家族


334: 名無しさんといつまでも一緒 2006/08/09(水) 11:19:52 0
先日の土曜、妻が寝室に入ってきました。 

いつもは子供部屋で2人の子と寝ているので、一緒に寝る事はありません。 
春先からはレスと言ってもいい位で… 
兎に角久しぶりに「ニコッ」と笑みを浮かべながらベッドに近づいて来ました。
結婚して8年が過ぎています。 
その間、同居こそしていないものの、私の母親との関係や子供の事で、彼女はかなりのストレスを抱えていたと思います。 

仕事柄、付き合いも多く、十分に悩みも聞いてやる事も出来なかった。 
夫としては力不足だったのでしょう。 



915:おさかなくわえた名無しさん2017/03/25(土) 15:36:45.47ID:1vt8MRgl
今となれば笑えるけど当時はみんなそれぞれ悩んだ家族の修羅場

産みの母は、俺を生んでタヒんだ。
心臓周りの血管に元々持病があったらしい。だから、俺は産みの母を知らない。
産みの母がタヒんで、俺を育てるのに必タヒだった親父をすぐに助けたのが、
二つ下で父の幼なじみだった養母(以後母と)

ちょうど、母にも子供(姉貴)がいて、丁度いいからと面倒を見てくれた。
そっちの父とは離婚したそうだ。理由は知らん。教えてくれない。
そこで色々あって、俺が3つの時に再婚、四人家族になった。
まあ、父方の祖父母曰く、収まるところに収まったんじゃろ、とのこと。
(別に産みの母を嫌っている訳では無い。むしろ褒めていた。)
ところが、小4の時に、親父がタヒんだ。
心臓だった。めちゃくちゃ朝早いはずの親父が朝起きて来なくて、
そのまま冷たくなってた。
俺も、姉貴も、タヒぬほど泣いた。

両親の祖父母の手助けで生きていたが、中学2年の時に、母が再婚した。
同じように嫁さんを病気で無くした、近くの大きな鉄工所のオーナーだった。
親父と、そんなに年変わんないんだ。
そこにも、弟と妹がいた。
というか、姉貴→妹繋がりで知り合って、再婚、となった。

ここでまず、俺の脳内修羅場発生。
「血が繋がった人がいなくなった。」

この修羅場が表に出たのが、俺の大学受験のとき。
父の意向で高校、大学、院までぶっ続けで行ける技術系の学園にいたんだけど、ある日父に
「お前、大学どうする?受験?エスカレーター?」
って言われて
「受験はしません。エスカレーターもしません。就職して、家を出ます。
これ以上、迷惑はかけられません。俺は、あなた方と血が繋がってないんです」
って返した。返してしまった。

自分でも、やっちまったな、とは思ったわ。でも、しょうがないじゃん。
技術系の大学の学費、私立たけーんだって。
年間、基本で150行くんだぞ。追加で色々発生するし。で、弟妹もいるしな。

無論、タヒんだ父母の保険金や、
既に亡くなってる父方祖母の保険金やらで俺ひとりでも賄えない事は無い。
盛大にお釣りが来る。でも、多分、親父はそれを使うことを許さない、そういう人だ。
分かってたから、そう言った。家を出ますってね。
ぶった斬るならここしかない、って。


1: 名も無き被検体774号 2017/03/12(日) 17:13:54.32 ID:PQ+i2CqI
親父にグーで殴られた
母ちゃんに瓶足された
弟と妹は口をきいてくれない
\(^o^)/オワタ

2: 名も無き被検体774号 2017/03/12(日) 17:17:03.64 ID:7RfT43Qn
お前がわるい 



45:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/11/01(土) 20:55:48.19ID:W8UbDMhz
数年前に、私と夫と8歳の娘の家族3人でキャンプに行った時の話。
3人でぶらぶら周辺の森を散策していると、小学生ぐらいの女の子が倒れてた。
夫が慌てた様子で女の子に駆け寄ると、直ぐに心臓マッサージと人工呼吸を始めた。
私と娘も走ってキャンプ場まで戻り、大声で助けを呼びかけると女の子の両親だという若い夫婦が来た。
そして全員でさっきの場所に戻ると女の子は無事に蘇生し、夫が見守りながら休んでいる様子。

私は何があったのかを詳しく両親に説明。
私たち3人が森を歩いてたところ女の子が倒れていたということ。
確認したところ呼吸が止まっていた心肺停止の状態だったということ。
そして夫が直ぐに心臓マッサージと人工呼吸を始めたということ・・・を説明していた時
突然女の子の母親の表情が般若の様になり、「うちの娘になにをしやがんだあああ!!」
「ふざけんじゃないわよこの痴漢魔がああああ!!」と夫に襲い掛かった。
慌てて私は母親を引き剥がそうとしたけど力が強く、なかなか剥がれない。
女の子の父親に手伝ってもらってなんとか剥がしたものの、母親の興奮は冷め遣らず
父親はそんな母親を引きずり、お礼を言って女の子と去っていった。

けどその後キャンプ場に戻り、夫と娘が遊んでいたところを見ていた時
私はついさっきの夫が女の子に救命措置をしていた光景を思い出した。
(思えば夫は変だった。物凄いむしゃぶりつかんばかりの勢いで人工呼吸していたし・・・)
(心臓マッサージもなんか獣の様相でやってたし・・・)
(あれは女の子の胸を触りたくて、口付けをしたくてやってたのかな・・・?)
(そうすると女の子の母親があんなに怒ってたのも辻褄が合うし・・・)
(そうすると夫は娘にも同じことをしたがってるのかもしれない・・・)などとありえない考えが頭を回ってた。
それから家に帰ってもしばらくその事を考えているうちに夫への不信感が募っていき
最後には夫への嫌悪感が沸く様になり、どんどん冷めていった。夫自身にも当たるようになり、最後には離婚しました。



305:おさかなくわえた名無しさん2005/12/04(日) 10:28:07 ID:nBJhtV5Z

うちは4歳違いの兄に一方的に殴る蹴る、野球のボールをぶつけられる、セイ的虐待など。
私は「兄には絶対かなわない」と思い込んでいて何もできなかった。
家族も助けてくれなかったし。
だからこそ292さんの反逆には拍手を送りたい。
ちなみにですが、Mにはならなかった。
なる人は環境だけではなく、元の素質もあるんじゃないかな。

私自身の武勇伝は、うちの父の悪口を言うガキ大将みたいな奴(といっても中一の頃)を黙らせたくらい。
鞄で思いっきり殴ってやったらそいつは謝り、便乗して囃し立ててた奴らも一斉に黙った。
別に悪口を言われるような父ではなかったのにどうしてだろう。
単に私が大人しくて御しやすそうに見えたから囃し立ててたのか。



このページのトップヘ