武勇伝

17: 名無しさん@HOME 2011/06/27(月) 13:52:36.65 O
友達のトメにしたDQ返しを、許可を得てカキコ。

結婚式だろうが同窓会だろうが、家を空けることを絶対許さない友トメ。
友達は引き取り同居で在宅ワーク。
すごい忙しい仕事なのに、「家庭に入ってるんだから家事は全部やれ」、
「家庭に入ってるのに、孫の一人も産めないなんて、嫁の意味がない」、
などと、チクチク言われてるらしい。
ちなみに友トメは専業?居候?とにかく何もしてない。
生活費はウト払い。
友ウトは、定年まで帰ってこれない予定の海外赴任中。

先日友達の結婚式があったので、
写真やその他新婦から友達に渡すよう頼まれたものを持っていった。
新婦も家を出してもらえないことを心配してたし、
私は車で20分くらいの友近所だし、
新婦へのお祝儀を私が預かったのもあったので、頼まれた。
新婦自身が来たがってたんだけど、新郎の転勤についていってる
&新婚旅行に旅立ったのですぐには行けないから、と。




200: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/01(木) 19:40:42 ID:Mdg+IDRs
in電車内
席に空きがなかったので立ってる俺、同じように立ってる初老のおばさまが一人

その前には足どーんと広げて席を占有しつつデカい声でバカ話してる、
とっても見た目は大人、頭脳は子供なDQN高校生が二人
席の占有はともかく普通に煩かったので注意すると
「んだこらてめnかnkえぃあんんkゴルァ!」みたいな古代スワヒリ語で噛み付かれる

幸い仕事で鍛えてるので外見だけは頑丈そうに見える俺は
「あぁ上等だオラ次の駅d降りrやゴルァ!!」
みたいな自分でもよくわからん旧文明語で喧嘩を買い

次の駅でDQNを降ろして俺は降りなかった
閉まるドアの内側から、外でポカーンしてるDQNに笑顔で手を振る俺に車内は堪えた笑いでいっぱいだった

いいから笑いたきゃ笑えよorz
殴り合いの喧嘩なんかしたことねえもんよ・・・



724: 名無しさん@HOME 2014/11/14(金) 14:58:12.30 0
自分、夜勤があって稼げる仕事。 
農家の跡取りと同居で結婚したところ、義父母に借金があった。 
「よーし3年間は子供もたずに働いて返しちゃる!お義母さんその間家のことは 
お願いします」と張り切りまくってガソガソ稼いで2年ちょいで返した。 

ちょうどその頃に夫の浮気が発覚、理由は「女と結婚している気がしない、 
男でないような気がしたときにプリンちゃんが目の前にいて癒やされた」と。 
自分、大虎になって物壊したあげく1週間ほど家出して旅行して考えた結果、 
夫がそう感じるなら仕方ない、なら自分は潔く身を引いてやろうと思って 
一旦帰り、離婚届出した。

その後夫はプリンと結婚したけど、まあいわゆる農家らしいことで
うまくいかなくて離婚、夫は総スカン食って農業は廃業したと聞いた。

自分はその後別の人と結婚して子供にも恵まれ幸せにやってる。
 

647: 名無しさん@おーぷん 2014/06/03(火)14:23:38 ID:Gfdvxe6aW

弟をボコボコに殴ってカツアゲしたクソガキにした復讐

弟は昔から気弱でナヨナヨした風貌だから、
高校で不良三人組に目をつけられていじめ倒されるようになった。

その三人をA、B、Cと置こう。Aがその不良組の主犯で
BとCはそいつの取り巻き、まあジャイアンの下にスネ夫が二人いるようなもん。
いじめの内容としては、上履きを隠されたりノートに落書きされたり女子生徒がいる前で
体操服のズボンを下ろされたりそんなとこだった。

だがある日ついに校庭裏に呼び出されボコボコにされた挙句お金をせびられたそうだ。
んで「親には黙ってろ」と。

弟は優しいのと並行に気が弱いから「やられたらやり返す」ことがどうしても出来なかった。
弟はこの時この瞬間までいじめの事は黙っていたが、弟がだんだんやつれていて、
頭に白髪まで生え始めてきてるのを見て流石におかしいと思ったから私は思いきって弟に聞いてみた。

弟は涙ながらも正直に話してくれた。これはこのまま放っておくわけにはいかん、
そう思った私は早速行動に出る事に。とりあえずまず主犯のAを悉くぶっ潰すことにした。

とはいっても、相手の顔すら知らないから、弟に高校での集合写真を見せてもらい顔把握。
そして弟の体についた傷を隅から隅まで携帯で撮って保存しておいた。


356: おさかなくわえた名無しさん 03/04/14 15:57 ID:KSMi3P4K
武勇伝とはちと違うかもしれないけど。

私が中1の頃、父親の不倫が発覚した。相手は20代前半の素人娘。
もちろん母は激怒、父は畏縮しつつ母か愛人どちらを選ぶか選択を迫られ
もともと火遊びのつもりだった父は愛人と別れ家庭に戻ってきた。
その後、女はストーカー化(当時はまだストーカーという言葉がなかった)して
家の前に張り込んだり、無言電話、イタ電、家族の中傷ビラなどが始まった。
当初は両親の不倫騒動を「なさけない…」と冷めた目でみていた私ら兄妹だったが
イタ電が頻繁に起こるようになると怖くなってきた。もしかしてサイアク本当に一家離散も
あり得るかも、と不安な日々を過ごしていた。でもある日を境にそうした騒動がパタリとやんだ。

その後私達子供が成人してから知ったのだか、母が女のところにカタをつけにいったのだそう。
その時母が女にきった口上は
「そこまで付きまとうほどウチの旦那が良いなら、一緒になっていいです。
ただし我が家の嫁の本分を守ることが条件です。旦那は長男です。
年老いた姑の面倒を死ぬまでキチンと見る事。小3、中1、高1の3人の子供がいます。
成人するまで道に外れないよう躾けて面倒を見て大学までいかせる事。
家のローンもあと15年残っていますのでよろしくお願いします。
私は旦那の下で働いているので会社に入社してもらい、私の引き継ぎもしてもらいます。
部下の面倒もしっかり見て、会社運営を傾かせないようしっかり勤めて下さい。
もちろん私が旦那と別れる時は高額の慰謝料請求を起こしますので
毎月の支払いは滞らないようにして下さい。
貴女にこれだけの事を出来る心構えがありますか?あるんですか??」
女はグウの音も出ないまま、あっさり引き下がったそうです。

その時の様子をほがらかに語る母親の横顔がなんとなく偉大に見えた。


このページのトップヘ