彼氏


826: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 2015/04/04(土) 20:57:15.26 ID:sabt9L+l.net
某夢の国で誕生日を当時、付き合ってた彼が祝ってくれた時に冷めた話。


まず、私に何の相談もなくレストランを予約し、それが和食のレストランだった。理由は 
「ちょこちょこ頼めるから」 
という理由らしいが、おそらくネットでメニューを見て単価が一番、安いのが、そのレストランだったからだと思う。 
といっても安いのは枝豆とか前菜的なものだけで普通にディナー的な物を食べようとすると夢の国価格なのは、他のレストランと同じだった。 
だが、彼は何故か安い前菜的なものしか頼まず 
「普段、お前はこんな高い店に行かないから分からないだろうけど、ここは高級だから、こうやって一品、一品だされるんだぞ」 
とか言われ、さらに冷めた。 
そして、前菜的な料理の写真をパシャパシャ撮って 
「普通の奴は、こんな高級な店で食べないからネタになる!」 
と日に10人程度しかアクセスのないブログのネタにしているのを見て、一気に冷めた。 
年パスを持っている私の中では夢の国のディナーは1人5000円~が相場と思っていたから彼の考え方は衝撃だった。 
そんなに節約したいなら、夢の国に行くなよと思ってしまった。あそこは散財しに行く国だ。






27:恋人は名無しさん2017/11/04(土) 09:18:09.44ID:fAOgW33p0
ここでスレ合ってるか分かんないけど。

最近うちの家族と私の彼氏で食事をした。
家族と彼氏が会うのは初めて。
構成として、私の父、姉夫婦、姉の子供。
そして私と彼氏。
うちの父親はお喋り好きで、お酒もあってかいつにも増して饒舌。
団塊の世代の父なんだけれど、自分知識とか社会の事とか人生経験の話とか、
そういう話をひたすら喋ってた。
分かる。すんごいつまらなかった話ばかりだと思う。難しかったと思う。
でもね、父は嬉しかっんだと思う。
娘の彼氏って、普通の父親ならムスッとした態度で迎えてそうだけれど、
うちの父親は違った。どちらかといえば歓迎してた。

でもそんな父の話を
タヒんだ魚の目みたいな顔してずっと聞いてた彼氏にスレタイ。
なんか気怠そうな顔して聞いてたからショックだった。
いい大人なんだから、なんかもっといい顔で聞いて欲しかった。

ただ彼氏の気持ちもわかるし
父の気持ちもわかるし
ずっとモヤモヤしてる。




136:恋人は名無しさん2016/11/06(日) 20:37:15.82 ID:RV/Y/I3s0.net
お邪魔します。
家に帰ってきたし頭の整理がてらに吐き出し。
カラオケで彼に本気で「一回でいいからボコらせて。うんって言って。お願い」
とスマホで録画しながら頼まれてスレタイ

「無理無理無理!」
「とりあえずうんって言うだけでいいから!な、お願い!一回だけでいいから!」
私半泣き。意味不明。メチャクチャ怖い。
彼に理由を聞いてみた女をなぐりまくって過去のトラウマを一掃させたいらしい。
私関係なさすぎ。
「一回だけ!本当に一回だけ!もし怪我したら治療費払うし!」と何度も懇願する彼に「ここ、監視カメラあるしあなたの発言全部記録されてるけど警察行く?どうする?」と聞いたら「怖ッ!怯えてるふりしてそんな事考えてた訳!?やっぱ女って腹黒いわ!」と顔を歪ませた。
そのまま三千円だけ置いて「一生連絡してこないで」と言って先に店を出てきたけど未だに恐怖と不安が治まらない。




31:おさかなくわえた名無しさん[sage]2011/10/01(土) 12:02:06.81 ID:oCDA54aZ
うちの父親は自衛官。
高校生の頃、初めて出来た彼がいた。
その人に親の仕事を聞かれて自衛官だよと答えたら
「えっ・・・マジ?」とドン引きしたっぽい顔をされた。
「嫌じゃない?親がそういう仕事って」と言われたのでムッとして「別に。何で?」と答えたら黙って帰っていった。
そして翌日、彼に別れを切り出された。
「うちの家、みんな自衛隊嫌いなんだよね」
「親に話したら自衛官の子はやめたほうがいいって言われた」
そういう話を馬鹿にしたような薄ら笑いで言われた。
当時は悲しい半分、腹立ち半分だったけど、今思い出すと純粋に腹が立つ。




16:恋人は名無しさん2009/09/14(月) 22:24:17 ID:8ObYjdH4O
流れ㌧切りします。
・嫌煙の私に喫煙者の彼は煙草を渡して常に携帯するよう指示。
持っていなければ軽蔑したような顔して「気が効かない女だな」
・彼が煙草を吸う際、ライターですぐに火をつけろとの指示。
最初は意味がわからなくて呆然としてたら「気が効かry」
上の2つは、口論の末、今ではもうなくなりましたが
他にもシねだのくたばれだのは当たり前のように使われます。

…ついさっき、別れ話を切り出しました。
彼と別れてひとりになるのが怖かったけど、
それ以前に今のわたしはひとりの人間として扱ってもらえてないことにやっと気が付いた




このページのトップヘ