教師


916:おさかなくわえた名無しさん[sage]2013/12/03(火) 12:22:42.06ID:zD/7UVOZ
特定されるかもしれないのでフェイク有り

某ド田舎の話。
田舎と言えば、あからさまに飛ばされて来たような基地教師が多いんです。
(例えば…普段は面白いが、すぐキレて暴力を振るう教師を始め、彼氏に殴られてアザだらけで来る教師や家に無断で乗り込むブサヨ教師等…)

そして副担任である美術の先生もその内の一人。
どういうタイプかと言うと、すぐ金切り声でファビョり、気に入らない生徒になれば人格まで否定。
僕も下手ながらも楽しみながら頑張っていたんですが、何かが気に食わなかったようで「アンタに絵の素質なんか無いのよ!」とツンデレ風に否定されてしまいました。
好きだった美術も素質がない理由だけで否定され、本当に精神的に参ってしまい一時登校拒否までに。

当時「ザ・ジャッジ」だの「行列の出来る~」だの法律番組がブームになって来た頃。
友人が「それって訴えればいいんじゃね?」と。どこに言えばいいか等色々調べてくれました。
すぐ教育委員会に電話をして色々親身になって話を聞いていただきました。

そして時間は流れ夏休み前の終業式が終わり…その教師から呼び出されました。「教育委員会から連絡があった」と。(認めたんかい)
何かと思えば「あの発言はそういう意味じゃない」「何で教育委員会に言うんだ」と言い訳…もうねry
呆れて無視して帰って再度教育委員会に電話。2学期の始業式で、その教師が飛ばされたことを知りました。

皆からはGJされ、「やったったwww」と強がりましたが、本当は大人相手なので電話も凄く怖かったですし、
「もし友人が親身に話を聞いてくれなかったら…」「もし教育委員会がpgrしてたら…」を考えると本当にヒキになってたかもしれません。


うどん県教育委員会と友人にGJしつつ、個人的には頑張った武勇伝?な話。違ったらスマソ





628:名無しさん@おーぷん[]2018/03/16(金)16:18:13 ID:nVn [1/3回]
みんなの衝撃体験と比べると全然だけど…

中学3年のとき、新任だったか、代わりの先生だかで若い男忄生教師が赴任して来た。確か25歳くらい。

その先生は男女共に人気で、その先生を本気で狙う女子もいたくらいだった。
その傍3年生の自分のクラスが崩壊して生徒にすごい罵声浴びせられたりいじめられてる女忄生教師がいた。
その女忄生教師は鬱かなんかで学校を休みがちになってた。
でもある日新しく赴任してきた男忄生教師と付き合ってるって噂が流れ始めた。
信じる人もいれば信じたくない人もたくさんいた。
それから何ヶ月か経って、卒業も近くなった頃、なんと若い男忄生教師と例の女忄生教師が結婚したと発表された。
付き合ってるって噂が立ってから全然経ってないし、まず男忄生教師が赴任してきてから1年も経ってない。
前から知り合いだったのかな?随分急いだ結婚だな。と思ったらまさかのデキ婚だった。
当時私はデキ婚てなんだか知らなくて、親に聞いたらそういうことだった。
デキ婚ってあんまりいい目で見られない職業の人たちが、受験直前っていうめちゃくちゃナイーブな時期にデキ婚を発表したのが衝撃。
デキ婚てものを知った時も衝撃。
その女忄生教師、全然自分のクラスのこと考えてないんだなあと思った。
鬱で学校来てなかったくせにやることはやるんだな、とも思った()
その後女忄生教師は退職して、男忄生教師は異動になった。
その後は地元から遠い高校行っちゃったから何もわからない。

オチもなく駄文で失礼しました。
思い出したので書いて見ました。




331: 2010/04/28(水) 12:30:36 ID:2PqKQJL00
五・六年の担任(女 親も教員)が私のことを嫌っていて、結構いやな目に合わされた。
その当時、その地区では珍しい私学受験の予定だったからかも。

子供は多少バカで勉強が出来なくても元気なのが良い、というのを曲解していて
バカで運動が得意な子ばかり可愛がって、頭は良いけど運動が苦手なタイプは出来損ない扱いだった。

そいつは私達が卒業した後に何故か地元に帰る事になっていたらしく、
改めて自分の地元の県の採用試験を受けたんだが見事に落ちてた。
家の母親はなんかの機会の時に「落ちてよかったですね。もう先生はやらない方がいいんじゃないですか」
と面と向って言ったのだと。
それぐらい家の母親も業を煮やしていた酷い奴だったんだよ。

その後、風の便りで「地元の美容師と結婚したものの、一人目を流産した」という話が伝わってきた。
当時の私の仲間連中(先生に嫌われてたメンバー)は誰も同情もしなかった。
ザマアミロって。

「教師も、同級生も、バカにした奴は皆、見返してやる。幸せになってね。」
これが私なりの復讐だった。中高一貫の私学で充実した六年間を過ごした。
最高学府を目指すほど頭は良くならなかったけど、大学は理学部に進学した。

そして今は何故か教員やってる。非常勤だけどさ。
あの頃、自分が味わった惨めな思いを味あわせたくないから
目立たない子、地味な子も均等に扱っていくように心がけてる。
目立つ奴の影で、そいつなりの良さを認めてもらいたくてひっそり咲いている小さな花のような子の力に
少しでもなれることができたらいいな。
理想の子供像に当てはめるんじゃなくてね。




870: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/10(火) 17:56:14.34 ID:TIiGWFQ5.net
小学校の担任がクラスのいじめを解決できず、自分は月の半分学校休み、出てきたら出てきたで舅姑の悪口言うような人だった(ちなみに担任は男です。妻の実家に同居していたみたいです) 
私にとって自分が持てる力、コネすべてを使って教師生命断ち切らせたい人だった。

この人のせいでいじめが激化し、以降苦しめられている神経性胃炎にかかったから。 

20年経ち、教師生命は経ちきれなかったが、それなりの地位に就いていた彼を
大きな顔ができないようにすることはできました。

その先生の記念会で、県の教育界の偉い人や名士の前で
私が経験したことを話したから(たまたま私にどんな先生か話すように依頼が来た)。 
どれだけ辛かったか、しかし助けてくれなかったことを綿々と語り、最後は笑顔で 
「でもちゃんと先生してて、○○先生って本当にすごいですよね」 
会場がヒソヒソ、渋い顔や「嘘でしょ?」と先生を見る顔。 

会が終わり先生は怒りの表情でこちらに来たが、
その前方を遮るように名士が「○○さんのお嬢さん!」と挨拶に来た。 
「辛い経験されたんですね」「はい。でもだから今の私があるんです。ね、先生?」 

名士が先生を見る。その時の先生の顔は忘れない。 





このページのトップヘ