975:名無しさん@おーぷん2016/01/07(木)18:03:46 ID:oxM
ものすごい長文になったけどゴメン。

ひいおばあちゃんが年末に腰を痛めて布団から出られなくなった。
私の家とはちょっと遠いけど接骨院が正月休みに入って行けないらしいし
普段お世話になっているし、お礼のつもりで毎日湿布を貼り換えに通っていた。

腰が鼻もかめないぐらい痛むらしくて、
杖ついてトイレに行くのが精いっぱいで本当つらそうなので、ひいおばあちゃんのお気に入りの
ローソンの鮭ハラミおにぎりやらオススメの袋チョコを買って
料理をしなくてもいいようにして安静にさせていた。

正月には薬剤師の勧める値段高めの湿布を選んだ甲斐あり効果抜群だったらしく、
杖なしでもトイレに行けるようになった。
「5日には大叔父夫婦が来る予定だからこれなら心配かけなくて済むわ〜」と喜んでいた。

すると2日の夜、叔父の嫁から突然電話がかかってきて
「明日家族で行きますね!」と言ってきたらしい。

その日も私がひいおばあちゃんちの家に行く約束をしているし腰を痛めているからね〜・・・と言ったけど行きたいと言って聞かない。
ひいおばあちゃんが私に電話をしてきて「叔父家族が居ても大丈夫?」と聞いてくるので「私は大丈夫だけどおばあちゃんこそ腰大丈夫?」と
聞いたら「なんとか頑張るよ」と言うので心配だけどなかなか会えないだろうし・・・と思い了承した。

次の日朝早くひいおばあちゃんちに行って私はコップを洗ったりジュースを買いに走ったりした。
ひいおばあちゃんは夜に電話があった後にとにかく量を食べる家族だから4人家族+私達だけど12人前の特上お寿司を注文したら、電話受付の人に
「本当はお正月は予約分しか受け付けていないんですが、いつも注文していただいているので特別にお作りできますよー」と言われたらしい。
この時点でお寿司屋さんに無理を言ってしまったんだけど、
当日になってから叔父嫁から寿司のネタを変更してほしいと電話がかかってきたらしい。

お寿司屋開店直後すぐ大量のネタ変更の電話をしてひいおばあちゃん
「無理を言って申し訳ありません」と電話口で謝りっぱなし。

叔父家族は朝10時にくると言っていたので、
お寿司屋さんに10時から11時の間に持ってきてほしいと注文したんだけど、
叔父家族が11時になって寿司が届いても家に来ない。
箸やお皿や座布団もセットしたけど電話一本かかってこない。

朝早く来ると言われたからひいおばあちゃんは腰が痛いし
あと1時間長く寝ていたかったけど無理して起きたのに来ない。
ひいおばあちゃんに携帯に電話したらどうか言ったけど固定電話しか知らなかった。
一応固定電話に電話をかけてみたら誰も出ないから家は出ているはず。
暖房をつけていたけどお寿司はナマモノだからと暖房を消して2人で凍えながら待ち続けていたら30分後にやっと来た。

玄関をあけてそんなに面識はないけど叔父夫婦に新年のあいさつをした。
子供が男女一人ずつ居るけどあいさつなしで目も合わせずスマホいじってる。
ひいおばあちゃんが「今日10時に来るはずじゃなかったの?」と聞いたら叔父嫁が
「10時に起きました!」とケロッと言いのけた。謝罪はなかった。

その後「これおみやげです〜」と近所の商店街にある某洋菓子屋のシュークリーム?と
クッッッソマズイことで有名な和菓子屋のまんじゅうをくれた。
(たとえば芋ようかんを買ったらスジだらけ、
一口かじるだけで本体がボロボロ崩れ落ちる 味も本当にひどい)
遅刻しただけでもだいぶ失礼だけど地元に来てからゆっくり商店街を散歩するヒマあるなら電話一本するのが礼儀じゃね?と心の中で思ったけど、
高校生の子供の前で親に恥をかかせるわけにもいかないし、
私のような若造に言われるのはメンツが潰れると思いニコニコしながら黙っていた。