子供


1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:56:52.73 ID:xfhunH2M0
赤ん坊の母親に、それ車の中にでも置いてこいよって言ったら逆ギレされた 
それって言い方が悪かったのかね





274: 名無しの心子知らず 2017/09/25(月) 08:59:11.23 ID:tMkdzprd
息子もう少しで2歳が、姉の子2歳半によくいじめられる。 
玩具とられたり、押されたり。

息子はやり返さないけど私としてはそれで良いのに、
先日ついに姉から、やられて泣いてる息子に
「すぐ泣かないの!!」と言われてスレタイ。
しかもそのあと、
「やり返さないでただ泣くだけってどうかと思うんだよねー」だと!! 

2歳達に何いってんの?ってのと 
うちはやったらやり返すを教えるつもりはないってのと 
子供が息子の玩具取ろうとしてもいつも見てないじゃん。
私が制止することがほとんどってのをはっきり言ったところ、

子供にやるなと言ってもまだわかんないし、
子供同士のことだしーお前過保護だよねとお返事。 

じゃあ息子に泣くなって言ったのはなんなんだよ。 

残念だけど疎遠にすることを決意。 
やる側の親の図々しさに直面すること多い。




682:名無しさん@おーぷん2017/09/29(金)15:00:11ID:oj4
小中の同級生と会う約束したけど、子供が熱出してドタキャン。
謝って、向こうもお大事にね~と言ってくれて、
回復した頃「様子はどう?」と連絡もらい改めて約束。

子供たちを旦那に見ててもらえるかもしれないから何度かやりとりして、
同級生がレストランも予約してくれて、
楽しみにしてたのに今度は当日朝に旦那がダウンしてまたもドタキャン。これが先月の話。
その後は特に同級生からは連絡がない。FOされてるのかな。
私のせいじゃないのにって気持ちが悔しいほど込み上げてきて泣ける。




501: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)07:31:21 ID:1SW
隣の家の小学生が不登校。理由は知らない。
その子の同級生が放課後、毎日、その子の家に来る。
心配しているとかじゃなく先生に言われてらしい。
同級生が家に来るとその子がドアを開けて玄関先に出る。
その子が出ると、
「今日、なんで休んだの?」「プールがあるから!?」と質問攻め。
「しんどいから」というと「元気じゃん!」
「◯◯ちゃんのせいでいつも給食当番足らないんだからね!」

居留守を使うこともあるようで出るまでピンポン押しながら、
「◯◯ちゃーん!」と延々叫んでる。だいたい15分くらい。
「◯◯ちゃんが休んでる理由聞かなきゃ先生に怒られるのに!」
「私、これからピアノがあるのに!」

うちの赤ん坊は泣き始めるし良い迷惑。
隣の子は赤ん坊が泣くと、マズイと思って外に出る。
赤ちゃんを泣かして申し訳ないと思うのか、たまに私に手作りのお菓子をくれる。
良い子なんだけどなぁ…。
不登校が恥ずかしいのか、学校行ってるふりしてるようだけど。

いじめがあるのか知らないけど、
同級生も用事があるのに嫌々行かされて険悪になってるし、
余計行きづらくなるだけだと思う。
理由を聞かなきゃいけないんなら、なんで先生が電話で聞かないんだろう。
友達の訪問で学校に行く勇気が出るなら良いけど逆効果しかないと思う。




673: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 16:18:47.07 ID:XoHlKoSL.net
ハロウィンの日、うちの町内会は事前に回覧板や掲示板で 
「子供達が訪ねてもいい家はこういう目印を付けておいてください」という告知があって 
うちは子供いないし不参加でいいやと目印を付けてなかったけど 
何故か訪ねてきた 

大人同伴で「目印ないのにごめんなさい」と謝られて「何かあったらもらえないか」と言われた
子供達も「トリックオアトリート!」なんて楽しい感じじゃなく半泣きになってる子もいた
どうしたのか聞いたら、予定では数グループで家を回ってお菓子を集めて最後に公民館でパーティーする予定で 
参加する子供達の親は子供達に同伴する役とパーティー準備役があって家にいないので 
お菓子を渡せない 
なので子供はいないけど目印を付けている家からお菓子をもらうしかないのだが 
自分の子供が参加しているわけでもないのにお菓子を渡すだけの参加をしようという人はなかなかいないらしく 
町内を歩きまわっても目印を付けている家が全然見つからないと言ってた 
「このままじゃ子供達が可哀想だし、子育ては地域でするものだし」と言われたけど 
「お菓子ないです」と言って帰ってもらった 

その後も別のグループが2つ来た 
もう各グループがあちこちの家を無差別訪問しているようだった 
目印とは一体何だったのか




このページのトップヘ