毒親


501: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)11:07:39 ID:9RW
亡き姉の息子が典型的三文安。
今は姉夫とその母親に育てられてるが、大人全員を自分の奴隷と見なしており
ちょっとでも我が通らないと「何々のくせに俺に逆らうな!」とジャイアンのような台詞を吐きひっくり返って泣く。
嫌なことはしないし姉夫たちがさせないから、虫歯だらけで口臭プンプン。冬でもアイスばっか食ってる。
4月から幼稚園の年長。
俺は今年結婚予定で、結婚したら姉息子や姉夫とは疎遠になりたい。
うちの親にしたら姉の忘れ形見だし、唯一の孫なんであんなんでも可愛いらしいんだが
俺は「うんざりしてるし、彼女や未来の子供を近づけたくない」と主張。
そしたら親が俺を飛ばして、彼女に「息子を説得して」
「子供ができたら、ちゃんと孫ちゃんとイトコ付き合いさせてね」と陳情していた。
彼女は「二人で話し合います」と濁し、後日俺に打ちあけてきた。
ちなみに「子供ができたら、ちゃんと孫ちゃんとイトコ付き合いさせて」は姉夫とその母の願いで
うちの親は孫会いたさに言いなり状態らしい。
もう実親ごと切らないとあの姉息子と切れないんじゃないかと恐ろしい。
結婚を機にスパっと切るつもりだったが、実親まで切らなきゃいかんとは頭が痛い。
どうしたらいいんだろね





381名無しさん@HOME2012/12/13(木) 19:01:34.57 0
私が小学生の頃の修羅場。
姉は当時大学生。
父親が私に家族旅行の話をしてくれた。
何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。
小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。
前日、母と「楽しみだねー」と話してた。
当日の朝、父方の祖母と伯母が来た。
父「じゃ、行ってくるよ。お土産は買ってこないからな」
母「え?」
私「いってきまーす」
父「お前、ついてくる気か?」
私「え・・・だって家族旅行って・・・」
父「俺の家族の旅行。こっちの家族旅行。お前は姉ちゃん(母方伯母)とおふくろ(母方祖母)と家族じゃないだろw」
姉「何それ?家族って言ったら私たちのことじゃないの?」
私、大泣き。

姉はこっちの予定も聞かずに勝手に父がサクサク計画を立てたとブツブツ言ってたけど、まさか家族旅行の「家族」に自分たちがメンバーに入ってなかったとは思いもしなかったらしい。
当時の私は知らなかったけど、祖母は母に嫌がらせをしてたらしい。
伯母も嫌がらせしてたらしい。
私はよく伯母と祖母から「あんたのお母さんはだらしないからねー」と言われてた。
母がお味噌汁を吹きこぼしたことがあるから、そのことを言ってるのだとずっと思ってた。
何年も話題のネタはそれしかないあまり会話が上手くない祖母と伯母なんだと思う程度だった。
母と姉が父に言っても「どうせお前らが悪いんじゃね?」だったらしい。
そんな父が家族旅行を計画してくれたので、母も姉も父を見直して、勝手に進める計画にも反対や意見を言わないようにしてたそうだ。
ようやく家族に向き合ってくれたと喜んでもいたそうだ。





701: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:OXBcMdZ5
私たちを育てるために身体を壊すまで昼夜働いてた尊敬する母親が実は猛毒親と分かった時
小6から主婦してたので日常に困ることはないけど嘘ついて高校中退させたことは恨んでます




602: 名無しの心子知らず 2009/12/14(月) 15:39:49 ID:erox1hFC
前半非常識、後半セコ話です。 
クリニックに勤めています。 
隣にはホルモン焼き屋さん、さらにその隣には某携帯電話会社があります。 
今年の夏ですが、クリニックにホルモン屋のおやじさん(Hさん)が来て 
おたくの駐車場に止めてある軽の中で赤ん坊が泣いているよ、と教えて 
くれました。 

私はすぐに待合にいる患者さん数人に声をかけたのですが該当者なく、 
二階病棟に入院している患者さんのお見舞いの中にもいませんでした。 
私が「いないみたい。どこの人だろう」というと 
Hさん「俺、ちょっとほかのところもあたってみるわ」 
と去っていきました。 
車を見に行くと中はピンクで統一され、所狭しといろんなものが置かれたり 
ぶら下がっています。そのピンクの世界の中で赤ちゃんが全力で 
泣きわめいている姿は何とも異常で、なんとかしてやりたいが 
鍵がかかっているのでどうしようもない状態。 
とりあえず仕事に戻りましたが、赤ちゃんが心配で職員交代交代で 
様子を見に行っていました。 




291: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/27(土) 18:04:01.69 ID:cHwWV6AK
通販で買ったチーズケーキが昨日届いた。 
今日は会社が休みだったので昼まで寝て、 
わくわくしながら冷蔵庫を開けるとあるはずの箱がない。 
いくら探してもない。 
発狂しそうになりながらも夕方を迎えた。←今ここ 

思い当たるこというと、今日は母親が母親の実家へ出かけたこと。 
伯父夫婦と従弟妹どもに「これチーズケーキなのよ~♪」と差し出す母親の姿が浮かんでしまう。 
俺はこの伯父一家が大嫌いなので会うのも嫌なんだが 
母親は実家依存の気があるので昔からちょくちょく出かけている。 
同行を拒否できなかった小中学生時代はそれでかなり嫌な思いをしたものだ。 

とにかく嫌な予感がしてならない。 
些細どころではないな。はぁ…




このページのトップヘ