怪我


104:名無しさん@おーぷん2016/03/19(土)15:19:21ID:W27
1/3
平凡な生活しかしていない自分の修羅場

中学に上がる前の春休みから、塾でも行っとく?的な流れで塾に行き始めた。同じ考えの同級生や、同じ中学になるであろうもうひとつの小学校の同級生なども居て友達もできて嬉しくて勉強はついで。ってな感じで通っていた。
おじいちゃん塾講師がほとんどな中、大学生の塾講師が3人入ってきた、その中の女の先生が自分たちのクラスの担当になったのが中学に入って3ヶ月程の頃。
その女の先生の教え方が慣れてない感じがして、私たちもなにを言われてるかよく理解できないまま話を聞いていたが1人の生徒が授業に飽きたのか隣の席の私に話しかけてきた。まあ好きな人の話とかそんなものだったんだけど、その好きな人の名前を「ダイチ」とする

長いので分けます。





92: 可愛い奥様2016/04/04(月) 17:21:51.86 ID:w3gby2Tn0.net

相談に乗ってください、宜しくお願いします。 

パート勤務を月末からはじめたのですが
入って6日目に利き腕に大きな怪我を負いました。 
仕事を暫く休ませて頂いたのですが、
利き腕が使えない状況がいつまで続くか分からず、
新人が仕事復帰を待って欲しいと言うのも
非常識かと思い
退職の意向をパート先に伝えました。

ですが、まだ契約書も提出していない状態で
お給料の振込先なども提示していません。
「短い間でしたがありがとうございました。」
と言って電話が終わってしまったのですが、
数日間のお給料は諦めるべきでしょうか。

こちらにも罪悪感があるため強く言えないです…



693 :育児まとめニュース 2015/08/30(日) 17:30:55 ID:4AA
突然ごめん。不思議ネタ。
ソフト開発の仕事で独立したばかりの頃、タヒぬほど忙しくて家事がおろそかになり、洗い物を溜めてしまった。研いだばかりの包丁に汚れがこびりついていたので、スポンジでゴシゴシ洗っていたら、ツルっと手がすべって切れ味の良い包丁でスッパリと手が切れた。

その瞬間なぜかスローモーションになり、
お願いします!!今は大事な仕事があるんです、怪我するなら終わってからにしてください!!

みたいなことを願ったら傷はなくなり、ただのひっかき傷みたいなのだけになった。
夫に話しても信じてもらえず、疲れてるのかなと思い仕事をやり終え床についた。

が、一週間後、ちょうど納期を終えたところで何もしていないはずが以前スッパリ切った場所からダラダラ血が流れた。

忙しくて外食ばかりだったので包丁は握ってすらいない。
人間って、気合いで怪我を遅らせることができるのかなと本気で思った。


216:名無しの心子知らず\(^o^)/2014/06/17(火) 16:52:19.29 ID:QCxW0u+e.net
マトモな書き込み初めてなので不備があったら失礼。

先日娘が保育園で怪我をした。
額をかなりパックリいったので
近所で評判だという形成外科を勧められ通院。

医師が一目みてこれは「縫わなくちゃだめだねー」と言われる。
その場でやたら早口の看護師に術後の説明をされる。

・抜糸は1週間後
・毎日ガーゼをかえる
・激しい運動厳禁
・汗かかせるな、水で濡らすな

縫合後は特に説明もなく会計を済ませ退散。

その後ドラ○グストアで消毒薬、脱脂綿、ガーゼ等を購入し
毎日清潔なガーゼにとりかえ
シャンプーする時も濡らさないように気を付けて1週間過ごした。

長いいわれたので続く




423:名無しの心子知らず2011/12/08(木) 18:14:17.54ID:7luSQxyr
通り魔が出没した近隣住み。
小学生の登下校に付き添わず、呑気に家の前でずっとお喋りしているお母さん達。

喋ってる暇があったら、付き添えば?と思ったけど、口には出さずに挨拶した。
そしたら、「私さんったら、過保護ーwww」と、お母さん達に指を指され、一斉にpgr。

で、昨日。
pgrしたお母さんの子が、登校中にちょっと怪我をした。
「私さん!何を見てたのよ!!うちの子供、怪我したのよっ!!」
と、何故か私が泣きながら責められた。

いや、うちの子と登校班違うじゃん。
その前に、遅刻ぎりぎりで自分の登校班に間に合わずに、急げよ!と一人で走らせたのあなたじゃん。
しかも、送りもしないで、喋り続けてたじゃん。

