最低


524: 名無しさん@HOME 2014/10/30(木) 21:27:50.17
去年、義兄が会社を辞めて妻子を連れて地元に戻って来た。 
(義実家で一時的に同居している) 
トメが夫にした話によると、義兄嫁がトラブルメーカーで社宅内で色々と 
問題を起こしたために、義兄が会社に居辛くなったらしい。 
私も義兄嫁は好きでは無い。 
滅多に会う事無いけど、私達次男一家には挨拶もする必要もないって感じの 
傲慢な態度なので会う度に嫌な思いをしているし、こちらを田舎だ田舎だと 
馬鹿にしてて、帰省したら着くなり「早く帰ろう」と義兄を急かしてるし、 
義兄子をうちの子に近づけようとしない。 

そんな大嫌いな田舎町に、義兄嫁が来たかったはずも無く、義兄が会社を 
辞めると決意した時点で自分の実家に帰ろうとしたらしいけど、実家で 
同居している犬猿の仲の兄嫁に拒否されたそうだ。 
トメから済まなそうに、 
「嫌かもしれないけど、ママ友に長男嫁を紹介してあげて」 
と頼まれたけど、未だに義兄嫁の方から何も言って来ないので放置している。 
義兄子は本当に良い子なので直ぐに地元の子供達と馴染んだが、義兄嫁が 
遊びに来た友達を追い払ったり、義兄子が遊びに行った家の奥さんに 
お礼どころか挨拶さえしないので、段々と「あの子とは遊んじゃ駄目」みたいな 
雰囲気になって来たため、トメが慌てて対応しているそうだ。 
ちなみに義兄はこちらで就職したが、親会社?で研修中とのことで月二回しか 
帰って来れない。 
最近、ママ友の間では「傲慢奥さん」の話題でもちきり。 
傲慢奥さん=義兄嫁の事で、私も同類と観なされないかヒヤヒヤしてるわ。
 





197: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)10:28:06 ID:Gum
ちょっと聞いてほしい。
嫁のお袋さんが肺炎になったらしく入院した。
だから見舞いに行きたいと嫁が言うんだがやっぱり行かせなきゃダメなもんか?
以前に脳卒中だかで倒れた時はさすがに見舞いに行かせてやったけどたかだか肺炎かかったぐらいで飛行機の距離の病院まで行かなくてもいんじゃね?って思う。
しかも祖父の墓参りにも行きたいから2日は滞在したいらしい。
本音で言うと肺炎ごときで行き帰りの飛行機代出したくないし嫁がいない間の飯の支度を自分でやるの面倒くさい。
年老いた親の心配して何が悪い!もう何年も会ってないんだからこんな時ぐらい快く行かせてよ!って嫁不機嫌になって部屋に篭ってて面倒くさいw




954: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/20(火) 23:55:49
携帯からだが相談たのむ。 
嫁がさっきまで泣きながら文句を延々と言ってきた。 
周りくどい言い方をする嫁だから長いんだけど、なんか要約すると別居したい、みたいな事言ってた。 
実際は行く所ないだろうし、出ていかないと思うけど一応相談。 

スペック 
俺、美容師で給料37万、親とは近距離別居。 

嫁、専業主婦、実家は往復5時間位かかる所。 

ギャンブル、浮気、無し




162: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/19(月) 11:54:20
ヒスられた。。 

仕事の飲み会で、家から少し離れたところで飲み会だった。 
21時半に終わる予定だったから22時頃に迎えに来てもらうようにお願いした。 

一回会計を22時前に〆たんだが、みんな帰る気配もなく、そうこうしている間に嫁到着。 
嫁は仕事仲間にも会ったことがあるし、
みんなも嫁も来ればいいというのでちょっと顔を出せないかと聞いたら 
スッピンだから絶対嫌だと。 

ちょっと待っててもらおうとお店を出た時に後輩カップルもついてきた。 
最初は嫌だと言っていたが後輩カップルも来てしまった手前、 
嫁も断りきれなかったようで、嫌々みんなの所へ来たが、すぐにトイレに行ってしまった。 
怒っているだろうと思い、そのあとすぐに退店したが遅かった。 
帰りの車の中で、「すっぴんだから嫌だったのに!」とヒステリー。 




345: 可愛い奥様 2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:j+IIufw4O
苛めた側だけど因果応報に怯えている。 

職場で少しとろいけど、誠実な後輩がきて、何か優等生ぶっているようでカンにさわった。 
上司の悪口とかに絶対にまじらない子だった。学歴も上で正直嫉妬だった。 

狭い職場だから、いかに相手が使えないかをマヤって同僚も仲間にした。 
後輩は四面楚歌で孤立した。正直気分がよかった。 
その後後輩は精神を病んで休職中。 

先日飲み会で後輩を苛めたのかと突き上げをくらい、認めざるを得なかった。 
後輩が自*でもしたら取り返しがつかないと怖くて仕方がない。 
因果応報がこれから来ると思うと、何であんなことしたんだろうって後悔している。




このページのトップヘ