中に突然やってきて、
「見間違いだったらいいんだけど、あれ、どこにある?」と言ってきました。
その顔色から母はピンときて、すぐにおばあちゃんの遺品を探したけど、いろいろなくなってました。
大事にしてたビスクドールのカトリーヌ(仮)、お守りのカメオ、さる貴族様から頂いたといういわく
つきのブローチ、etc...
他のはともかく、その三つについてはちょっとした問題があり、いわゆる家や家人を守ってくれてるんだけど、
その代わりに周りに災厄を起こしたり、無断で持ち出したりすると怒って災厄の固まりになるといわれているもの。
当時学生だった私は別に信じてたわけじゃないけど、確かに扱いが悪かったりするとなんか気持ち悪く
なったり不思議と悲しくなったりするのと、昔の遊び相手たちだったこともあり、一応大事にしてた。
そして母やショップ旦那はおばあちゃんが生きていた時に何かあったらしく、完全に信じてる人だった。

923 :育児まとめニュース 2017/04/17(月) 15:29:25 ID:gIJ
かなり前だったけど、ここだったか本家2chの方だったかで
スーパーの出入り口に置いてある他人の傘を平気で使う人がいるって話を読んで
「ナイナイw」と思ってた。でも本当にいたよ。怖いよ。
ある教室に通ってるんだけど、同じ教室と言うだけの関係の同年代の女性.(泥さん)と
教室帰りに買い物してたらバッタリ会って、
なんとなくそのまま雑談しながら一緒に歩いて店を出た。
そしたらいつの間にか土砂降り。
ふたり揃って「うわー降ってるー」ってなって、どうしようと困ってたら
泥さんが傘立てを物色しだして「私さんはこれでいい?」ってビニールを傘1本渡そうとしてきた。
泥さんも1本手に持ってる。
「え?だってそれ自分のじゃないでしょ」って言ったら「あとで戻しておけばいいんじゃない?」って言うから
「え?また今日来るの?」って聞いたら「今日は来ないわよーーー」って笑ってんの。
「だって持ち主さんだって雨降ってたら困るし、人のものを勝手に使えないよ」って言ったら
「たかがビニール傘じゃないの。100円とか200円でしょw」ってまだ笑ってる。
「ごめん、私そういうのダメだから。泥さんもやめなよ」って言ったら
「へぇ、結構真面目な人なんだね」だって。
その後は一緒にいたくなくて店内に戻ったけど、もう次回教室からまともな目で見れないわ。
あの人の中では泥棒しないってことが真面目な人なのか。
真面目以前に、当り前の常識を持たない人とは関わりたくないわ。

870 :育児まとめニュース 2019/03/17(日) 12:09:53 0.net
義兄嫁が故人のトメに祟られたトメと同じ箇所に癌になった助けてお祓い一緒に行って、でも双方の旦那には内緒にしてねと電話寄越してきた
トメさんは私からすればよくも悪くもない普通トメさんでした、同居義兄嫁にとってどうかは知らない
私達が結婚して5年目に胃がんが見つかって3年闘病して他界

義兄嫁は入院中のトメさんの部屋のタンスからダイヤの指輪を見つけて同居介護のお礼として貰ってもいいだろうと盗んだ
その後トメさんが亡くなって、指輪からペンダントにリフォームしたら祟られて癌になった、そうな

義兄嫁と私って仲いいわけではない、というか仲悪い方、だから助けるのも内緒もあっさり断って旦那に伝えて丸投げ
ついでに見舞いや入院中の手助けもお断りできたのは亡きトメさんの置き土産だろうか

466 :育児まとめニュース 2016/08/06(土) 21:37:10 ID:nfTg4OSm0.net
彼氏がいつもお金ない~○万円(毎回額は変わる、最低5万から)ちょうだいって言ってくる。どっちも働いてるけど彼の方が給料は圧倒的に上。私の職業と給料を誰でもできるし安月給と馬鹿にしてくる。
つい最近私の財布に入ってた3万円を抜こうとしてるのを目撃した。その3万円で何するの?って聞いたらパズ○ラに課金しようかと…って言われた。
人が頑張って稼いだ金を盗ってスマホゲーに課金とか例え冗談だとしても非常に不愉快だからいい加減にしろよと説教した。
でもまたお金盗まれるかもと思うともう無理。今度会ったら別れ話だな。

148 :育児まとめニュース 2010/08/13(金) 20:55:33 ID:uYOx7mzc
解決してないし、自分は当事者じゃないけど投下。
土用丑に泥ママが鰻屋から鰻を盗んだらしい。調理法が分からないからぶつ切り
にして焼くだけだったと自慢げに話をしてたので、
「鰻には血に毒があるのになんて事を!失明する人もいるのに大変!」
とマヤってgkbrして見せたら泥ママ真っ青になった。
泥棒とは付き合えないとその場でCOしてその後は知らないけど、それ以降顔を見
る度にげっそりしてるから謝りにも行ってない模様。
鰻の血の毒は加熱すれば問題ない事は敢えて言わなかった。

695 :育児まとめニュース 2011/10/08(土) 00:53:34 0
身内に手癖の悪い人がいた。あまり仲良くなかった義理の姉。
まさか某スーパーの株主優待カードを盗むとは思わなかった。
100株持ってるので、スーパーで半年ごとの買い物3%分の返金されるよと説明したら、知らない間に盗まれた。
普段から我が家のことを生活切り詰めて大変ねえ~って言って小ばかにしてたくせに。
転居して、近くにそのスーパーがなかったら使うことがなく気づかなかった。
気がついたのは偶然にも姑だった。
姑「立て替えたお金を返してもらうよ。」
義姉「いいよ、財布から取って。」
そのとき、姑が財布からカードを落としてしまい、拾い上げたら私の優待カードだったと。
カードに名前が入ってるから一発でバレた。
本人は、借りたカードと説明してたらしいが、姑からの電話で否定しといた。

191 :育児まとめニュース 2005/11/22(火) 02:01:38
昔、一人暮らししてたとき、朝起きてベランダのカーテン開けたら下着泥棒がわたしの下着を物色してた。
向こうも気付き、下着一枚持って逃げられた。
泥棒と目が合った瞬間は静かな修羅場でした。

907 :育児まとめニュース 2012/06/15(金) 14:10:58 0
昔の携帯で思い出したので晒してみる。
同人系なので苦手な方はスルーで。

五年ほど前まで付き合ってた元彼。
コミケ前日泊まりに来て、当日、私のサイフから有り金全部(十数マソ)
持っていきやがった。
頭に来て、荷物を全部外に出して友人宅へ。
その数時間後に来たメール。

件名:お元気ですか?
本文:お元気ですか?ボクは元気じゃありません。
どうして黙って逝ってしまったのですか?
でも…ボクが悪かったんですよね。
確かに君に黙って借りたのは悪かったと思っています。
でもその分、沢山素敵な本を勝手来たじゃないですか。
あの萌えと楽しさを共有したかったのに、君は冷たくなってしまった。

お願いですから鍵を開けてください。
開けてくれないなら、飛行機代をください。

この寒い空の下、ボクは震えています。
部屋の電気は消えていますが、君はいるのですよね?
早く君の胸でボクを暖めてください。
それとも冷たくなった君は、ボクを嫌いになりましたか?
寒いです。
寒いです。
本は暖めてくれません。
涙も凍ってしまいそうです。


勝手に杀殳すな。
っつかテメェがタヒんでろ。と思って即着拒したわ。


このページのトップヘ