感動

381:名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/18(月) 18:18:03.77
息子がベーコン入り、ペペロンチーノをあっという間に作った。
涙が出るくらい旨かった。「サイゼでよく食ってれるから作り方くらい想像よ」だと。炒飯も旨かったんだよな。いつまでも学生で家にいてくれ。




402:名無しさん@どーでもいいことだが。2000/11/14(火) 15:59
すみません、和むと言うより涙が出るほど嬉しかったので、ここに書かせて下さい。
1年前から行方不明になっていたうちの犬(ひらめ/オス/3歳)が戻ってきました!

探して探して、似た犬がいると聞けば遠くでもすっ飛んでいって探したのに 
見つからなかったので半分以上諦めてかけいたんですが、 
今日、見知らぬお兄さんと一緒に(でも、ヨレヨレになって)帰ってきました! 
お兄さんが言うには、隣の市の小さな山に鎖でつながれていたのを発見したとか。 
「すぐにつれてこようと思ったんだけれど、怪我してたので 
 動物病院に入院させていたので、遅くなっちゃいました。 
 連絡しときたかったんですけれど、首輪には住所しかなかったんで・・・すみません」という 
お兄さんの言葉通りに、あちこち傷だらけになってたけど、垂れ下がった眉は確かにひらめで。 
帰ってきてくれた嬉しさと、お兄さんの優しさに、ひらめ抱きしめたまま号泣しちゃいました。 
(しかも、お兄さん、うちまでの交通費も、ひらめの治療費も受け取ってくれなかった。 
 無理矢理に連絡先は聞いたので、今度ひらめと一緒に御礼を持っていこうと思います。) 

今だったら、どんなひどいことされても許せそうなぐらい、心広くなってます。 
おかえり、ひらめ。今日は一杯御飯食べようね。 
(超個人的和みなので、さげときます)




1:名も無き被検体774号+2013/03/27(水) 17:28:21.07 ID:pAAX5QQj0
大学時代、就活に失敗。
そのまま卒業し公務員になろうと考えたが
上手くいくはずもなく、一年以上にわたり引きこもり生活を続けてた

そんな俺の話だが暇つぶしにでも聞いてくれ

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1364372901/
クズな俺でも夢を持った



374: 本当にあった怖い名無し[sage] 2009/11/22(日) 09:52:59 ID:brOtIIkR0
父と妹の話。 

4年ほど前、父が肺がんで亡くなりました。 
過労やストレスなどもあり、余命半年の所、2か月で。 

父は大変子煩悩で、遅くできた末妹を、とても可愛がっていましたし、 
また、末妹も極度のファザコンと言えるぐらいに、父とはべったりでした。 
「いつも笑い顔でいろ」と言う父の言葉を体現するかのように、妹は太陽のように明るい笑顔。 
生まれた時から、妹は内臓に疾患があって病弱だったけど、父はそれでも大変可愛がってました。 
父が倒れてから、妹は東京での仕事を辞めて帰郷し、付きっ切りで看病しました。 

変わり果てた父の傍で、妹はいつも、手を握って話しかけて居ました。 
「父ちゃん、あれ(テレビに映ってる食べ物)美味しそうだね、父ちゃん早く治ってよ。兄ちゃんに連れてってもらおう」 
笑顔でうなずく父。 
「父ちゃん、父ちゃんが知らない美味しいお酒、いっぱい私知ってるよ。父ちゃんへのお土産にも買ってきたよ。 
だからね、父ちゃん、一緒に飲もうね。おうち帰って、一緒に飲もうね。父ちゃんの好きなレバニラとか塩ホルモンも食べようよ」 
酒好きの父、それは俺と妹に受け継がれています。 
酒の話に、とてもうれしそうになる父。 
思い出の曲を静かに歌う妹と、耳を傾ける父。 

「お馬の親子」という曲は、父がよくまだ幼かった妹を背中に乗せて歌っていた歌でした。 
散歩に出かけた時も、手をつないでいつも一緒に歌っていました。 
父が携帯電話を持った時、妹は父からの着信音を「お馬の親子」にしていました。 

父の逝く日の夕方、父は妹に、「休め」と、口の動きで伝えました。 
それを見て、渋った妹ですが、父が余りにも言うので、付き添いの人用の仮眠室に行ったそうです。 
そして、父は逝きました。妹以外の家族と、兄弟たちに見守られて。 

起こされた妹が、父の傍に行くと、手を握ってまるで狼の咆哮にも似たような声で10分ほど大泣きしました。 
病棟全体に響き渡るような大声でした。父の事で、妹が泣いたのはそれっきりです。


1: 名も無き被検体774号+ 2011/07/13(水) 01:00:39.87 ID:XNVlncRV0
当時のことを思い出していたら涙が止まらなくなった。
単なる養子だった、とか後妻だった、とかそういう話ではないんだ。
俺の半生なんて需要無いことはわかっているが、お前らに聞いて欲しい

代行人が立てたので、遅くなるかもしれません


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/02/28(土) 01:08:12.18 ID:jJN+gkWs0
44歳で一週間前に亡くなった。 
少し気持ちも落ち着いてきた。 
何でスレ立てようとしてるかもわかんないけど、 
話聞いてくれないかな?



1:2010/07/29(木) 20:29:40.91 ID:
板違いだったらスマソ。

精一杯の24年間を生きた嫁と、漏れの、出会いから別れまでの
17年間という長いようで短い、回想です。

つれづれ思い出しながらなので、亀展開ご容赦。。。 ( ´`)



703: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 14:49:18.61 ID:/qbkwRTC.net
ちょっと長くなるかもしれん。
仮に俺の名前を山田太郎としよう。
数年前の話、父親とジャスコで買い物して映画をみようとしてたら「鈴木大輔?」って知らない人に声をかけられた。
「ちがいます」「いや、誰がどうみても鈴木だろ。俺だよ、高校で2個上だった田中だよ」
「ちがいます、人違いです。私は山田です」って説明したら、「人違いでしたすいません」って謝って離れて行った。
そのまま、映画館に入ったが、なんかこの時からうちの親父の様子がおかしかった。
コーラとコーヒーを間違えたり、劇場の番号間違えたり、映画おわっても、感想聞いても全く答えられなかったし、とにかく変だった。
で、どっかで食事しようと思ったら突然、「さっき、お前を鈴木大輔って呼んできた人を捜そう」
と言い出した。何がなんだかわからんかった。

850: 名無しさんといつまでも一緒 2007/06/13(水) 18:14:24
俺の嫁さんの母親実は自分の不倫で離婚したのに 
父親の不倫で離婚したと親戚含め皆で言ってたので 
ずっと信じてた 

で結婚する時もうわだかまりも無いしせめて報告だけでもしておきたいと 
母に言ったらもう切れまくりの泣きまくりで 
居場所も何もかも何にも教えてくれなかったらしい 

嫁さんが小学校3年ぐらいの時に離婚したので 
何となく憶えてる自分の父の実家に駄目もとで俺と行ったのよ 
そしたらまだ普通に暮らしてた

その日は結局声も掛けれなくてそのまま結婚式が過ぎて
2ヶ月ぐらい経ったときやっぱり行ってみようとなって
行ってみたのよ

そしたら何か感動の再会
父親を呼び出して20年ぶりの再会
で初めて事の真相を知ったと
実の父も今は再婚してるんだけど子供はいないらしく
何故か物凄く歓待された、俺は便乗なんだけど




このページのトップヘ