小学生


658: 名無しの心子知らず 2016/09/13(火) 00:37:08.72 ID:SOK6m7G0
流れ切ってしまって申し訳ないんだけど、ちょっと書かせて。 
うちの子(小4男子)が、友達とうまく遊べないみたいなんだ。 

学校から帰るとすぐに『今日は○君と遊んでくる』って
嬉しそうに飛び出していって元気に帰ってくるんだけど、 
よくよく聞いてみると、学校の休み時間含め、結構な頻度でいやなことがあるらしい。

ありがちなやつで、ドッジボールで狙い撃ちされる、
他の子ならOKなことも息子だけダメ、 
かくれんぼで数えてるうちに皆帰っちゃうなど。 

うちの子、そういう時怒らないんだ。
気が弱いから、しょんぼりしたり、ただ泣いちゃうんだって。 

でも、友達みんな大好きだから、
「入れて」と言っても断られても、約束して行ったのに仲間外れにされても、 
ひとりで遊んで待ってるんだって。 
そういう時とか、悲しいことあったら帰っておいでって言ってるんだけど、なかなか。 

親からすると動物好きな優しくて面白い子で、
クラスの子の文句なんか1回も聞いたことない。 
きついことされて泣いて帰ってきた日も、
「△君ちょっと怒りっぽいところあるから」くらい。 

とにかく遊ぶの好きだから、「入れて」って言われても断らないし、
出かけた先の公園では、知らない子と年齢問わずすぐに一緒に遊び始めるよ。 
最近家で口ごたえとかすごいけど、
夏休み開けてから勉強も、学校生活の細々した事も頑張ってるんだ。 

友達からすれば、理由はあるのかもしれない。 
キレて「うおーっ」ってならないから、大人しめな子もいじわるするのかな。 

前同じクラスで親しかった子が、「息子と遊ぶな」とか周りに言ってる
とも言ってた。 
少し前にお祭りがあって息子と友達の様子見てたけど、
輪に入ってたのに、いつのまにかポツンと一人になってたよ。 
積極的にじゃなくて、ナチュラルに無視されてる感じ。 

初めてのお神輿参加で何していいか分からず不安そうだったから、
私行ってよかった。 
もう、かわいそうでたまらない。 
どうしたら楽しく過ごせるだろう。





159: 可愛い奥様@転載は禁止 2014/07/25(金) 02:26:07.75 ID:WCIvgZxY0
都会の下町育ちだけど、子供の頃は近所が専業主婦ばっかりで 
共働きの我が家はいろいろと監視に近いことされてた 
「昨日、お母さん残業だったのね」とか
「夜にラーメンばっかり食べさせられて可哀想ね」とか 
ついでにその専業の子供たちにむちゃくちゃ虐められた 
「貧乏人」「親からほったらかしだから汚い」って集団登校で毎日ランドセル蹴られてた 
両親が必タヒにお金貯めてそこから抜け出してくれたけど 
家を買ったら買ったで「新参者」
「若いくせに持ち家なんて生意気」とまた近所(またもや専業ばかり)から虐められた 
都会もガラの悪いところは環境良くないよ




228:名無しの心子知らず2007/11/14(水) 01:47:15 ID:XvhQW0wV
子供(男)が風邪で学校を休んだ。
何人か(男女混合)クラスの子達が、連絡帳を届けに&お見舞いがてら来てくれた。
・・・のは嬉しいし、有り難い事だったんだけど、ひとりとんでもない子(女の子)がいた。

私がはめている指輪とネックレス(スターサファイヤ、安物w)が面白かったらしい。
欲しい欲しい!!!と騒ぎ出した。
「これは、おじちゃん(旦那)がおばちゃんに買ってくれた物だから、あげられないよ」
と説明しても泣き喚いて大騒ぎする。ほんと「いやだーほーしーいー、キィィィィー!!!」って感じ。
見えるから泣き喚くんだと思い、仕舞っておいた。

が・・・。




182:名無しさん@おーぷん2018/06/15(金)12:11:05 ID:UMg
小5の娘がいるんだが嫁と意見が割れてる。
嫁がすごく本を読むので娘も自然と読むようになったんだがラノベとかじゃなく大人用の本を読んでる。
娘は「ラノベはファンタジーばっかりで自分に合わない」と言う。
嫁は「嫌いな本を押し付けないで。好きな本を読ませてやって」と言う。
でもまだ小学生だし、大人向けの本はサツジンやベッドシーンがあり好ましくない。
漫画も、嫁の本棚から勝手に持ってきて大人が読むようなのを読んでいる。


嫁は「わが家にレディコミみたいな過激なセー描写の本や漫画は一冊もない。あなたこそPCで変なサイト見たら履歴を消して。
サツジンが駄目なのにコナンはいいの?」とへりくつ。そういうことじゃないんだが。
昨日は江国香織の本を読んでた。同性.愛の話のやつ。こういうの小学生が読むってどう思うよ??





