対人恐怖症

565: 名無しさん@HOME 2012/01/15(日) 01:32:35

友人Aは小学校の頃にいじめられて、 
それ以来ちょっとだけ対人恐怖症みたいになってしまった。 

それから月日は流れ、うちらはアラサ―になった。 
Aは叶いっこない夢ばかり追って、金持の親の元でニートをしていた。 
さすがにどうなのこの人と思っていたところ、 
ある日、ひょんなことからAに告白された。

いじめ以来人が恐くて、職についてもうまくいかないらしい。
でも、Aには少数だがちゃんといい友人がいるし、
一緒に出かけても、店員などともうまくコミュニケーションが取れている。
たしかに男性全般は苦手っぽいが、メンタル系の医者にかかったこともない。

頭にきて、はっきり言ってやった。
「そんなの甘え。いつまでも20年前のことを持ち出して恥ずかしい」
「……うん」
「誰の役にも立てずに、社会のゴミになるなら、さっさとタヒんだほうがマシだよ」
「……そうかも。ありがとね」

その後、Aはジサツしました。
遺書には、「すみません。私はこの世界に適応できませんでした」とだけ書かれていたみたい。




44: 愛と死の名無しさん 2010/02/09(火) 11:37:10
不幸かどうか微妙なんだけど…つい最近の話。

新郎の幼馴染(生まれた時から一緒で家族同然だったらしい)が新郎父のお気に入りで
披露宴の最中、新婦そっちのけで新郎父が色んな人に幼馴染を紹介してて新婦が可哀想だった。

家族同然ってことだったから、幼馴染は新郎祖父母とも仲良しで新婦の居場所が無さそうだったし…

その紹介っていうのも、結婚とかにまったく興味を持ってない幼馴染の子供見たさに
新郎父が出会いをせっついてたみたいで、なまじ美人だったせいで男性陣が興味津々
+なんであっちと結婚しなかったんだよーとか口々に言うせいで新婦がほぼ空気に…。

2次会も話題は幼馴染のことでもちきりで、新婦の話題が殆ど無く新婦は所在なさげ。

対人恐怖症らしいのを新郎父が無理やり引っ張って参加させたって事だから
幼馴染が悪い訳では無いだろうけど、とにかく新婦にとっては不幸な結婚式だったんじゃないかと思う…



このページのトップヘ