862: 名無しさん@おーぷん 2017/10/30(月)09:57:06 ID:BFH
近所に住んでたAは鍵っ子だったんだけど、学童に通ってなくて
友達の家に行くと怖がって帰りたがらなくて困った。
というか、学校から下校するときも同じ感じだから
家庭で何かあったのではと疑われていた。
A親は学童に入れ忘れたらしくて、習い事をさせたりしたけど
「1人でいるのが怖い」とかなり怯えてすぐやめた。
Aは中学の前の公園で部活帰りのお姉ちゃんとその友達を待って
一緒に家に帰るようになったけどだいぶ疎まれていた。
姉の後ろをとぼとぼ歩くAが目撃されるようになった。

中学も夜遅くに帰るのが怖いと部活の入部を拒否。
この頃には誰にも迷惑をかけてないけど、
「自意識過剰じゃね?」と悪口も言われていたと思う。

高校は別々になったがAと大学で再会した。
未だに夜道が怖いらしいがどうにか歩いて帰ってるらしい。
夜は電気をつけないと眠れないんだって。

その理由が子供の頃から父親に猟奇氾罪やサツ人氾の話を
枕元で聞かされていたらしい。

父親は歴史好きで普通の歴史話もしていてその一環らしいけど、
本人が意味も分かってないうちから猟奇的なサツ人の話をされて
怖かったって。
日本のサツ人事件、失踪事件はほぼ知ってるらしい。
解決した凶悪事件は内容も氾人もかなり詳しく。

おまけに1人で家にいる時にコロされた事件や
自分と同じく小学生がコロされた事件の話をされて
誰か一緒にいないとコロされると思うようになったらしい。

小学校の担任にも相談したら、怖がるから事件の話は
やめて下さいと注意してもらったそうだが効果なし。
事件が風化したらどうするんだ、大事な話だ!と逆ギレ。
父は姉と母と険悪でまともに話を聞いたのはAだけだったとか。

もちろん、身内にサツ人事件の関係者などいない。
A姉は結婚して子供が幼稚園児くらいだが、
同じように事件の話をして姉一家に絶縁されてるらしい。

これって虐待じゃないのか…。
でも、暴力振るわれてないから微妙なのか?
Aも夜1人でいるのは怖いけど父が嫌だから
大学卒業したら一人暮らしするって言ってた。