「役に立たなくてごめんね。私じゃ鈍くて何かあった時に対応出来ないから、今度からあなたが付いてあげて!」
と、泣き言返ししたら、

「え?なんで?」

と、素で返されたwww




321:名無しさん@HOME2010/03/15(月) 16:59:49 0
まだ妻から何も言われたりはしてないけど、かなりやばい状況。

4つほど離れた県に単身赴任中。
週末、一日か二日帰宅し、子供のオムツや食料を家族で買出しに行き
時間があれば掃除機もかけたり、子供を風呂に入れたり。

でもこの状況(一週間、妻は24時間ひとりで8ヶ月子の世話)に妻が疲れきってるのは気付いていたのに

きのう、俺が戻る際に「もう疲れた、週末も買出しのみだし、子供は可愛いけど何も楽しいことがない」というのを「そういわれても、分かってるけどしょうがないし」と思ってスルーしてしまったら
今日、台所で妻が倒れ、そのとき子供も一緒に転倒し怪我とヤケド。


妻は下半身に数箇所手のひらほどのヤケドで、子供は妻がとっさに突き飛ばし、ちょっと赤味のみ。(子供は通院の必要なし、妻はこれから数日は毎日通院)

昨日もっと妻を休ませないといけなかったのに、買出しに子供と二人で行きたくなくて妻も連れ出し、自分が赴任先へ持っていく食事も多く作らせて、拭き掃除してるの見ながら参加せず。

誕生日プレゼントもスルーしてしまった。
食後、妻がトイレで吐いてたけど、あんまり真剣に体調聞かなかった。

今日何度も電話で話したけど、たんたんと状況を話だけ・・
今日戻ろうかと言ったけれど、いいって言われたし、
とりあえず俺の親に手伝いに行かせたけど・・




469: 名無しさん@HOME 2014/03/25(火) 16:18:59.17
流血あり閲注です 

小学校2年の時の話 
その日は二学期の最終日で、終業式の日 
歩いて学校に行ってたら、上級生に体を抱きかかえられた 
道の側端は田んぼになってて2mくらい下にあるんだが、そこで放り投げられた 

そしたら、どうやら田んぼ脇の側溝の角に頭をぶつけたらしい 
気が付いたら、上の道路には人が山ほど群がってた 
ふと自分の手を見たら真っ赤になってて、頭から汗が止まらないと思ったらそれは血だった 
そっからまた記憶が飛ぶ 

次に気付いたのは車の中 
学校の先生が俺を抱き抱えてて、必タヒに呼びかけてた 
正直、なんて言ってたかは覚えていない 
そんで手を見たら、やっぱり真っ赤に染まってた 
そしてまた記憶が飛ぶ 

次に気付いたのは病院のベッドの上 
マンガで見たように、頭に包帯がぐるぐる巻きになってた 
そっからが本当に地獄だった 
重度の脳震盪だったらしく、基本的に何も口に入れれなかった 
1週間ほど病院で点滴を受けて、そっから自宅でずっと寝たきり 
動くと気分が悪かったから何も出来ない 
その間にその上級生+父親、一緒にいたその他生徒+親、上級生の担任の先生+校長先生+教頭先生が入れ代わり立ち代わり家に謝罪に来た 
もっとも、当時の俺はそれが謝罪とは分からなくて、単純にお菓子やフルーツを持ってきてくれるのが嬉しかった 
そっから冬休み中養生し、学校の始業式に参加した 

ちなみに、それからよく「忄生格が変わった」とか「好みが変わった」とよく言われた 
もしかしたら、当時の俺はその時にタヒんでしまったのかもしれない





155: 名無しの心子知らず 2008/06/08(日) 14:17:27 ID:KElpNBa7
小3の娘が、手首をハサミで切られて帰ってきた。 
初めに手首の絆創膏を見た時は、やんちゃな娘がまた怪我したか~ 
程度でしたが、話を聞いてみるど唖然。 
・A君が娘の道具箱をひっくり返し、娘のハサミを使いながら道具箱の中身を挟んで拾っていた 
・ハサミで拾っていると傷がつくから止めてと娘は制止しようとした。 
・A君はその娘をからかうかのようにわざと中身をハサミでつかみ、切り始めた。 
・娘は切られているものを無理やり取ろうとしたら、
ハサミを持ったA君も一緒に追いかけてきて、手首をバチンと切った。 

幸い『くの字』に皮膚が切れただけで、筋や血管まで傷は達していなかったが、
ここから怒りの幕開け 

続きます




127:おさかなくわえた名無しさん2012/12/30(日) 22:39:15.97 ID:S9AGtymT
足首を痛めてギプスを巻いていたが
昨日晴れて外せることになった。
でもしばらくはサポーターを巻いておかないといけないとのことで
病院から足首用のサポーターを購入することになった。

金額が14000円。
ええっ、こんなちゃちな物がそんなにするの!?
帰宅してネットで同じ品番を調べたら楽天で4800円で売っていた。
いったい誰が儲けているんですか。



825: 名無しさん@HOME 2010/07/15(木) 19:13:35 0

・・・・やっちゃった、殴っちゃったよ・・・ 
トメ鼻血出してた
警察呼ぶ!訴える!牢屋に入れてやるー!って叫んでた
さっきやってきたばかりでまだ体中震えてる
殴ったことはDQだと思うけどこらえられなかったけど
警察が来たら逮捕されるんだろうか・・・こどもどうしたらいいんだろう・・



このページのトップヘ