521:おさかなくわえた名無しさん[]2013/01/27(日) 00:19:10.24ID:0TEkG3iF
武勇伝と言うよりはDQN返しの話かもしれないけど、大目に見てほしい。


小学生の頃、とある事情で隣のクラスの担任をブン殴った事で、親呼び出しの上、校長室で説教された。
その時母親に、教頭が「先生を殴るなんて前代未聞、この子は犯罪者予備軍ですよ」なんて言われた。
"予備軍"なんて言葉を知らなかった自分は、後でその言葉の意味を聞いてかなり傷ついた。


その後、中学校に進んだ自分は、体育祭の来賓席で、他の学校の校長になった(元)教頭に出会って、
PTA会長とか、他小学校の校長とかお偉方の集まってるのを見計らって、
「お久しぶりですT先生(教頭)、覚えてますか!○○です。
  T先生に、親の前で"犯罪者予備軍"って言われた○○ですよ!」
と親しげを装って暴露してやった。
もちろん「そんな事は言ってないよ!」とか否定はしていたが、
翌年、別の小学校に転勤したというのを、同じく小学校教師をしていて俺に悪知恵を授けてくれた母親に聞いた。


後日談になるけど、もう社会人になった先日、近くのレストランで家族と食事している所に出くわしたんだが、
まぁ、流石に時効だし、こっちも大人になったんで何も言わなかったけど、
家族の前でも暴露した方が、話は面白かったかも知れんとちょっと後悔している。




873:名無しの心子知らず2018/01/14(日) 02:24:02.14ID:54Z1uPxz
学年主任の先生のところには発達の子の中でも問題アリの子
が入るそうなんだけれど
1人の子はもう親御さんも薬も飲ませていることも認めていて、
保護者会でも「すみません」と小さくなっているお母さんで
こちらも気の毒に感じていた




830:名無しさん@おーぷん2018/05/31(木)15:39:31ID:ULp
大学生で、小学生相手に家庭教師をしています。
時々、教え子たちになんと教えたら良いのか分からないようなことを聞かれて、戸惑うことも多いです。
この前は、国語が苦手な男の子に
「漁村っていう言葉はなんで『りょうそん』って読まないの?漁師って言葉は『りょうし』って読むし、『ぎょ』って読ませたいなら魚っていう漢字を使えば良いと思う」と言われ、
思わず「確かに」と頷いてしまいました。


大人になると、勉強って「こうやって覚えれば良い」っていうように覚えることへの要領を掴むけど、子供は一つの理不尽な躓きをずっと引きずるから大変。
兄妹を一緒に教えているけど、お兄ちゃんは算数得意で国語苦手。妹ちゃんは国語得意の算数苦手。
毎週毎週、すごく頭抱えながら勉強を教えてるけど、こっちも脳の活性化になって楽しいとも思います。

最近は漢字の部首や冠のパネルを作っていって、部首当てクイズやってる。
一番末っ子の保育園児ちゃんが、「先生絵本読んで」と膝に座らせながら小学生の勉強の指導、二時間で3人の子供を相手にしてるハードなバイトだけど、テストの点が上がってくれるとすごく嬉しい。





299: 2015/01/04(日) 11:05:04.01 ID:Ma0PeHs4
小学生の頃、地震で崩れた建物に巻き込まれた時、893にたすけられて

親戚一家みんなで相談して父親とお礼に行ったのがいままでで一番の衝撃




469: 名無しさん@HOME 2014/03/25(火) 16:18:59.17
流血あり閲注です 

小学校2年の時の話 
その日は二学期の最終日で、終業式の日 
歩いて学校に行ってたら、上級生に体を抱きかかえられた 
道の側端は田んぼになってて2mくらい下にあるんだが、そこで放り投げられた 

そしたら、どうやら田んぼ脇の側溝の角に頭をぶつけたらしい 
気が付いたら、上の道路には人が山ほど群がってた 
ふと自分の手を見たら真っ赤になってて、頭から汗が止まらないと思ったらそれは血だった 
そっからまた記憶が飛ぶ 

次に気付いたのは車の中 
学校の先生が俺を抱き抱えてて、必タヒに呼びかけてた 
正直、なんて言ってたかは覚えていない 
そんで手を見たら、やっぱり真っ赤に染まってた 
そしてまた記憶が飛ぶ 

次に気付いたのは病院のベッドの上 
マンガで見たように、頭に包帯がぐるぐる巻きになってた 
そっからが本当に地獄だった 
重度の脳震盪だったらしく、基本的に何も口に入れれなかった 
1週間ほど病院で点滴を受けて、そっから自宅でずっと寝たきり 
動くと気分が悪かったから何も出来ない 
その間にその上級生+父親、一緒にいたその他生徒+親、上級生の担任の先生+校長先生+教頭先生が入れ代わり立ち代わり家に謝罪に来た 
もっとも、当時の俺はそれが謝罪とは分からなくて、単純にお菓子やフルーツを持ってきてくれるのが嬉しかった 
そっから冬休み中養生し、学校の始業式に参加した 

ちなみに、それからよく「忄生格が変わった」とか「好みが変わった」とよく言われた 
もしかしたら、当時の俺はその時にタヒんでしまったのかもしれない





このページのトップヘ