意地悪

452: おさかなくわえた名無しさん 2008/05/26(月) 23:15:47 ID:EVm6SJN/
私は肌がかなり過敏で美容液や化粧品は使えないのに、何度それを説明しても、
「ちょっとなら大丈夫なんじゃないの?」と勧めてきた元彼。
で、その彼が私の家に泊まった次の早朝、顔に違和感を感じて起きたら、
顔が真ん丸に腫れ上がっていた。慌てて鏡を見に行くと肌は真っ赤。
原因は元彼が寝ている私に試供品の美容液や乳液を塗りたくったから。
私が怒ると、お前のためにわざわざ手に入れたのに何で怒られなきゃいけない
と開き直り、「本当にそんなに腫れるんだな!」と大笑いする彼。
男を殴りたいと思ったのは初めてでした・・・。


610: 名無しさん@HOME 02/11/17 00:04
 
私はスキーリしたのでおつまみにでも。 
私は新婚で、義理の家族にも恵まれています。(今から本性が出るのかも) 
ですが、実の母親の姑(私からみたら婆さん)が最悪だという事を

今更ですが実感しました。

去年数年ぶりに盆に(祖父のお墓参りに)帰ったときに会ったのですが
(父はマスオさんなので実家ではないです)
そこで初めて会った私の夫に(結婚式は挙げなかったので)

「まぁよう肥えとんなぁ」
「目から上はいい男やなぁ」

など本人を目の前にしてDQN発言全開。
あげく手土産が塩せんべいだった事に対して
「私コレきら~い。まぁ近所にでもやってまうからええわ」
…まあ、そこまでだったらただの愚痴になってしまうのですが問題はその後。


そのVavaの命とも言うべき内孫の従兄弟が我侭ばかりを言い、
あげく私たちにゲームを買えだのと小遣いをせびりに来ました。
数年会っていない間に、ヤツはVavaの偏愛に満ちた教育のおかげで
躾のなっていないバカ餓鬼に変貌を遂げていました。

これじゃいかん、ていうかいいかげんにしる!と思い軽く説教をしたら
太ももを思い切り 蹴 ら れ ま し た。




【前編】


302: 1/2 2008/05/31(土) 21:16:43

数スレ前にトメの頭を掴んでチャーハンに突っ込んだ嫁です。

あの後トメ凸をくらいました。
コトメ(既婚、隣県在住)を引き連れて、私を義実家に相応しい嫁子として教育してやる!
と我が家へ突撃してきました。

トメにあることないこと吹き込まれたコトメは
「嫁子ちゃんにも言い分はあると思うけどお母さんに対してすまないと思わないの?」
と言い放ち、トメはにんまり顔。
そっちがその気ならとコトメに今までの出来事全て話してやりました。

・飯時を狙ってやってきて散々文句を言って、そのくせは食費も払わずに飯は食っていく。
・イヤゲモノ攻撃、迷惑ですとオブラートに包んで言えば最近の若い子は感謝もできないのかと嫌味攻撃。
・もしものときに、と渡してあった合鍵を使って留守中に勝手に入り込んで家捜しして、夫婦の寝室まで入り込んだ挙句タンスの中や押入れも物色。
その後「避妊なんかしてたらいつまでたっても孫ができないでしょ!!」と説教垂れる。
(たぶんコンドー*の減り具合とかもチェックしてたんだと思う)



【後編】


597: 名無しさん@HOME 2008/05/18(日) 20:34:05

近距離別居のトメにやったDQ返し。

飯時をねらってしょっちゅうやってきては散々
「まずい」「義実家の味付けじゃない」
「こんなもの出されてムチュコチャンかわいそう」と喚く。

旦那に何度〆られても
「嫁子に言わされてるのね…かわいそうなムチュコチャン」
でスルーするトメ。

結婚して1年は我慢したが土曜日に
義実家に行って作った食事をトメに「うっかり悪気はなく」で捨てられた。
ちなみに旦那の好物、筍の煮物。
前日からしっかり灰汁抜きして、旦那も楽しみにしてたのに。

切れた旦那のOK貰って決行しました。

昨日のことなんてなかったかのように昼食をたかりにきたトメ。
今日の昼食はチャーハンだったけど、それが気に入らなかった
ようで手抜きだの、主婦失格だと散々喚くトメ。




【前編】


32: 名無しさん@HOME 2012/11/29(木) 19:51:35.75 0

一緒に暮らし始めてから半年ぐらいで
その男に連れられてその男の故郷に引っ越すことになってしまった。

北海道根室市。
丁度私が小学校二年から三年に上がる直前の春休みに引っ越した。

共同の玄関で靴を脱いで各々の部屋へ、トイレは共同のものが外にあり風呂はない、
という古い造りの木造アパートだった。
こんな寒い所で冬場に銭湯まで歩くのはイヤだ、となってすぐ引っ越し。
風呂付き一軒家の借家だったが台所の床が明らかに傾斜していた。

このへんまでは母のお相手はまあまあ大人しい男だった。
しかし、地元に戻って飲み歩きを覚えてから雲行きが怪しくなってきた。



このページのトップヘ