母親

857: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/05(日) 07:26:45.32
娘の結婚式に、母親が何も言わず突然チマチョゴリを着てきて、
破談になった話なら知ってる。
今とは違って韓流もハシりで一般的ではなく、新郎側の親戚が
チマチョゴリの中年女性が新婦の母親と知って騒然としたらしく、
そのまま式は中止、お食事会へ。
新婦が在日ではない、母親の趣味だと必タヒに説明したが、そもそも
娘のハレの日にチマチョゴリを着てくる神経がおかしい、しかもそれが
新婦の母親ということで結局破談。



365: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/21(日) 13:47:47.65 ID:L48x/6YT.net
長文の愚痴ですみません。

一緒に住み始めた初日に、生活は別々にしたいと提案してきた年上彼女。
ご飯も別々、部屋も別々、平日は会わない事のが多い、
土日も彼女は部屋に篭ってる、男女の営みもなし


彼女の誕生日は、休み取れないから無しと言われたが
有給取って友達と旅行に行ってた
俺の誕生日は、私は記念日とかお祝い事が嫌いだからという理由で無し

そんな彼女は結婚がしたいらしく、先日婚姻届を持ってきた。

もちろん俺は書けずにいたら、うちの母親に
『俺くんが婚姻届を渋って書いてくれない』
『俺くんは怒ると汚い言葉を使って私はいつも我慢してる』
『俺くんは言葉遣いからして、ただのヤクザですね』
『俺くんはまだまだ子供ですね(笑)』
等の愚痴LINEを送ってるとの事を母親から聞いた。

そんな中昨日彼女の両親が都内に来るとの事で彼女は会う予定で、
彼女は家を出る前に 
『婚姻届私の分は書いたから、書き終わったら持ってきてね。行ってきます』
とLINEが来た。

すぐに起きて、直接、俺はまだ書けないよ。と言うと不機嫌に。

彼女の意見としては、
・こんな温度差があったなんてショックだ。
・女性にとっては結婚は大イベントなのに、なんでそんな軽々しいのかわからない。
・なぜ、婚姻届を持ってきて、両親に会うという情報を
知っているはずなのに書かないのか。
そこまで言わなきゃ伝わらない関係だったのか。

そして昨日からずっと自室に引きこもり。
俺はどうすれば正解だったのか。



684: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/08/15(日) 11:54:30 ID:d8WFx9Xp
母親が他界して庭が荒れていたので、綺麗にするついで母の好きな花を植えようという事になりました。 
母は向日葵の花が大好きだったので向日葵の種を植えました。 
ちょうど時期もあっていたので姉も父もウキウキしていました。 
8月前半に花が立派に咲きました。 
母の誕生日に仏壇に添えてあげようと花を見にいったら花が全部切られて庭も荒らされていました。

何事か?と思い父に話しましたが父は
「騒ぎにしなくていい」と。
でも父が部屋で泣いてる所を見てしまいました。父と母は昔から近所付き合いを大切にする人だったので
裏切られたという思いが強かったのでしょう。
これ以上は何もしませんでした。
2日経った時最近、近所に引越ししてきた人が喫茶店を開いたというので
姉と一緒に行ったら机に一本ずつ向日葵が飾られていました。
綺麗だなぁ~と思い会計の時店のおばさんに
「向日葵綺麗ですね」と言うと
「やだー、あなたの家に咲いてた向日葵をとったのよー」と

一瞬理解できませんでしたが、私より姉が先におばさんの襟を掴みそれから色々あり…。

喫茶店が閉店しそのおばさん家族もどこかえ消えてしまいました。



804: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/22(月) 14:08:29.49
小6の時に母が再婚して、新しい父と弟ができた。 
酔うたびに暴力をふるった実の父と違って、新しい父は優しかったし、1つ下の弟はおとなしくて人見知りする子だけど、私にはなついてくれた。 
とてもうれしかったけど、しだいに弟の目からは光がなくなってオドオドするようになり、どんどんやつれていって家にいる時は部屋に閉じこもりきりになった。 
そして、中2の2学期から学校にも行かなくなって、部屋から全く出てこなくなる。

父はなかなか帰ってこなかったし、私にも塾や部活があったから専業主婦の母が弟の面倒を見てたけど、
「部屋に入れてもらえない」「長い間声を聞いていない」「どうなるんだろうか」と、弟のことを話すたびに悲しそうにしてて、母にそんな顔をさせる弟が憎かった。

高2の夏、学校で部活の合宿で泊まりこんでたけど、2日目の昼に忘れものを取りに行ったら、家の中から何かを叩くような大きな音が聞こえる。
弟の部屋方向なので恐る恐る行ってみると、母の怒鳴り声と、獣のような叫び声が聞こえてきて、ドアを開けると鬼のような形相をした母が、四つん這いでベッドの柱の鎖に首輪で繋がれてたなにかを長い定規で叩いていた。
よく見ると、それは見る影もなく痩せ衰え傷だらけで髪が伸び放題という、幽霊のような弟だった。
あまりの光景に絶句してると、母は私の方を向いていつもの優しい顔でニコニコ話しだしたけど怖くなって突き飛ばして走って逃げた。
気がつくと学校の保健室で寝てて、迎えに来た母を見て錯乱した私が錯乱して話したことから全てが露見した。


203: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/10/15(水) 14:03:26

ぶった切りスマソ

子供の頃血液型がわからなかった。
中学生のとき交通事故にあって入院。
初めて血液型を知った。A型だった。

アレ?

母親はO型 
父親はB型 
姉と兄がいるが、BとO 

私、誰のコ??? 

母を問いただすと
「実は不倫で出来ちゃって。
当時のパート先の上司がアンタの父親
ほら、たまに家に来てたおじさんよ?
アンタ一緒に遊園地とか行ったことあったでしょ 
もう病タヒしちゃったけどね。 

でもお父さんもお兄ちゃんお姉ちゃんも知らないんだから
アンタも一生内緒にしててよね 
戸籍だってお父さんのままだし、それでいいのよ」 

あれから20年。母が先日ガンでタヒんだ。 
誰もその事実を知らないままだ。 
私さえ黙っていればいいのかもしれないけど、
父親は何も知らずよくしてくれる。 
姉や兄よりかわいがられているかもしれない。 

複雑…




このページのトップヘ